ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

鶴見俊輔からのバトン – surume blog

2019年1月18日 ... 以前から鶴見俊輔のことは気になりながら、何冊か対談を読んだ事もあるのだが、この 濃厚な評伝を読んで、もっと彼の著作を読んでみたくなった。その理由は色々あるが、 この部分が大きい。 「『戦争中、自分に捕虜殺害の命令が下っていたら、 ...

http://surume.org/2019/01/%E9%B6%B4%E8%A6%8B%E4%BF%8A%E8%BC%  - 44k

鶴見俊輔伝 黒川創著 新潮社 2900円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ ...

2019年2月10日 ... 自己の痛みを伴う批評…評・藤原辰史 農業史研究者 京都大准教授 私は伝記に影響を 受けやすい性格だが、本書は特別だった。この反骨の哲学者の目や口の動きまでも わかる描写力に心を奪われた。読後すぐに鶴見の言葉を実践したくなっ ...

https://www.yomiuri.co.jp/culture/book/review/20190209-OYT8T  - 178k

『埴谷雄高』(鶴見 俊輔):講談社文芸文庫|講談社BOOK倶楽部

思想界の巨人・鶴見俊輔が、戦後文学に屹立する埴谷雄高と傑作「死霊」に迫る評論、 対論集。ふたつの「知」が交わり拡がる思考の宇宙.

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000211259  - 65k

鶴見俊輔伝』刊行記念トークイベント 井上章一×黒川創「知られざる鶴見 ...

2018年12月3日 ... 戦後日本を代表する哲学者・鶴見俊輔さんが亡くなって早くも3年。 幼少期から鶴見さん の間近で過ごし、大学卒業後は「思想の科学」編集委員としてともに仕事をし、晩年は「 老い」に向きあう鶴見さんの活動を支えた黒川創さんによる本格的 ...

http://www.cottage-keibunsha.com/events/20181203/  - 22k

今週の本棚・本と人:『鶴見俊輔伝』 著者・黒川創さん - 毎日新聞

2018年12月23日 ... 黒川創(くろかわ・そう)さん (新潮社・3132円) 思想家の姿、陰影深く描く いつも傍らに この人の姿があった。鶴見俊輔(1922~2015年)を生前、パーティーなどの場で 見かける度に得た印象だが、著者は幼少時から、戦後思想を体現する ...

https://mainichi.jp/articles/20181223/ddm/015/070/018000c  - 22k

鶴見俊輔

鶴見俊輔. つるみ しゅんすけ. 1922.6.25(大正11)~ 2015.7.20(平成27). 昭和・平成期 の文芸評論家、哲学者. 埋葬場所: 5区 1種 12側. 東京市麻布三軒家町出身。代々は 備中松山藩主の家老・代官。父は政治家の鶴見祐輔・愛子(共に同墓)の長男として ...

http://www6.plala.or.jp/guti/cemetery/PERSON/T/tsurumi_shu.h  - 13k

ETV特集 「 戦後日本 人民の記憶 」 鶴見俊輔 - YouTube

2018年2月17日 ... ETV特集 「 戦後日本 人民の記憶 」 鶴見俊輔 ※CM表示には関与していません。

https://www.youtube.com/watch?v=7cGqUIepdoA  - 318k

鶴見俊輔全漫画論1・2』文庫版解説|ちくま学芸文庫|福住 廉|web ...

2018年5月14日 ... 5月刊行のちくま学芸文庫『鶴見俊輔全漫画論1・2』より、美術評論家・福住廉氏による 文庫版解説を公開します。「漫画は思想に自由をたもつ方法として大切」と語っていた 鶴見俊輔の、漫画に関するあらゆる論考を集めた全2巻。堂々1800枚 ...

http://www.webchikuma.jp/articles/-/1318  - 59k

鶴見俊輔氏死去 万引き・退学…小学校卒でハーバード 行動派知識人

2015年7月24日 ... 93歳で死去した鶴見俊輔さんは15歳で渡米。ハーバード卒という経歴を持つ反面、実は 、万引きをしたり、不登校になったり、破天荒な少年時代でした。

https://withnews.jp/article/f0150724004qq000000000000000G001  - 347k

暮らしの中の反戦思想 鶴見俊輔のリベラリズム | 佐高 信の「一人一話 ...

2015年8月3日 ... リベラルな哲学者、鶴見俊輔の訃報は、さすがに各紙が載せていた。右派メディアも、 その存在を無視できなかったのである。 私にとって鶴見は「近くて遠い人」だった。学生 時代からその本は読んできたし、「ベ平連(ベトナムに平和を!

https://diamond.jp/articles/-/75803  - 95k

検索結果   51~60 件目/約  30,600  件