ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
http://www.tufs.ac.jp/common/is/kyoumu/pg/pdf/Otsuki%20Tadas

赤松要の雁行形態論とその展開―在名古屋時代と段階論的視座

本稿の目的は,赤松要 (1896-1974)が名古屋高等商業学校(現, 名古屋大学経済学部)及び同. 校附設機関である産業調査室(現 ... またこれらと共に,赤松の弟子である小島清.

 - 0k

https://jshet.net/docs/conference/82nd/otsuki.pdf

赤松要の「世界経済構造の変動理論」とその変化:1930-70年代

赤松自身のみならず,戦後,小島清や山澤逸. 平らによって「雁行形態論」の精緻化や応用が盛んに進められたこともあり,同論は現在. もよく知られる.

 - 0k

http://www.world-economic-review.jp/impact/article2059.html

日本人学者のオリジナリティ | 宮川典之 - 世界経済評論

2021/02/22 ... ... 年代の赤松要(一橋大学)を挙げることができる。かれの理論は「雁行形態論」として知られる。むしろ赤松理論を世界にひろめたのは愛弟子小島清で ...

 - 2021/2/22 - 22k

https://www.weblio.jp/content/%E8%B5%A4%E6%9D%BE%E8%A6%81

赤松要とは - わかりやすく解説 Weblio辞書 - 国語辞典

赤松 要(あかまつ かなめ、1896年8月7日 - 1974年12月20日)は、日本の経済学者。一橋大学名誉教授。日本における経済政策学の第一人者で、雁行形態論(のち小島清や ...

 - 167k

https://www.jsie.jp/kansai2/kansai_resume/46th%20AM/Onodera%

雁行形態論とアジアレジメ - 日本国際経済学会

また、雁行型経済発展論は、故赤松要博士が創唱され、赤松博士門. 下生の小島清教授などによって発展継承された日本発のオリジナルな理論として、世界的.

 - 0k

https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/1949/00103312/2RonshyuKo

ポストバブル期の日本と中国・アジアの雁行形態構造

発展」として提唱し,その後この議論は赤松の ... 赤松要(1956),「わが国産業発展の雁行形態 ... 小島清(1958),「日本経済の雁行形態的発展.

 - 0k

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sehs/74/5/74_KJ00008198

池尾愛子著, 『評伝日本の経済思想 赤松要 - J-Stage

また 小島清等の 努力や理論の 展開. があ っ. た とい. ) ),また,「批 判と誤解 を超 え て」と. して ,雁行形態論へ. の 批判に 触れ る 。 本書は赤松要の ...

 - 0k

https://yab.yomiuri.co.jp/adv/wol/research/kyoso_140325.html

知の共創—研究者プロファイル—:研究力:教育×WASEDA ONLINE

当時、一橋大学での恩師であった小島清先生や山澤逸平先生が故赤松要先生の体系を引き継いで、日本の産業発展の雁行形態論を研究されており注目されていました。

 - 25k

https://ocw.nagoya-u.jp/files/379/H24hirakawa_last.pdf

赤松要と名古屋高等商業学校

2013/03/02 ... 関係者の皆様と共に、赤松要の雁行形態論と名高商につい ... 結びにかえて―総合弁証法の赤松要から雁行形態論の赤松要へ― ... 小島清や山.

 - 2013/3/2 - 0k

http://www.bunshin-do.co.jp/catalogue/book4449.html

雁行型経済発展論〔第1巻〕 - 文眞堂

小島 清 著 ... 本書は赤松博士のオリジナルにまで遡り雁行形態論プロパーの再評価を試み,第一・第二小島モデルを論じ雁行形態論の課題・理論を開示する。

 - 22k

検索結果   11~20 件目/約  37,700  件