ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

第2部 2. 蘭学者の活躍 | 江戸時代の日蘭交流 - 国立国会図書館

蘭学者の活躍. 江戸時代の学問の一つに、オランダ語を通じて日本が受容した西洋 の学問や技術と、それに対する研究である蘭学が存在した。 ... 蘭学興隆の大きな 画期は、安永3年(1774)の『解体新書』の翻訳刊行にみられる、前野良沢、 杉田玄白、中川淳庵らの西洋医学 ... 三宅鋼蔵(友信1807-1886)、中川忠五郎( 長政 幕臣)、川路三左衛門(聖謨 幕臣1801-1868)への捜査を行わないこと、 密告 ...

https://www.ndl.go.jp/nichiran/s2/s2_2.html  - 75k

緒方洪庵 - Wikipedia

緒方 洪庵(おがた こうあん、文化7年7月14日(1810年8月13日) - 文久3年6月 10日(1863年7月25日))は、江戸時代後期の武士(足守藩士)、医師、蘭学者 である。 ... この時に緒方三平と名乗り(のちに判平と改める)、以後は緒方を 名字とする。4年間、蘭学、特に医学を学ぶ。 ... 第12子、六男の緖方收次郞( 1857-1942)は、東京医学校を1881年に卒業し、東京大学雇及医学部眼科当直医 となり、1883年東京大学御用掛、1886年に東京帝国大学助手となるも翌年辞職し て緖方 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%92%E6%96%B9%E6%B4%AA%E5  - 101k

箕作秋坪 - Wikipedia

箕作 秋坪(みつくり しゅうへい、文政8年12月8日(1826年1月15日)- 明治19年 (1886年)12月3日)は江戸時代末期から明治時代にかけての日本の洋学者( 学者)、教育者、啓蒙思想家。諱は矩、通称は文蔵、号は宜信斎。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%95%E4%BD%9C%E7%A7%8B%E5  - 134k

江戸後期〜幕末・日本人とビールの出会い (3)蘭学書に記された ...

蘭学者の間では、太陽暦の元旦を祝って会合を開き、料理をふるまう「阿蘭陀( おらんだ)正月」が慣例となっていた。出島でオランダ人が行っていた正月祝い を模したもので、1795(寛政7)年から40年余り続いた。オランダの料理は、『  ...

https://www.kirin.co.jp/entertainment/museum/history/kaisets  - 77k

江戸後期〜幕末・日本人とビールの出会い この章の ... - キリンビール

幕末には蘭学者・川本幸民が、日本人で初めてビールを試醸したとされている。 1853(嘉永6)年のペリー来航とそれに続く開国により、200年以上にわたって オランダ以外の西洋諸国と交易をしていなかった日本は大きな転換期を迎えた。

https://www.kirin.co.jp/entertainment/museum/history/kaisets  - 76k

津山の洋学 | 津山洋学資料館

宇田川家は代々漢方医の家系でしたが、玄随のとき蘭方医に転向しました。玄随 は ... 箕作阮甫・緒方洪庵ら多くの蘭学者を直接育成したことから、「蘭学中期の 大立者」と称されました。 ... 箕作秋坪 1825年(文政8)~1886年(明治19)

http://www.tsuyama-yougaku.jp/untitled20.html  - 38k

(4月~6月)「明治150年 緒方洪庵 ~近代の先駆け~」 | 岡山市

そして天保元(1830)年に21歳で江戸へ向かい、翌年に江戸の蘭学者、坪井信道 に入門して彼とその師の宇田川榛斎( ... 箕作秋坪備中国生まれ、文政8(1825) 年~明治19(1886箕作阮甫と緒方洪庵に学び、洋学者として津山藩、 ...

https://www.city.okayama.jp/kurashi/0000009787.html  - 50k

蘭学事始 - Core

と書かれている。現代語に直せば、寛政 戊 午歳(10年)11月26日(陰. 暦 )、大西洋1798年1月1日(太陽暦)に、「芝蘭堂」(大槻玄沢の蘭学. 塾) において、蘭学者の社中が新年の祝いに集まり、蘭学花相撲の取り. 合わせ興行を  ...

https://core.ac.uk/download/pdf/229227464.pdf  - 0k

教育史から見た幕末期から明治初期の教育 - 大手前大学・大手前短期 ...

明治維新前後において、福沢諭吉ら洋学者達が近代科学を子どもにまで広めよう とし. た。 ... の制度の確立と内容の整 1886年(明治19年):師範学校令発布 ... 代の 科学といえば代表的なものとして杉田玄白訳の『解体新書』であったが、蘭学者 が.

https://otemae.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_comm  - 0k

蘭学階梯並びに板木 | 玄沢と蘭学 | 館蔵品 | 一関市博物館

蘭学階梯』は、天明3年(1783)に成稿、同8年(1788)に出板されているので、玄沢 が蘭学者としての基礎を固めるこの ... 板元も変わっていますが、最後の蔵板書肆 となった青黎閣・須原屋伊八から、明治19年(1886)に大槻家に譲られました。

https://www.city.ichinoseki.iwate.jp/museum/collection/det29  - 30k

検索結果   1~10 件目/約  14,100  件