ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「武田泰淳」の関連サイト

Amazon.co.jp: 武田 泰淳:作品一覧、著者略歴 - アマゾン

武田 泰淳さんの後を追って、Amazon.comの武田 泰淳の著者ページから参考資料を 探します。

https://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E7%94%B0-%E6%B3%B0%E6%B7%  - 422k

Amazon.co.jp: 武田泰淳: 本

秋風秋雨人を愁殺す: 秋瑾女士伝 (ちくま学芸文庫). 2014/9/10. 武田 泰淳 .... ニセ札 つかいの手記 - 武田泰淳異色短篇集 (中公文庫). 2012/8/23. 武田 泰淳 ... 淫女と豪傑 - 武田泰淳中国小説集 (中公文庫). 2013/1/23. 武田 泰淳 ...

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E6%AD%A6%E7%94%B0%E6%B3%  - 2019/02/17 - 532k


武田泰淳 - Wikipedia

武田 泰淳(たけだ たいじゅん、1912年(明治45年)2月12日 - 1976年(昭和51年)10月 5日)は、日本の小説家。第一次戦後派作家として活躍。主な作品に『司馬遷』、『蝮の すゑ』、『風媒花』、『ひかりごけ』、『富士』、『快楽』など。 妻は随筆家の武田百合子、娘 は ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E6%B3%B0%E6  - 96k

“巨人”武田泰淳の自伝的作品『快楽』を、最後の編集担当者・村松友視が ...

武田泰淳の自伝的作品ともいえる、『快楽』(けらく)は、未完の作品にも関わらず、第5 回日本文学大賞を受賞した代表作のひとつ。その作品との出会いから、世界観について 、作家の村松友視が語ります。

https://pdmagazine.jp/people/keraku/  - 131k

武田泰淳(たけだたいじゅん)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 武田泰淳の用語解説 - [生]1912.2.12. 東京[ 没]1976.10.5. 東京小説家。東京大学支那文学科在学中左翼運動に参加,1932年 中退。 34年竹内好らと「中国文学研究会」を創設,35年機関誌『中国文学月報』 (のち『  ...

https://kotobank.jp/word/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E6%B3%B0%E6%B7%B  - 190k

武田 泰淳(タケダ タイジュン)とは - コトバンク

20世紀日本人名事典 - 武田 泰淳の用語解説 - 昭和期の小説家,中国文学研究家 生年 明治45(1912)年2月12日没年昭和51(1976)年10月5日出生地東京市本郷区東片町( 現・東京都文京区)旧姓(旧名)大島別名幼名=覚学歴〔年〕東京帝大支那文学科〔昭和7  ...

https://kotobank.jp/word/%E6%AD%A6%E7%94%B0%20%E6%B3%B0%E6%B  - 176k

富士 感想 武田 泰淳 - 読書メーター

青山光二,浅見淵,阿部合成,石川桂郎,石川淳,井伏鱒二,伊馬春部,臼井吉見,内田百閒, 江藤淳,大西巨人,尾崎一雄,小沼丹,折口信夫,亀井勝一郎,河盛好蔵,桑原武夫,小山清, 小山祐士,今官一,坂口安吾,佐藤春夫,沙和宋一,柴田錬三郎,武田泰淳,田中英光, ...

https://bookmeter.com/books/440544  - 40k

武田泰淳 おすすめランキング (252作品) - ブクログ

著者「武田泰淳」のおすすめランキングです。武田泰淳のおすすめランキング、人気・ レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:一九一二(明治四十五)年、東京・本郷の潮泉寺住職大島泰信の次男…

https://booklog.jp/author/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E6%B3%B0%E6%B7%  - 122k

71夜『ひかりごけ』武田泰淳|松岡正剛の千夜千冊

武田泰淳. ひかりごけ. 新潮文庫 1954. ISBN:410109103X. 戦後文学の最高の実験作 のひとつが『ひかりごけ』である。 まず、構成が意外なしくみになっている。 最初は淡々と した小説のように始まっていて、文筆家の「私」が羅臼を訪れたときのことを回顧して ...

https://1000ya.isis.ne.jp/0071.html  - 131k

武田泰淳の「富士」は名作中の名作である。戦後の日本文学が持ち得た ...

2019年1月10日 ... 一番好きな小説. これまでに読んだ小説のなかでどれが一番良かった(印象に残った)と 聞かれるたびに、私は決まって武田泰淳の『富士』を挙げていました。 富士 (中公文庫). 著者武田 泰淳; 出版日1973/08/10; 出版社中央公論新社.

https://thinking-puddle.com/fuji-mountain  - 188k

検索結果   1~10 件目/約  15,500  件