ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「武田泰淳」の関連サイト

Amazon.co.jp: 武田 泰淳: 本

新・東海道五十三次 (中公文庫). 2018/11/21. 武田 泰淳 ... ニセ札つかいの手記 - 武田 泰淳異色短篇集 (中公文庫). 2012/8/23. 武田 泰淳 .... 昭和文学全集 第15巻: 石川淳 武田泰淳 三島由紀夫 安部公房 (昭和文学全集 15). 1987/1/13. 淳, 石川、 泰淳 ...

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E6%AD%A6%E7%94%B0-%E6%B3  - 551k

富士 (中公文庫) | 武田 泰淳 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで武田 泰淳の富士 (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。武田 泰淳作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また富士 (中公文庫)も アマゾン配送商品なら通常配送無料。

https://www.amazon.co.jp/%E5%AF%8C%E5%A3%AB-%E4%B8%AD%E5%85%  - 578k


武田泰淳 - Wikipedia

武田 泰淳(たけだ たいじゅん、1912年(明治45年)2月12日 - 1976年(昭和51年)10月 5日)は、日本の小説家。第一次戦後派作家として活躍。主な作品に『司馬遷』、『蝮の すゑ』、『風媒花』、『ひかりごけ』、『富士』、『快楽』など。 妻は随筆家の武田百合子、娘 は ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E6%B3%B0%E6  - 2019/04/20 - 81k

“巨人”武田泰淳の自伝的作品『快楽』を、最後の編集担当者・村松友視が ...

武田泰淳の自伝的作品ともいえる、『快楽』(けらく)は、未完の作品にも関わらず、第5 回日本文学大賞を受賞した代表作のひとつ。その作品との出会いから、世界観について 、作家の村松友視が語ります。

https://pdmagazine.jp/people/keraku/  - 130k

武田泰淳(たけだたいじゅん)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 武田泰淳の用語解説 - [生]1912.2.12. 東京[ 没]1976.10.5. 東京小説家。東京大学支那文学科在学中左翼運動に参加,1932年 中退。 34年竹内好らと「中国文学研究会」を創設,35年機関誌『中国文学月報』 (のち『  ...

https://kotobank.jp/word/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E6%B3%B0%E6%B7%B  - 188k

武田 泰淳(タケダ タイジュン)とは - コトバンク

20世紀日本人名事典 - 武田 泰淳の用語解説 - 昭和期の小説家,中国文学研究家 生年 明治45(1912)年2月12日没年昭和51(1976)年10月5日出生地東京市本郷区東片町( 現・東京都文京区)旧姓(旧名)大島別名幼名=覚学歴〔年〕東京帝大支那文学科〔昭和7  ...

https://kotobank.jp/word/%E6%AD%A6%E7%94%B0%20%E6%B3%B0%E6%B  - 171k

武田泰淳 おすすめランキング (253作品) - ブクログ

著者「武田泰淳」のおすすめランキングです。武田泰淳のおすすめランキング、人気・ レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:一九一二(明治四十五)年、東京・本郷の潮泉寺住職大島泰信の次男…

https://booklog.jp/author/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E6%B3%B0%E6%B7%  - 120k

富士 感想 武田 泰淳 - 読書メーター

青山光二,浅見淵,阿部合成,石川桂郎,石川淳,井伏鱒二,伊馬春部,臼井吉見,内田百閒, 江藤淳,大西巨人,尾崎一雄,小沼丹,折口信夫,亀井勝一郎,河盛好蔵,桑原武夫,小山清, 小山祐士,今官一,坂口安吾,佐藤春夫,沙和宋一,柴田錬三郎,武田泰淳,田中英光, ...

https://bookmeter.com/books/440544  - 40k

武田泰淳のおすすめの小説4選!社会問題を織り交ぜた珠玉の本 | ホン ...

2017年5月3日 ... 【ホンシェルジュ】 戦中・戦後の混沌とした社会の中で人間の内面を探求し描き続けた 作家、武田泰淳。社会的であると同時に哲学的作品が多く存在し、人間の内側にある 複雑で深い闇が感じられます。そんな武田泰淳の作品から代表作を4 ...

https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2573  - 144k

武田泰淳とドストエフスキー - Ne

椎名のドストエフスキー受容の特徴は彼自身のエッセイの表題「矛盾の背後の光」が 端的に示すように、実存主義的なものであったとすれば(「ドストエフスキー広場」一二号 の拙論参照)、武田泰淳の場合は、「作家的な自我・私」の拡大、深化への関心であっ たと ...

http://www.ne.jp/asahi/dost/jds/dost206.htm  - 114k

検索結果   1~10 件目/約  17,400  件