ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

本草学 - Wikipedia

日本の本草学については、博物学#本草学で述べる。 主な本草学者[編集]. 向井元 升(1609年 - 1677年 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E8%8D%89%E5%AD%A6  - 62k

野呂元丈 - Wikipedia

野呂 元丈(のろ げんじょう、元禄6年12月20日(1694年1月15日) - 宝暦11年7 月6日(1761年8月6日))は、江戸時代中期の本草学者。日本における蘭学の 先駆者とされる。本姓は高橋、名は実夫。通称は源次。連山と号す。野呂三省の  ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%91%82%E5%85%83%E4  - 52k

科学技術社会を先取りした江戸の自由人 平賀源内| 江戸の科学者列伝 ...

江戸の本草学者. 宝暦6年(1756年)故郷を立った源内は、大阪に立ち寄った あと江戸に上った。江戸では本草学の大家、田村藍水の門をたたいた ... 同時に 本草学者源内の評判もあがった。 ... 宝暦11年(1761年)、彼は再び辞職を 願い出た。

https://otonanokagaku.net/issue/edo/vol4/index03.html  - 29k

複雑系の学問としての本草学 - 法政大学学術機関リポジトリ

2014年3月24日 ... はじめに. 2. 本草学者を取り巻く環境と学問観 ... しかし『新刊多識編』から 90 年 近い年月の間に本草学が如何に変化したの ... 年(1761 年). 本草学の発展に伴い 、全国から本草学を学ぶ人々がモノを持ち寄り質疑応答を行う.

https://hosei.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_commo  - 2014/3/24 - 0k

中国・日本本草学の伝統と近代西欧科学 - 弘前大学学術情報リポジトリ

さらにオランダとの通交とともに、洋説本草学の研究は幕府の医官野呂元丈( 1694-1761)をはじ. め唱道されるようになった。元丈はもともと和漢の本草に 精通し、享保年間、将軍吉宗の命を受け. て、海内諸州に採薬し、丹羽正伯と共に 『庶 ...

https://hirosaki.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_co  - 0k

1. 本草学者の業績と蘭学の誕生 | あの人の直筆 - 国立国会図書館

主著の『本草綱目啓蒙』48巻(享和3(1803)-文化2(1805)年)は、明の 李時珍の著書『本草綱目』の講義録で、江戸時代のもっとも完備した薬物研究書 。島田充房との共著『 花彙 かい 』は日本の科学的植物図鑑の嚆矢とされ、後に ...

https://www.ndl.go.jp/jikihitsu/part1/s3_1.html  - 29k

本草学者という人々-江戸の物産会- - 木人子室

江戸の宝暦年間ころなると、こうした本草学者(博物学者、名物学者も含む)は、 文献渉猟より実際のものを見ようという意欲 ... 実際に物を集めて開いた物産会 として確実なのは、宝暦七年、田村登(藍水)が弟子の平賀源内の提唱を受けて江戸 湯島で開いた ... 宝暦, 11, 1761, 豊田養慶薬品会 東山双林寺 (解説書:「赭鞭 余録」).

http://bokujinshi.info/bussan.htm  - 75k

三重の本草家 | 伊勢くすり本舗オンラインショップ

2019年8月18日 ... 本草学はいわば薬用天産物の学問です。 三重は、歴史的にも著名な本草家を多く 輩出しています。 野呂元丈(のろ げんじょう 1693-1761). 江戸時代中期の 本草学者。日本における蘭学の江戸時代先駆者とされる。本姓は ...

https://www.isekusuri.co.jp/ec-ja/2019/08/18/%E4%B8%89%E9%87  - 2019/8/18 - 61k

阿蘭陀本草和解 - 国立公文書館 デジタルアーカイブ

八代将軍吉宗(1684-1751年)の命を受けて、本草学者である幕府の医官野呂元丈 (1693-1761年)が、主として紅葉山文庫所蔵のドドネウスの「草木誌」を抄訳 し、薬草の名称・効能・用法・製法などを寛延3年(1750)に報告したものです。

https://www.digital.archives.go.jp/DAS/pickup/view/category/  - 39k

アサヒ商店街振興組合|平賀源内について

大坂、京都で学び、さらに宝暦6年(1756年)には江戸に出て本草学者田村元雄 (藍水)に弟子入りして本草学を学び、 ... 宝暦9年(1759年)には高松藩の家臣 として再登用されるが、宝暦11年(1761年)に江戸に戻るため再び辞職する。

http://asahi-syotengai.com/hiraga-gennai/index.html  - 7k

検索結果   1~10 件目/約  1,160  件