ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

徳川徳松 - Wikipedia

徳川 徳松(とくがわ とくまつ、延宝7年5月6日(1679年6月14日) - 天和3年閏5月28日( 1683年7月22日))は、徳川将軍家の世嗣で上野館林藩主。江戸幕府第5代将軍徳川 綱吉の長男。 略歴[編集]. 延宝7年5月6日、当時館林藩主であった綱吉の子として ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%BE%B3%E6  - 48k

徳川徳松(とくがわ とくまつ)とは - コトバンク

デジタル版 日本人名大辞典+Plus - 徳川徳松の用語解説 - 1679-1683 江戸時代 前期の大名。延宝7年5月2日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩主 徳川綱吉の長男。延宝8年父綱吉が5代将軍職をついだため,館林藩主徳川家2代となる 。

https://kotobank.jp/word/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%BE%B3%E6%9D%B  - 168k

徳川徳松とは - Weblio辞書

徳川徳松とは? 徳川 徳松(とくがわ とくまつ、延宝7年5月6日(1679年6月14日) - 天和 3年閏5月28日(1683年7月22日))は、徳川将軍家の世嗣で上野館林藩主。江戸幕府 第5代将軍徳川綱吉の長男。母は小...

https://www.weblio.jp/content/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%BE%B3%E6  - 169k

徳川徳松とは - はてなキーワード - はてなダイアリー

徳川徳松」とは - 日本の江戸時代の徳川将軍家の世嗣で上野館林藩主。徳川綱吉の 長男。 5歳という幼さで亡くなっているため、元服した後の諱などはない。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%C1%C0%EE%C6%C1%BE%BE  - 2019/05/24 - 62k

徳川綱吉とは~3分でわかる5代将軍とお犬様の関係「生類憐みの令 ...

2018年11月16日 ... 徳川綱吉(とくがわ-つなよし)は、江戸幕府の5代将軍となりますが、その出自や業績 などを分かりやすく簡単に明記したいと思います。徳川綱吉は3代将軍・徳川家光の4男 として1646年1月8日に江戸城で生まれました。幼名は徳松です。

https://senjp.com/thunayoshi/  - 72k

徳川 徳松 ( 歴史 ) - 『母を訪ねて3000円』 - Yahoo!ブログ

2008年6月22日 ... 徳川徳松は上野国館林藩の第2代目(最後)の藩主 江戸幕府5代征夷大将軍徳川綱吉 の長男なんですよ! 延宝7年(1679年)5月6日に館林藩主徳川綱吉の長男として誕生 しますw お母サンは小谷正元の娘瑞春院サンですw 延宝8年(1680 ...

https://blogs.yahoo.co.jp/me468646/56943049.html  - 48k

館林城の再建をめざす会 | 歴史・資料[徳川綱吉 1661-1680]

徳川徳松(とくまつ)在城年数3年(1680〜1683 ). 5第将軍・徳川綱吉の長男。母は 小谷正元の娘・伝(瑞春院)。徳川将軍家の世嗣で上野館林藩主。 (詳しくはwikipedia- 徳川徳松を参照). 生誕 延宝7年(1679年) 死没 天和3年(1683年) 改名 徳松(幼名)

http://w-concept.jp/tatebayashijou/data/toku_tokumastu.html  - 8k

館林城の再建をめざす会 | 歴史・資料[徳川綱吉 1661-1680]

榊原康政 1590-1606 · 榊原康勝 1606-1615 · 榊原忠次 1615-1643 · 松平乗寿 1644 -1654 · 松平乗久 1654-1661 · 徳川綱吉 1661-1680 · 徳川徳松 1680-1683. 天領(城 番). 松平清武 1707-1724 · 松平武雅 1724-1728 · 松平武元 1728 · 太田資晴 ...

http://w-concept.jp/tatebayashijou/data/toku_tsunayoshi.html  - 12k

館林藩 - ASAHI Net

(徳川徳松). なし. 徳川綱吉の長男. 将軍就任. <天領>. 松平(越智)家. 新知 2万4千石 →4万4千石 親藩 雁間 城主. 藩主. 官位・通称. 出自(実父・嫡出関係). 初代. 松平( 越智)清武(きよたけ). 従四位下 右近将監. 甲府宰相徳川綱重の二男(六代将軍家宣の 弟) ...

http://www.asahi-net.or.jp/~ME4K-SKRI/han/kantou/tatebayashi  - 16k

明治神宮-Q&A-

平安時代中ごろ公家の間で三歳から七・八歳までの男女のお祝いの儀式が行われてい たのが七五三の起源になるようです。中世になりますと「髪置(かみおき)」といってそれ まで髪を短くしておいたのを、男女三歳にして伸ばしはじめる儀式が行われました。

http://www.meijijingu.or.jp/qa/shinto/01.html  - 16k

検索結果   1~10 件目/約  1,250  件