ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「徳富蘆花」の関連サイト

不如帰 (岩波文庫) | 徳冨 蘆花 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで徳冨 蘆花の不如帰 (岩波文庫)。 ... 徳冨 蘆花作品ほか、お急ぎ便対象商品 は当日お届けも可能。 ... 作者さんの徳富蘆花さんは浪子のモデルは大山巌さんの お嬢さんだと主張していますがもしかしたら、浪子の本当のモデルは初恋の女性、山本 久栄 ...

https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E5%A6%82%E5%B8%B0-%E5%B2%  - 573k

Amazon.co.jp: 徳富 蘆花: 本

みみずのたはこと〈上,下巻〉 (1950年) (岩波文庫). 1950. 徳富 蘆花 ... 不如帰―小説 ( 1971年) (岩波文庫). 1971. 徳富 蘆花 ... 日本文学全集〈第4〉国木田独歩・徳富蘆花集 (1964年)たき火・武蔵野・忘れえぬ人々・他 自然と人生. 1964. 国木田独歩、 徳富 ...

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E5%BE%B3%E5%AF%8C-%E8%98  - 506k


徳冨蘆花 - Wikipedia

徳冨 蘆花(とくとみ ろか、1868年12月8日(明治元年10月25日) - 1927年(昭和2年)9 月18日)は、日本の小説家。ベストセラーとなった小説『不如帰』や、キリスト教の影響を 受けた自然描写作品『自然と人生』などで知られる。本名は徳富健次郎(とくとみ けんじ  ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%86%A8%E8%98%86%E8  - 117k

徳冨蘆花(トクトミロカ)とは - コトバンク

デジタル大辞泉 - 徳冨蘆花の用語解説 - [1868~1927]小説家。熊本の生まれ。本名 、徳富健次郎。蘇峰の弟。同志社中退後、民友社の記者となり、小説「不如帰」、随筆 小品集「自然と人生」を発表して作家的地位を確立。のちトルストイに心酔、晩年は ...

https://kotobank.jp/word/%E5%BE%B3%E5%86%A8%E8%98%86%E8%8A%B  - 197k

徳富蘆花(とくとみろか)とは - コトバンク

日本大百科全書(ニッポニカ) - 徳富蘆花の用語解説 - 正しい表記は「徳冨蘆花」。[編集 部][参照項目] | 徳冨蘆花.

https://kotobank.jp/word/%E5%BE%B3%E5%AF%8C%E8%98%86%E8%8A%B  - 176k

作家別作品リスト:徳冨 蘆花

... に、兄との決別を告げる「告別の辞」を掲げる。その後、富士山登頂中に人事不省に 陥り、回復の過程で「再生」を体験。パレスチナへの巡礼とトルストイ訪問などを経て半 農生活に入り、特異な宗教的な確信へと傾斜していった。 wikipediaアイコン 「徳富蘆花 」 ...

https://www.aozora.gr.jp/index_pages/person280.html  - 8k

徳富蘆花について | 徳富蘇峰・蘆花生家 - 株式会社 トシヒロ

徳富 蘆花 1868年~1927年. 明治元年、徳富家の末っ子として水俣で出生し、2歳まで を過ごす。 兄・蘇峰に続いて、同志社に入学し、のち民友社社員となり、翻訳・評論等を 執筆。 明治33年、代表作となる「不如帰」「自然と人生」を出版し、文壇的名声を確固と ...

http://www.toshihiro.co.jp/tokutomi/roka  - 16k

徳冨蘆花 | 近代日本人の肖像 - 国立国会図書館

解説. 小説家。少年時に同志社に入学、洗礼を受ける。同志社を中退後、明治22年( 1889)兄徳富蘇峰の経営する民友社に入る。31年から国民新聞に連載した「不如帰」は 明治屈指のベストセラーとなり、それに続く「自然と人生」「思出の記」などにより小説家 ...

http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/297.html?cat=48  - 26k

徳冨蘆花がわかる作品おすすめ4選。トルストイに傾倒した男 | ホン ...

2017年6月3日 ... 【ホンシェルジュ】 徳冨蘆花をご存知でしょうか。代表作の『 ... この作品では容赦なく 切り捨てられた彼らをどうにか助けようと躍起になったけれども、叶うことがなかった 徳冨蘆花の思いがつづられています。 明治、というと、 ... 作者, 徳富 蘆花.

https://honcierge.jp/articles/shelf_story/3093  - 180k

徳富 蘆花 - みなまた観光情報 でかくっか水俣

人物像. p2_img01. 明治元年、徳富家の末っ子として水俣で出生し、2歳までを過ごす。 徳富蘇峰(猪一郎)の弟である。 兄 徳富蘇峰に続いて、同志社に入学し、のち民友社 社員となり、翻訳・評論等を執筆。 明治33年、代表作となる「不如帰」「自然と人生」を ...

https://www.go-minamata.jp/about-minamata/people/people02.ht  - 52k

検索結果   1~10 件目/約  10,000  件