ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

【5】杭谷の芸術形成、日本とイタリアの間 - 環境彫刻家 杭谷一東

ファッツィーニとエミリオ・グレコは、当時日本でも最も有名なイタリアの現代彫刻家で あり、イタリアで彫刻を学ぼうとする若い日本人にとって(ミラノのマリーノ・マリーニと共に )の拠り所であった。両者とも互いに異なったやり方ではあったが、近代を総合するような  ...

http://jp.kuetani.net/articles/%E6%9D%AD%E8%B0%B7%E3%81%AE%E  - 43k

海外の画家・彫刻家〔1240~1499年生まれ〕・UAG美術家研究所

海外の画家・彫刻家〔1240~1499年生まれ〕. チマブーエ:Cimabue(1240-1302) イタリア、ゴシック期. Cimabue Abbeville Pr 詳細 ...

https://yuagariart.com/artist-labo/101.html  - 75k

画家・彫刻家・建築家列伝 - Wikiwand

『画家・彫刻家・建築家列伝』(がか・ちょうこくか・けんちくかれつでん(伊: Le Vite delle più eccellenti pittori, scultori, e architettori 、英: Lives of the Most Excellent Painters, Sculptors, and Architects)は、16世紀のイタリア人画家、建築家の ジョルジョ・ ...

https://www.wikiwand.com/ja/%E7%94%BB%E5%AE%B6%E3%83%BB%E5%B  - 179k

ジュゼッペ・ペノーネ(彫刻家)X 青木正弘(美術評論家) ―イタリア文化 ...

2014年10月16日 ... 本年の高松宮殿下記念世界文化賞(彫刻部門)受賞者ペノーネ氏が、元豊田市美術館 副館長で、かつて同美術館でペノーネ展をてがけた美術評論家の青木正弘氏と対談し ます。

https://www.iictokyo.com/eventi/log/eid162.html  - 40k

展示作品 | 彫刻の美術館 スキュルチュール江坂(アメニティ江坂) | 株式 ...

イタリア彫刻家。内面の活力の表現に優れ、馬と騎手、踊り子のテーマの作品が有名 。 作者名:: ジャコモ・ ...

https://www.amenity-esaka.com/sculpture/collection/  - 25k

プロフィール【武藤順九の宇宙 The World of Junkyu Muto】

武藤 順九(むとう じゅんきゅう) MUTO Junkyu. ○彫刻家・画家. ○1950年2月18日 生まれ ○宮城県仙台市出身 ○東京芸術大学美術学部卒業. 開催延期, ポート アート& デザイン 津山 特別企画展イタリアの風 武藤順九の宇宙 (岡山県・津山市).

http://www.junkyu.jp/profile/index.html  - 32k

三重県立美術館 山本正道の風景彫刻 酒井哲朗 山本正道展 - 三重の文化

陶芸家を父にもった山本は、はじめは芸術家とは異なった普通の人生を望み高校に 進学したというが、大学進学が近づく頃になって美術志向が強まり、たまたま高校3年の 時、日本橋高島屋でイタリア現代彫刻展をみて感動し、彫刻家になる決心をしたという。

https://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/55935039006.htm  - 30k

彫刻家 :: 分野 :: 東文研アーカイブデータベース - Tobunken

2010年吾妻兼治郎1948―2010展(マテーラ市、南イタリア)が市内の石窟や美術館で 開催、彫刻102点、デッサン50点などからなる大回顧展となる。晩年はマリーニ夫人から 譲られた師のアトリエで制作をした。イタリアでの活動については、村山鎮雄著『彫刻家  ...

https://www.tobunken.go.jp/materials/genre/%E5%BD%AB%E5%88%B  - 128k

世界的彫刻家の豊福知徳さん死去 「那の津往還」など:朝日新聞デジタル

2019年5月19日 ... 世界的な彫刻家の豊福知徳(とよふく・とものり)さんが18日、福岡市内の病院で死去 した。94歳だった。葬儀は近親 ... 福岡県久留米市出身。59年に高村光太郎賞を受賞 し、60年のベネチア・ビエンナーレ出品を機にイタリアへ移住。ミラノに ...

https://www.asahi.com/articles/ASM5M65XBM5MTIPE01Q.html  - 148k

工芸の地平から:彫刻家自ら鋳造と格闘=外舘和子 - 毎日新聞

2019年1月12日 ... 日本の多くの彫刻家にとってブロンズは実材ではなく二次的な素材という位置づけで あった。 しかし1950年代以降、マンズーらイタリアの具象彫刻が日本に紹介されると、 その美しい鋳肌や現代的な造形性 ...

https://mainichi.jp/articles/20190112/ddm/014/070/004000c  - 148k

検索結果   41~50 件目/約  224,000  件