ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

岸田吟香 - Wikipedia

岸田 吟香(きしだ ぎんこう、1833年6月15日(天保4年旧暦4月28日)、一説に同天保4 年旧暦4月8日(1833年5月26日)- 明治38年(1905年)6月7日は、日本の新聞記者、 実業家、教育家。美作国久米北条郡垪和(はが)村大字中垪和字谷大瀬毘(現岡山県 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E7%94%B0%E5%90%9F%E9  - 107k

岸田吟香(きしだぎんこう)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 岸田吟香の用語解説 - [生]天保4(1833).4.8. 美作[没]1905.6.7. 東京明治初期のジャーナリストで事業家。本名は辰之治または達之 治 (元服して太郎,のちに銀次と改名) 。画家岸田劉生の父。波乱の青春をおくったのち  ...

https://kotobank.jp/word/%E5%B2%B8%E7%94%B0%E5%90%9F%E9%A6%9  - 192k

岸田吟香 | 近代日本人の肖像 - 国立国会図書館

解説. 江戸で漢学を学び、元治元年(1864)横浜でJ・C・ヘボンの『和英語林集成』の 編集に協力。慶応元年(1865)浜田彦蔵(ジョセフ・ヒコ)の海外新聞創刊に参加。明治 元年(1868)にはバン・リードと横浜新報もしほ草を創刊した。6年東京日日新聞に入社、 翌7 ...

http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/258.html  - 26k

岸田吟香 | 津山洋学資料館

岸田吟香 (きしだ・ぎんこう). 1833(天保4)-1905(明治38). 久米北条郡中垪和谷村( 現在の久米郡美咲町町栃原)に生まれ、津山城下で漢学・剣術を学び、のち江戸に出て 昌平黌に学ぶ。眼病を患い、横浜でアメリカの宣教師ヘップバーン(ヘボン)の治療を ...

http://www.tsuyama-yougaku.jp/kisidaginnkou.html  - 14k

岸田吟香

男の名は人呼んで岸田吟香、知るものぞ知る麗子像の画家として内外に名を轟かすこと になる岸田劉生の父である。流暢な語り、個性あふれる文体、かって聞いたことのない 戦へ自らの意志による飛び込み従軍、まさに生き生きと鼓動する明治そのものに生きた  ...

http://www.ofko.jp/mimigaku/meijijinbutsu/meiji-f3.htm  - 19k

岸田吟香の広告錦絵

←戻る. 『漢方の臨床』54巻4号558-560頁、2007年4月. 目でみる漢方史料館(224) 岸田吟香の広告錦絵 解説 真柳 誠. 日本初のジャーナリスト、明治の先覚者と呼ばれる 岸田吟香(一八三三~一九〇五)は、日・中にまたがる多彩な活動で知られる。この 吟香 ...

http://square.umin.ac.jp/mayanagi/paper04/shiryoukan/me224.h  - 6k

岸田吟香が中国で販売の日本関連古医書

岸田吟香は一八六六年(慶応二、同治五)に上海へヘボンに随行し、ヘボン『和英語林 集成』の印刷に従事。同六八年(明治元、同治七)に上海に再渡して精錡水の販売所を 設置。同七五年(明治八)に銀座で精錡水調合所(楽善堂薬舗)を開き書籍も販売。

http://square.umin.ac.jp/mayanagi/paper02/ishi96.html  - 7k

幕末期に上海を訪れた岸田吟香の行動空間と ... - 愛知大学リポジトリ

幕末期に上海を訪れた岸田吟香の行動空間とコミュニティ形成. 愛知大学名誉教授、 愛知大学東亜同文書院大学記念センター・フェロー 藤田 佳久. はじめに. 本論は、東亜 同文書院の設立構想を抱き、それを実現した荒尾精の活動の背景に存在し. た岸田 吟香 ...

https://aichiu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id  - 0k

岸田吟香について】 - デジタル岡山大百科 | レファレンスデータベース

2007年12月9日 ... 主な著作に『清国地誌』全3巻(1882年)、『富国策』全3巻(1881年)、『精錡水功験書』( 楽善堂 1875年)がある。画家岸田劉生は吟香の四男である。出身地の久米郡美咲町 に岸田吟香記念館が、同町旭川ダムのほとりの栃原公園内に記念碑 ...

http://digioka.libnet.pref.okayama.jp/detail-jp/id/ref/M2007  - 35k

人と薬のあゆみ-岸田吟香

岸田吟香. (1833-1905)幕末~明治時代の新聞記者・実業家。ヘボンを助けて和英 辞書の編纂を行うほか、銀座の薬屋・楽善堂で目薬「精錡水」の販売も行うなど、多 方面で活躍。 「楽善堂三薬・精錡水」. 「楽善堂三薬・精錡水」. 詳しくはこちら. 「楽善堂三 薬・精 ...

http://www.eisai.co.jp/museum/history/b0900/0300.html  - 37k

検索結果   1~10 件目/約  2,880  件