ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

小絲源太郎 - Wikipedia

小絲 源太郞(こいと げんたろう、新字体:小糸 源太郎、1887年(明治20年)7月13日 - 1978年(昭和53年)2月6日)は、洋画家、版画家。東京府東京市下谷区(現東京都台東 区)生まれ。 目次. 1 経歴; 2 作品; 3 画集; 4 展覧会; 5 脚注; 6 参考文献. 経歴[編集].

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%B5%B2%E6%BA%90%E5  - 184k

小絲源太郎 :: 東文研アーカイブデータベース - 東京文化財研究所

洋画家、日本芸術院会員、文化勲章受章者の小絲源太郎は、2月6日老衰のため東京 都大田区の自宅で死去した。享年90。本姓小糸。明治20年7月13日東京市下谷区に 生まれ、同37年東京中学校を卒業、洋画家を志し翌年藤島武二の指導する白馬会駒込  ...

https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/9672.html  - 56k

小絲源太郎(こいとげんたろう)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 小絲源太郎の用語解説 - [生]1887.7.13. 東京 [没]1978.2.6. 東京洋画家。 1911年東京美術学校金工科を卒業後西洋画科に再入学 したが,14年病気のため中途退学。在学中すでに 10年の第4回文展に『魚河岸』が初 ...

https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E7%B5%B2%E6%BA%90%E5%A4%A  - 176k

小絲源太郎 | 絵画販売・絵画買取 東京・銀座 おいだ美術

小絲源太郎作品取扱い実績業界トップクラスのおいだ美術におまかせください。メール・ 電話・LINEで無料スピード査定致します。日本画、洋画、現代アート、版画全般、掛け軸 、彫刻、陶芸その他、絵画・美術品の買取・販売を幅広く取扱う東京・銀座の画廊です。

https://www.oida-art.com/archives/artists/%E5%B0%8F%E7%B5%B2  - 200k

小絲 源太郎(こいと げんたろう) - なんぼや

印象派絵画で活躍. 小絲 源太郞は、江戸時代から続く料理店の長男として1887年7月 13日に生まれた東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)出身の画家です。 洋画家を 志し、中学校を卒業後に藤島 武二(ふじしま たけじ)が指導する白馬会駒込研究所に ...

https://nanboya.com/kottou-blog/koito-gentaro/  - 46k

小絲源太郎 : 作家データ&資料一覧 | 収蔵品データベース | 西宮市大谷 ...

略歴・解説. 東京上野に生まれる。1904(明治37)年白馬会展で見た藤島武二の《蝶》に 感動、洋画家を志し、翌年藤島の白馬会駒込研究所に入る。1906(明治39)年東京 美術学校西洋画科を受験、金工科入学となる。卒業後あらためて西洋画科に入るが、病 を ...

https://jmapps.ne.jp/otanimuseum/sakka_det.html?list_count=1  - 24k

小絲源太郎の油絵|開運!なんでも鑑定団|テレビ東京

2017年7月11日 ... 小絲源太郎の作品ではない。その当時の油絵の絵描きというのは大体、海外留学に 行くが、小絲は日本にとどまって日本の油彩画を見出して挑み続けた。人物像や群像 というのはほとんど描いていない。描いていたとしても大正期くらいに1点 ...

https://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20170711/  - 168k

小絲源太郎 Gentaro Koito 取り扱い作家|日動画廊

小糸源太郎画集』を日本美術学院より発行1925 大田区田園調布にアトリエを構える 1929 この年から小糸にかえて小絲と署名する1930 第11回帝展で《暮春閑情》が 特選を受賞、宮内庁買上となる1931 第12回帝展で《獺祭図》が特選を受賞 光風会 会員に ...

https://www.nichido-garo.co.jp/artist/gentaro_koito.html  - 9k

小絲源太郎 - 古美術八光堂

小絲源太郎は、東京下谷区(現東京都台東区)の老舗料理屋「揚出し」の長男に生まれ ました。本名は小糸源太郎。洋画家。17歳のときに藤島武二の絵に魅せられて、画家に なろうと思ったそうです。東京美術学校金工科卒(現東京芸術大学)西洋学科中退。

https://www.hakkoudo.com/ninki-sakka/%E5%B0%8F%E7%B5%B2%E6%B  - 72k

#36 小絲源太郎《猫のいる静物》 | 石川県立美術館

小絲源太郎(1887~1978)は東京美術学校(現東京藝術大学)金工科を卒業後、 あらためて西洋画科に入り油絵を学びました。画業の初めに緻密な金工に通ずる、細密 描写の写実的静物画で高い評価を得ますが、昭和9年(1934)頃から大らかな筆遣い による ...

http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/column/5596/  - 20k

検索結果   1~10 件目/約  4,900  件