ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

小林一茶 - Wikipedia

小林 一茶(こばやし いっさ、宝暦13年5月5日(1763年6月15日)- 文政10年11月19日 (1828年1月5日))は信濃国柏原で中農の子として生まれた。本名は小林弥太郎、一茶 とは俳号である。15歳の時に奉公のために江戸へ出て、やがて俳諧と出会い、「一茶 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%B8%80%E8  - 584k

小林一茶を5分で!性豪すぎて過労死?俳句の代表作は? | れきし上の ...

2016年9月6日 ... 小林一茶(こばやしいっさ)といえば俳句が有名ですが、その人生は想像を超える ドラマチックな出来事ばかりが続いていました。 今回は、小林一茶のかんたんな経歴、 俳句の代表作、そして性豪すぎて過労死?について紹介します。 この記事 ...

http://r-ijin.com/kobayasi-issa/  - 87k

【 性豪過ぎて妻が過労死!? 】江戸三大俳人・小林一茶の激しすぎる〇 ...

2018年2月13日 ... 松尾芭蕉や与野蕪村と並び「江戸三大俳人」と称される小林一茶。子どものあどけない 様子や、スズメやカエルなど可愛らしい小動物を題材にした作品から、穏やかなイメージ を受けますが、実はあっちの方がすごかったようなんです…

https://rekijin.com/?p=25777  - 141k

小林一茶の年譜と句

1歳, 宝暦十三年, 長野県上水内郡信濃町柏原で、小林弥五兵衛の長男として生まれる 。 母「くに」は、柏原の仁ノ倉の村役人筋 ... 一茶の師の一人、森田元夢の「俳諧五十三 駅」に、一茶は菊明の別名で12句出句している。 1789年, 27歳, 寛政元年, 森田元夢 ...

http://www.intweb.co.jp/issa/issa_nenpu.htm  - 48k

小林一茶について - WakWak

小林一茶は、1763(宝暦13)年、長野県の北部、北国街道柏原宿(現信濃町)の農家に 生まれ、本名を弥太郎といいました。3歳のとき母がなくなり、8歳で新しい母をむかえ ました。働き者の義母になじめなった一茶は、15歳の春、江戸に奉公に出されました。

http://park3.wakwak.com/~issakinenkan/main/01_issa.html  - 12k

小林一茶 - Wikiquote

信濃では月と仏とおらがそば (小林一茶の句とされているが柏原宿の本陣・問屋に 生まれ「七番日記」を公刊し一茶同好会主として一茶の顕彰につとめた中村六郎の作と の説が有力。一茶の「そば時や月の信濃の善光寺」と「おらが春」をもじった後世の偽作  ...

https://ja.wikiquote.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%B8%80%E8  - 61k

江戸時代を代表する名俳人・小林一茶が歩んだ人生とは? | wondertrip

日本の江戸時代に登場し、俳句の説明に必ず登場することで知られる「小林一茶( こばやしいっさ)」。江戸時代を代表する俳人として活躍した彼が生涯で残した俳句の数 は約2万区にものぼり、わかりやすく親しみやすい作風は「一茶調」と呼ばれることも あります。

https://wondertrip.jp/history/101037.html  - 72k

小林一茶にまつわる不幸な逸話6選!彼にまつわる5冊の本も紹介 | ホン ...

2017年9月7日 ... 【ホンシェルジュ】 小学校の教科書から一般書まで広く親しまれている小林一茶ですが、 その人生を知ったうえで読むことで彼の俳句は一層深みを増します。一茶の人生 とともに、彼に関する名著をご紹介させていただきます。 | はろー(歴史好き ...

https://honcierge.jp/articles/shelf_story/4245  - 108k

小林一茶(こばやし いっさ)とは - コトバンク

美術人名辞典 - 小林一茶の用語解説 - 江戸後期の俳人。信濃生。幼名は弥太郎、諱は 信之、号に俳諧寺・蘇生坊等。江戸へ出て二六庵竹阿に俳諧を学ぶ。句日記『七番日記 』、俳諧集『おらが春』等のほか発句はニ万句以上に及ぶ。文政10年(1827)歿、65 ...

https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%B8%80%E8%8C%B  - 190k

ひと晩に5回することも…小林一茶は日本史に残る性豪だった(週刊現代 ...

やせ蛙負けるな一茶これにあり」この句を詠んだ小林一茶(1763~1828)といえば、 松尾芭蕉と並び称される俳人だ。一茶の句には、庶民の「生」に対して素朴な眼差しを 向けて詠んだものが多く、ゆえに枯れたイメージの強い人物だが、意外や意外、「性」 ...

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56268  - 114k

検索結果   1~10 件目/約  2,070,000  件