ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

小林一茶 - Wikipedia

小林 一茶(こばやし いっさ、宝暦13年5月5日(1763年6月15日)- 文政10年11月19日 (1828年1月5日))は日本の俳人。信濃国柏原で中農の子として生まれた。本名は小林 弥太郎、一茶とは俳号である。15歳の時に奉公のために江戸へ出て、やがて俳諧と ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%B8%80%E8  - 585k

小林一茶について | 一茶記念館

小林一茶は、1763(宝暦13)年、長野県の北部、北国街道柏原宿(現信濃町)の農家に 生まれ、本名を弥太郎といいました。3歳のとき母がなくなり、8歳で新しい母をむかえ ました。働き者の義母になじめなった一茶は、15歳の春、江戸に奉公に出されました。

http://www.issakinenkan.com/about_issa/  - 19k

小林一茶の年譜と句

1歳, 宝暦十三年, 長野県上水内郡信濃町柏原で、小林弥五兵衛の長男として生まれる 。 母「くに」は、柏原の仁ノ倉の村役人筋 ... 一茶の師の一人、森田元夢の「俳諧五十三 駅」に、一茶は菊明の別名で12句出句している。 1789年, 27歳, 寛政元年, 森田元夢 ...

http://www.intweb.co.jp/issa/issa_nenpu.htm  - 48k

小林一茶を5分で!性豪すぎて過労死?俳句の代表作は? れきし上の ...

2016年9月6日 ... 小林一茶(こばやしいっさ)といえば俳句が有名ですが、その人生は想像を超える ドラマチックな出来事ばかりが続いていました。 今回は、小林一茶のかんたんな経歴、 俳句の代表作、そして性豪すぎて過労死?について紹介します。 目次.

https://r-ijin.com/kobayasi-issa/  - 201k

小林一茶(こばやし いっさ)とは - コトバンク

美術人名辞典 - 小林一茶の用語解説 - 江戸後期の俳人。信濃生。幼名は弥太郎、諱は 信之、号に俳諧寺・蘇生坊等。江戸へ出て二六庵竹阿に俳諧を学ぶ。句日記『七番日記 』、俳諧集『おらが春』等のほか発句はニ万句以上に及ぶ。文政10年(1827)歿、65 ...

https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%B8%80%E8%8C%B  - 188k

小林一茶|俳句の聖地「愛媛・松山」吟行ナビえひめ

二度にわたり松山の樗堂を訪問「痩蛙まけるな一茶是に有」. 小林一茶. こばやしいっさ. 他人の厚意を頼りに旅を続ける己の姿を「乞食」と自嘲しつつ、俳諧修行のため各地を 歩いた一茶。30歳で初めて西国に足を踏み入れ、伊予では土居、新居浜、西条、今治、  ...

https://www.iyokannet.jp/ginkou/poet/detail/haiku_poet_id/11  - 17k

ひと晩に5回することも…小林一茶は日本史に残る性豪だった(週刊現代 ...

やせ蛙負けるな一茶これにあり」この句を詠んだ小林一茶(1763~1828)といえば、 松尾芭蕉と並び称される俳人だ。一茶の句には、庶民の「生」に対して素朴な眼差しを 向けて詠んだものが多く、ゆえに枯れたイメージの強い人物だが、意外や意外、「性」 ...

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56268  - 136k

小林一茶の性格と経歴は?生い立ちとエピソードが面白い | 世界の名著 ...

2018年9月17日 ... やせ蛙 負けるな一茶 ここにあり」 この句で有名な小林一茶を知らない人はいません よね。 江戸時代の俳人であったことはご存知の方も多いはず。 なんか楽しい句を書く人 ってイメージですよね。 でも、実は、結構シリアスな人だったんです!

https://kotoyumin.com/ijin-kobyashi-issa-7644  - 97k

【 性豪過ぎて妻が過労死!? 】江戸三大俳人・小林一茶の激しすぎる〇 ...

2018年2月13日 ... 松尾芭蕉や与野蕪村と並び「江戸三大俳人」と称される小林一茶。子どものあどけない 様子や、スズメやカエルなど可愛らしい小動物を題材にした作品から、穏やかなイメージ を受けますが、実はあっちの方がすごかったようなんです…

https://rekijin.com/?p=25777  - 122k

一 茶 発 句 全 集 - JANis

2018年8月14日 ... 小林一茶は生涯に約二万の発句を残している。これらを季語によって整理した全集には 、『一茶全集』第一巻(1979年刊)がある。しかし、その後も 『一茶発句集続篇』の登場 など、新資料の紹介が相次いでいる。一方『文化句帖』『七番日記』 ...

http://www.janis.or.jp/users/kyodoshi/issaku.htm  - 194k

検索結果   1~10 件目/約  2,410,000  件