ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

日本地質学発祥の地 | ジオパーク秩父

明治8年(1875)、「ナウマンゾウ」で有名なドイツの地質学者であるナウマン博士が政府 により招聘され、明治10年(1877)には東京大学の初代地質学教授となりました。 ナウマンは、着任の翌年である明治11年(1878)、さっそく秩父を訪れています。この時 は秩父 ...

https://www.chichibu-geo.com/story/birthplace/  - 80k

小川 琢治 | 和歌山県文化情報アーカイブ

地質学者 小川 琢治(おがわ たくじ). 明治3年(1870)~昭和16年(1941) 田辺市 生まれ 広義の地学体系の確立に貢献した地質 ...

https://wave.pref.wakayama.lg.jp/bunka-archive/senjin/ogawa_  - 8k

化石がシンボル 地質学者の家|アーカイブス わが家はツーバイフォー ...

だからあれから三十年余り経ち、上京して小さな私立大学に再就職したのを機会に 一戸建てのわが家を建てることになった時の歓びは、容易に想像いただけよう。 ツーバイフォー工法との出会い. そこでどうしたものかと思案して、ふと友人が大手 不動産会社の ...

https://www.2x4assoc.or.jp/my2x4home/case-takayama.html  - 25k

毎日新聞連載 -美食地質学入門- 第2講「タケノコ」|新聞|最新 ...

2018年05月01日. 毎日新聞(夕刊・関西版)で毎月第一火曜日に連載中の「美食地質 入門」。 第2回目が5月1日(火)の毎日新聞(夕刊・関西版)に掲載されました。 テーマ 食材について対談中の大引伸昭先生(写真左)と巽好幸先生(写真右) このブログでは 、 ...

https://www.tsujicho.com/hotnews/cat623/post-527.html  - 50k

地質学者ナウマン伝 フォッサマグナに挑んだお雇い外国人|絵本ナビ ...

【歴史地理/伝記】明治8年、弱冠20歳で来日。東大地質学初代教授となり、列島の大 断層を見いだしたが輝かしい業績よりも今はゾウ化石の名の由来として、母国ドイツで森 外に「へこまされた」人物としてのみ知られる。消された波瀾万丈の日々を描き出す。

https://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=130924  - 64k

1.日本における地質学の発展 - 北海道地質調査業協会

日本における近代的地質学は,「お雇い外国人」地質学者が明治維新後にもたらした ものです.代表的. な人物は中央政府の ... 最初に北海道の地質を近代地質学の目で 調査したのはブレイク(W.P.Blake)とパンペリー(R.Pumpelly). で,1862 年(明治維新の 6 ...

http://www.do-geo.com/cgi-bin/admin/survey/1_Development_of_  - 0k

検索結果   41~50 件目/約  46  件