ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

2000年 旧吉屋信子邸(先人の暮し方に学ぶ): コトバデフリカエル

2012年11月26日 ...吉屋信子邸(鎌倉市). 吉屋信子が遺した家が物語る. 作家の真実と建築家の思想. 高山ビッキ・文. 作家吉屋信子(1896~1973)のイメージは、その作品世界によって二つ に分かれるかもしれない。女学生の頃から自分の作品を少女雑誌に ...

http://kaeru-kan.cocolog-nifty.com/kotobadefurikaeru/2012/11  - 61k

栃木県/人物「明治時代以降」吉屋信子

2010年11月30日 ... 吉屋信子(よしやのぶこ). 1896年から1973年まで. 吉屋信子句碑の写真. 新潟県に 生まれ、官吏であった父親の転勤にともなって栃木町(現栃木市)に移り、多感な少女 時代をこの町で過ごした。 栃木高女(現栃木女子高校)卒業後、作家を志 ...

http://www.pref.tochigi.lg.jp/c05/intro/tochigiken/hakken/ji  - 32k

竹田志保氏の初出版本「吉屋信子研究」の装丁装画を担当しました | D ...

2018年4月10日 ... 吉屋信子フリークは、マストバイの一冊! 本書は、吉屋信子の大正期から戦中期の 長編連載小説を読むことで、その新たな可能性について考察 ...

http://deeth.net/?p=396  - 31k

日本エロ文学講座 第七回 吉屋信子『花物語』の考察 - ニコニコ動画

2015年6月20日 ... 日本エロ文学講座 第七回 吉屋信子『花物語』の考察 [エンターテイメント] 日本エロ文学 講座、第七回を放送いたします。 講師は、国文学者の犬神教授となります。 前作『日本.. .

https://www.nicovideo.jp/watch/sm26526692  - 208k

吉屋信子記念会「花物語館」で、サブレと珈琲。とちぎ秋まつり : ワンコイン ...

2014年11月16日 ... とちぎ秋まつりに毎回華を添えるのが、吉屋信子記念会の「花物語館」。栃木女子高校 出身の女流作家・吉屋信子(コチラ)の後輩=栃女OGの皆さんによる展示と休憩 スペースです。 コーヒーとサブレ、または日本茶とおまんじゅうで、ほっと ...

http://blog.livedoor.jp/kaz823ad/archives/52138601.html  - 108k

吉屋信子が恋したたったひとりの男。 - 落合道人

2007年6月21日 ... 吉屋信子Click!は下落合時代、生涯でたった一度の異性愛を経験している。相手は、 近くに住む若くて気弱そうな画家だった。もちろん、むさくるしくてズボラで、しょっちゅう犬 に吠えられている佐伯祐三Click!ではない。第一文化村の北側、府営 ...

https://chinchiko.blog.ss-blog.jp/2007-06-21  - 72k

『鬼火』(吉屋信子著)を読んで – 実践文学の達人 - 実践英語の達人

2015年11月24日 ... こんにちは、国際人養成ブロガーのFrankです。 短編集の巻末にある、薀蓄のある書評 を引用しながら、感想を述べさせていただきます。 1916年、少女画報に連載された『花 物語』が、女学生のバイブルといわれ、人気作家となった吉屋信子

http://frankyoshida.com/experts-at-literature/?p=257  - 129k

吉屋信子吉屋信子集 生霊』―人の心が生む怪談 : ごごにじ通信

2014年1月9日 ... 【収録作】 「生霊」 「生死」 「誰かが私に似ている」 「茶碗」 「宴会」 「井戸の底」 「黄梅院 様」 「憑かれる」 「かくれんぼ」 「鶴」 「夏鶯」 「冬雁」 「海潮音」 「私の泉鏡花」 「梅雨」 「 霊魂」 「鍾乳洞のなか」 吉屋信子といえば、何といってもまず挙げられる ...

https://gogoniji.exblog.jp/21428724/  - 72k

吉屋信子と俳句 : 定年再出発

2007年2月18日 ... 吉屋信子と俳句吉屋信子という作家は星菫趣味の少女小説作家という認識しかもっ ていなかった。 ところが、彼女の一つの句を目にしてその認識を変えた。と...

https://mizumakura.exblog.jp/5558585/  - 51k

吉屋信子のすごさ - yoshiepen's journal

2012年7月28日 ... 嶽本野ばらのノヴェラ・ライトノベルもこれらの百合作品を凌駕している。 百合の元祖と 言えば、なんといっても吉屋信子、そしてその少女小説だということで、こちらも早速資料 収集を ...

https://www.yoshiepen.net/entry/20120728/1343444168  - 52k

検索結果   61~70 件目/約  20,100  件