ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

吉屋信子_百度百科

吉屋信子(1896年1月12日- 1973年7月11日)是活跃于1920年代至1970年代前半的 日本小说家。是日本少女文学、S小说的先驱。...

https://baike.baidu.com/item/%E5%90%89%E5%B1%8B%E4%BF%A1%E5%  - 94k

屋根裏の二処女 [Yaneura no nishojo] by Nobuko Yoshiya - Goodreads

屋根裏の二処女 [Yaneura no nishojo] book. Read reviews from world's largest community for readers. 吉屋信子の“乙女小説”を厳選するコレクション、第二巻。 寄宿舎を舞台に、二人の“処女”の愛と尊厳を描き上げた信子の原点という...

https://www.goodreads.com/book/show/17381155-yaneura-no-nish  - 213k

女子校化した大奥――吉屋信子『徳川の夫人たち』

吉屋信子の本意 吉屋信子(1896-1973)の『徳川の夫人たち』『続 徳川の夫人たち』全 四冊(1969、朝日新聞社)は、江戸幕府・徳川家の大奥を舞台にした歴史小説です。もと は66年1月から68年4月まで朝日新聞で連載され、話題になったこの小説は、当時< ...

http://www.l.u-tokyo.ac.jp/chubun/oldversion/essay/essay_7.h  - 31k

吉屋信子全集』全12巻|研究余録 ~全集目次総覧~

[ 2011/04/07 01:46 ] よ 吉屋信子 | TB(0) | CM(0) · ≪ 『吉行エイスケ作品集』全2巻 | TOP | 『語りの海 吉本隆明』全3巻 ≫. コメントの投稿. 題名: 名前: URL: COMMENT: 太字の文が入ります。 斜体の文が入ります。 下線の文が入ります。 打ち消しの文が 入り ...

http://kenkyuyoroku.blog84.fc2.com/blog-entry-1084.html  - 244k

黒薔薇 :吉屋 信子|河出書房新社

黒薔薇 地方の女学校を舞台に、教師・章子と美しい生徒・和子のおりなす愛慕と苦悩。 大正~昭和の大流行作家による可憐でせつない〈エスの世界〉、乙女たちの憧れと夢、 苦悩と孤独。全集未収録作品。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309017488/  - 42k

わすれなぐさ :吉屋 信子|河出書房新社

わすれなぐさ 美しくも我儘なお嬢様・陽子と、彼女のあやつる糸に絡めとられていく牧子 、そして学校一の優等生・一枝の、愛と友情の行方は……? 少女小説の女王が描く、 昭和ロマン漂う乙女たちの物語。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309410074/  - 41k

吉屋信子記念館 [よしやのぶこきねんかん] | 鎌倉観光 - トリップノート

吉屋信子記念館(よしやのぶこきねんかん)は小説家・ 吉屋信子が晩年を過ごした邸宅 を公開。鎌倉文学館ほど近くの住宅街に佇む、吉屋信子記念館。立派な塀に囲まれた 敷地内には、近代数寄屋建築の第一人者である吉田五十八氏の設計による邸宅が建っ  ...

https://tripnote.jp/kamakura/place-yoshiya-nobuko-memorial  - 54k

塀がかっこよすぎ。吉屋信子記念館(吉田五十八) | トトやんのすべて

2018年6月2日 ... あのさ、とにかく塀がかっこいいんだって!」 「へぇぇ……(遠い目をする)」. ――という 感じなのですが、ほんとうにかっこよかったのだから仕方がない。 正式名称は 「鎌倉市 吉屋信子記念館」ということになりそうです。 (いただいたパンフレットに ...

https://ameblo.jp/kusumimorikage/entry-12380863997.html  - 161k

吉屋えい子(姪) ・【わが心の人】吉屋信子 - 明日への言葉

2018年7月20日 ... 吉屋えい子(姪) ・【わが心の人】吉屋信子 吉屋信子さんは明治29年新潟県生まれ、 大正5年に発表した「花物語」がおおくの女性たちの心をとらえ人気作家となりました。 その後も女性を中心にした作品を書き続け、女性たちの支持を受け活躍 ...

http://asuhenokotoba.blogspot.com/2018/07/blog-post_20.html  - 91k

『鬼火・底のぬけた柄杓』(吉屋 信子,川崎 賢子):講談社文芸文庫 ...

焼跡の一軒家で起きた貧しい女の悲惨な自殺を凄艶な美へと昇華させた女流文学者賞 受賞作「鬼火」、隠れ切支丹の遺児であった修道女の謎めく焼死を追った「童貞女( びるぜん)昇天」等、幻想的短篇7作に、薄幸な俳人の生涯を意欲的に掘り起こし、 温かい ...

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000168932  - 55k

検索結果   51~60 件目/約  10,800  件