ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「吉屋信子」の関連サイト

吉屋信子記念館 口コミ・写真・地図・情報 - トリップアドバイザー

吉屋信子記念館(鎌倉市)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(10件)、写真(12枚)、 地図をチェック!吉屋信子記念館は鎌倉市で154位(204件中)の観光名所です。

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g303156-d695266  - 15k


吉屋信子の小説にみる大正末~昭和戦前期の女中像

本稿は,大正半ばから昭和の高度成長期まで,半世紀以上にわたり活躍した作家,. 吉屋信子の小説を資料として,都市中間層の家庭における女中像について考察した. ものである。吉屋は少女小説,大衆小説の分野で多数の作品を残したが,ここでは.

https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_110008601592.pdf?id=A  - 0k

吉屋信子記念館 神奈川県鎌倉市長谷 - 墳丘からの眺め

2019年6月2日 ... 画家のアトリエを拝見した後は、鎌倉文学館を目指したが、その間にある吉屋信子記念 館という表示が気になったので立ち寄ってみた。 住宅街の細道で江ノ電の踏切を渡る。 右手奥に和田塚駅。 踏切が鳴り出したので待っていると、電車が ...

http://massneko.hatenablog.com/entry/2019/06/02/000000  - 127k

吉屋信子 - 千代田区観光協会

1896年~1973年 吉屋信子【よしや のぶこ】. 大正・昭和期に活躍した女流作家。大正 期には『花物語』などの少女小説を書き人気を博す。その後、長編小説『地の果まで』で 長篇作家に転じ、戦後も『徳川の夫人たち』など大衆小説、歴史小説を精力的に執筆 ...

http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/910/Default.aspx  - 127k

吉屋信子|プロフィール|ローチケ×HMV&BOOKS online

吉屋信子 | プロフィール | ローチケ×HMV&BOOKS online | 1896年、新潟市生まれ。 栃木高等女学校に在学中から少女雑誌に投稿。1916年か… | 吉屋信子の商品、最新 情報が満載!CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う、国内最大級の  ...

https://www.hmv.co.jp/artist_%E5%90%89%E5%B1%8B%E4%BF%A1%E5%  - 127k

吉屋信子少女小説選3 紅雀 - ゆまに書房

彼女を見守る男爵家の家庭教師・純子。まゆみに思いを寄せる若き男爵・珠彦。そして 意地悪な金持ちの娘、利栄子。読者からのリクエストNo.1の、感動のシンデレラ・ ストーリー、待望の復刊です。 ☆吉屋信子少女小説選シリーズ ☆ 1.暁の聖歌 2. 返らぬ 日 3.

http://www.yumani.co.jp/np/isbn/9784843309964  - 10k

吉屋信子生誕120周年記念講演会吉屋信子の生涯と花物語の少女たち ...

吉屋信子は明治29年(1896年)に生まれ、大正、昭和にかけて活躍した作家です。十代 の頃から少女誌への投稿家として活躍し始めた信子は、「花物語」で少女小説作家 として名声を博しました。やがて数多くの新聞小説や文芸誌への連載などで大人向けの  ...

https://www.nipponclub.org/event/ms-keiyoshiya2016/?lang=ja  - 34k

吉屋信子の思想について – 海と写真と本が好きなシステム屋のブログ

最近のろのろと読んでいる吉屋信子の「花物語」、下巻も後半に入りかなり雰囲気が 変わってきた。キリスト教について造詣が深いと思わせる話や、どうやら男女差別に対し てはっきりした意見を持っているらしいと思わせる話が入っている。205ページから 始まる「 ...

http://tec-room.com/?p=319  - 15k

余録:作家、吉屋信子の句に… - 毎日新聞

2019年1月1日 ... 作家、吉屋信子(よしや・のぶこ)の句に「初(はつ)暦(ごよみ)知らぬ月日は美しく」が ある。新年に初めて用いる暦が初暦である。並ぶ月日はまだ何の影も屈託(くったく)も 宿さず、等しく輝いて見える。同じ作者に、この発想を暦売りに託した句も ...

https://mainichi.jp/articles/20190101/ddm/001/070/100000c  - 15k

吉屋信子著『底のぬけた柄杓』―憂愁の俳人たち―より墨堤に消ゆ(富田 ...

作家の吉屋信子と俳人の富田木歩、世に知られた時期も異なるこの2人の名前は、私 の中ではどうしてもつながらないものであった。壮健で、恵まれた仕事をしたであろう 女流作家が、「憂愁の俳人たち」という副題をつけて、10人の俳人の数奇ともいえる生涯 に ...

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n218/n218  - 16k

検索結果   31~40 件目/約  11,500  件