ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

吉屋信子(文筆活動) - BIGLOBE

吉屋 信子 明治29年(1896)1月12日~昭和48年(1973)7月11日. 大正~昭和期 の小説家。 <生い立ち> 新潟市の新潟県庁官舎で生まれた。父・雄一39歳、母・マサ 33歳の長女。すでに信子の上に3人の兄がいた。両親は山口県出身であったが、父が  ...

http://www5e.biglobe.ne.jp/~BCM27946/yosiyanobuko.html  - 19k

吉屋信子 (よしやのぶこ)とは【ピクシブ百科事典】 - pixiv

吉屋信子がイラスト付きでわかる! 大正〜昭和期に活躍した日本の女性小説家である 。 (明治29年1月12日〜昭和48年1月12日) 日本・新潟県生まれ、栃木県育ち。 著作 は『花物語』『屋根裏の二処女』『わすれなぐさ』『黒薔薇』『良人の貞操』など。 今でいう「  ...

https://dic.pixiv.net/a/%E5%90%89%E5%B1%8B%E4%BF%A1%E5%AD%90  - 69k

吉屋信子の︿戦争 - 学校法人 学習院

そこに日中戦争が勃発. し. 、. ﹃. 主婦之友. ﹄ は同誌の目玉企画としてすぐさま吉屋を 特派員と. して大陸へ派遣したのである 。 八月二五日から九月三日までの北支滞在の のち発表された. ﹁. 戦禍. 吉屋信子の︿戦争﹀. ││. ﹁女の教室﹂論. ││. 竹. 田.

https://www.gakushuin.ac.jp/univ/let/rihum/takeda-jinbun14.p  - 0k

『花物語 上』|感想・レビュー・試し読み - 読書メーター

吉屋 信子『花物語 上』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。 ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

https://bookmeter.com/books/529797  - 147k

しかし私の友ではない|吉屋信子『花物語』 ダーリヤ|眞野いるか|note

2019年2月1日 ... ダーリヤよ。お前は華やかで美しい、しかし、私の友ではないーー) 少女小説の元祖、『 花物語』はその名の通り、繊細な少女の感情を花の名を冠した物語に閉じ込めた短編集 です。 ロマンチックな感傷につつまれた物語が多い中、凛とした決意 ...

https://note.mu/shuukatsuyouko/n/n14c94d3a76d9  - 454k

特別展「生誕110年 吉屋信子展-女たちをめぐる物語」 | 神奈川近代 ...

吉屋信子(1896~1973)は「花物語」など少女小説の第一人者として知られ、また「良 人(おっと)の貞操」などの家庭小説、「徳川の夫人たち」「女人平家」などの歴史小説 でも人気を博し、大正末から女性の読者を中心に幅広く愛されてきた作家です。また 鎌倉に ...

https://www.kanabun.or.jp/exhibition/2373/  - 15k

吉屋信子 - 麹町界隈わがまち人物館

徳川の夫人たち」など女流流行作家として戦前戦後を通じて人気のあった吉屋信子は、 昭和25年から、昭和37年に鎌倉に転居するまでニ番町11に住んでいだ。大衆小説、 歴史小説を精力的に執筆し、「安宅家の人々」「鬼火」などの作品がこの家から生まれ、  ...

https://jinbutsukan.net/person/8o06.html?lst04  - 8k

吉屋信子 - とちぎふるさと学習 - 栃木県

作家吉屋信子(1896~1973年)は、新潟(にいがた)で生まれましたが、父の吉屋 雄一(よしやゆういち)が下都賀郡長(しもつがぐんちょう)となったことで、少女時代を 栃木(とちぎ)で過ごしました。 栃木女子高校には、「秋灯 机の上の 幾山河 吉屋信子」 の句碑 ...

https://www.tochigi-edu.ed.jp/furusato/detail.jsp?p=176  - 6k

吉屋信子の小説にみる大正末~昭和戦前期の女中像

本稿は,大正半ばから昭和の高度成長期まで,半世紀以上にわたり活躍した作家,. 吉屋信子の小説を資料として,都市中間層の家庭における女中像について考察した. ものである。吉屋は少女小説,大衆小説の分野で多数の作品を残したが,ここでは.

https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_110008601592.pdf?id=A  - 6k

『増殖する俳句歳時記』検索: 吉屋信子

2019年6月9日 ... 吉屋信子. 戦後三年目の夏の句。いまでこそバターはどこの家庭にもあるが、戦中戦後 はかなりの貴重品であった。冷蔵庫(電気冷蔵庫ではない)のある家も極めて少なく、 それを持っている作者は裕福だったと知れるが、その裕福な人が「 ...

http://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?ids=1  - 22k

検索結果   21~30 件目/約  10,800  件