ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「吉屋信子」の関連サイト

白鸚鵡 - 古屋信子 - 9784892571336 : 本 - 楽天ブックス

吉屋信子(ヨシヤノブコ) 1896年、新潟市生まれ。栃木高等女学校に在学中から少女 雑誌に投稿。1916年から『少女画報』に連載された「花物語」が女学生の圧倒的な支持 を得、ベストセラーになる。1919年、長篇小説「地の果まで」が大阪朝日新聞の懸賞で  ...

https://books.rakuten.co.jp/rb/15335381/  - 241k

吉屋信子記念館】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

吉屋信子記念館の観光情報 営業期間:開館:一般公開日は電話で確認してください。。 吉屋信子記念館周辺情報も充実しています。神奈川の観光情報ならじゃらんnet 吉屋 信子の旧居。赤壁の築地塀をめぐらし門前に石標が立つ。生前愛用されたものなど市に  ...

https://www.jalan.net/kankou/spt_14204cc3290032955/  - 2019/08/21 - 248k


わすれなぐさ :吉屋 信子|河出書房新社

わすれなぐさ 美しくも我儘なお嬢様・陽子と、彼女のあやつる糸に絡めとられていく牧子 、そして学校一の優等生・一枝の、愛と友情の行方は……? 少女小説の女王が描く、 昭和ロマン漂う乙女たちの物語。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309410074/  - 41k

黒薔薇 :吉屋 信子|河出書房新社

黒薔薇 地方の女学校を舞台に、教師・章子と美しい生徒・和子のおりなす愛慕と苦悩。 大正~昭和の大流行作家による可憐でせつない〈エスの世界〉、乙女たちの憧れと夢、 苦悩と孤独。全集未収録作品。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309017488/  - 42k

吉屋信子の思想について – 海と写真と本が好きなシステム屋のブログ

最近のろのろと読んでいる吉屋信子の「花物語」、下巻も後半に入りかなり雰囲気が 変わってきた。キリスト教について造詣が深いと思わせる話や、どうやら男女差別に対し てはっきりした意見を持っているらしいと思わせる話が入っている。205ページから 始まる「 ...

http://tec-room.com/?p=319  - 15k

吉屋信子記念館 [よしやのぶこきねんかん] | 鎌倉観光 - トリップノート

吉屋信子記念館(よしやのぶこきねんかん)は小説家・ 吉屋信子が晩年を過ごした邸宅 を公開。鎌倉文学館ほど近くの住宅街に佇む、吉屋信子記念館。立派な塀に囲まれた 敷地内には、近代数寄屋建築の第一人者である吉田五十八氏の設計による邸宅が建っ  ...

https://tripnote.jp/kamakura/place-yoshiya-nobuko-memorial  - 53k

鬼火・底のぬけた柄杓 書評|吉屋 信子(講談社)|書評専門紙「週刊 ...

2019年5月4日 ... とても後味の悪い小説集である。そんな読後感を抱きながら再読すると、その後味の 悪さにこそ魅力の秘密があるような気がした。そんな作品は初めて読んだ。 吉屋信子 といえば少女小説である『花物語』の作者として有名であるが、この短編 ...

https://dokushojin.com/article.html?i=5368  - 104k

吉屋信子 父の果/未知の月日:みすず書房

2003年2月5日 ... 吉屋信子 父の果/未知の月日』の書誌情報:吉屋信子といえば、おおかたの人は、『夫 の貞操』や『安宅家の人々』『徳川の夫人たち』あるいは少女小説『花物語』などの作品を 思い起こすだろう。たしかに彼女はこうした長篇小説によって、広範 ...

https://www.msz.co.jp/book/detail/04836.html  - 23k

吉屋えい子(姪) ・【わが心の人】吉屋信子 - 明日への言葉

2018年7月20日 ... 吉屋えい子(姪) ・【わが心の人】吉屋信子 吉屋信子さんは明治29年新潟県生まれ、 大正5年に発表した「花物語」がおおくの女性たちの心をとらえ人気作家となりました。 その後も女性を中心にした作品を書き続け、女性たちの支持を受け活躍 ...

http://asuhenokotoba.blogspot.com/2018/07/blog-post_20.html  - 90k

竹田志保氏の初出版本「吉屋信子研究」の装丁装画を担当しました | D ...

2018年4月10日 ... D[di:]の高校時代の後輩で日本文学博士の竹田志保氏の初出版本「吉屋信子研究」の 装丁装画を担当しました。 頭のてっぺんからつま先まで、いつも黒づくめ衣装の彼女を イメージして&吉屋信子のレトロ感をイメージしてデザインしたとか。

http://deeth.net/?p=396  - 24k

検索結果   51~60 件目/約  14,000  件