ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「原田康子」の関連サイト

挽歌 (新潮文庫) | 原田 康子 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで原田 康子の挽歌 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。原田 康子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また挽歌 (新潮文庫)も アマゾン配送商品なら通常配送無料。

https://www.amazon.co.jp/%E6%8C%BD%E6%AD%8C-%E6%96%B0%E6%BD%  - 661k

Amazon.co.jp: 原田 康子: 本

1,484中古 & 新品(10 出品). 5つ星のうち 4 6 · 挽歌 (1961年) (新潮文庫). 1961. 原田 康子 ... 病める丘 (1960年). 1960. 原田 康子. - · ¥ 2,432中古 & 新品(2 出品) ... 日曜日の白い雲〈下〉 (講談社文庫). 1986/5. 原田 康子. 文庫 · ¥ 1中古 & 新品(6 出品 ) ...

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E5%8E%9F%E7%94%B0-%E5%BA  - 531k


原田康子 - Wikipedia

原田 康子はらだ やすこ、1928年1月12日 - 2009年10月20日)は日本の小説家で ある。本名は佐々木康子(旧姓:原田)。 目次. 1 来歴・人物; 2 作品リスト; 3 参考; 4 脚注. 来歴・人物[編集]. 東京都生まれ、北海道釧路市出身。市立釧路高等女学校(現・  ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%BA%B7%E5  - 72k

文学にみる障害者像 原田康子著 「挽歌」 - 障害保健福祉研究情報システム

原田康子著 『挽歌』. 松原 亮. 『挽歌』は昭和31年12月、東都書房より出版される。著者 「原田康子」という名はほとんど知られていなかった。しかし、爆発的な売れ行きをしめし 72万部を売るというベストセラー作品になった。既成のものでない、また新しい女性作家  ...

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n178/n178  - 14k

原田康子 おすすめランキング (118作品) - ブクログ

著者「原田康子」のおすすめランキングです。原田康子のおすすめランキング、人気・ レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック!

https://booklog.jp/author/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%BA%B7%E5%AD%  - 2019/05/19 - 98k

原田康子 | 著者プロフィール | 新潮社

原田康子のプロフィール:(1928-2009)東京生れ。生後1年で父親の赴任地である釧路 に移住する。釧路市立高女を卒業し、1945年、東北海道新聞の記者となる。1951年に 同僚と結婚。1955年「北海文学」で連載していた『挽歌』が「群像」編集長.

https://www.shinchosha.co.jp/sp/writer/2575/  - 26k

原田康子 『挽歌』 | 新潮社

北海道の霧の街に生いたち、ロマンにあこがれる兵藤怜子は、知り合った中年建築家 桂木の落着きと、かすかな陰影に好奇心を抱く。美貌の桂木夫人と未知の青年との密会 を、偶然目撃した彼女は、急速に夫妻の心の深みにふみこんでゆく。阿寒.

https://www.shinchosha.co.jp/sp/book/111401/  - 32k

原田康子「海霧」 - DTI

フミアキの伯母である原田康子(以下単に伯母さんと言うことにする)の新刊「海霧」( 2002年10月10日発行)が出て,出版社より著者謹呈本が届いたので,早速読んだ。 上下合わせて1000ページの大長編である。伯母さんの最近の小説としては,1999年に 刊行 ...

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~tmiyaji/umigiri.html  - 11k

挽歌(原田康子著) | 北海道マガジン「カイ」

さいはての街、釧路。左ひじが不自由なことで就職もせずに気ままに暮らす若い女、 兵藤怜子が、ふとしたことから家庭を持つ建築士、桂木節雄と出会う。周りの大人たちを 翻弄しながら突き進んだ恋愛の果ての桂木夫人の自殺。あまりに大きな代償を払った その ...

http://kai-hokkaido.com/novel002/  - 24k

原田康子 - Asahi-net

石川啄木が〈しらしらと氷かがやき 千鳥なく 釧路の海の冬の月かな〉と詠んだ極寒の 北辺の町で育った原田康子。 わら半紙にガリ版刷りの同人誌『北海文学』に昭和30年6 月から1年間にわたって連載された『挽歌』は映画化などによって彼女を一躍注目の 作家 ...

http://www.asahi-net.or.jp/~pb5h-ootk/pages/SAKKA/ha/haraday  - 33k

検索結果   1~10 件目/約  4,560  件