ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「半井桃水」の関連サイト

半井桃水館】アクセス・営業時間・料金情報 - じゃらんnet

半井桃水館の観光情報 半井桃水館周辺情報も充実しています。長崎の観光情報なら じゃらんnet 対馬市まちづくりコミュニティー支援交流館「半井桃水館」は、長崎県対馬市 厳原町中村地区の半井桃水生家跡に建設された交流施設です。 桃水関連の資料の展.

https://www.jalan.net/kankou/spt_42209cc3362074121/  - 209k


半井桃水 - Wikipedia

半井 桃水(なからい とうすい、1861年1月12日(万延元年12月2日) - 1926年(大正15 年)11月21日)は、日本の小説家。 本名は冽(「きよし」、または「れつ」)だが「洌」との 表記もある。幼名は泉太郎(せんたろう)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%8A%E4%BA%95%E6%A1%83%E6  - 69k

半井桃水(なからい とうすい)とは - コトバンク

美術人名辞典 - 半井桃水の用語解説 - 小説家。本名は冽、別号は菊阿弥。東京朝日 新聞社に入り『海王丸』『胡砂吹く風』等多くの新聞小説を発表、人気作家となる。樋口 一葉の師としても有名。代表作に『天狗廻状』がある。大正15年(1926)歿、67才。

https://kotobank.jp/word/%E5%8D%8A%E4%BA%95%E6%A1%83%E6%B0%B  - 184k

半井桃水

昼過ぎに本郷区菊坂町70番地(現・文京区本郷4丁目)の貸家を出た樋口一葉は、芝区 南佐久間町(現・港区西新橋)の朝日新聞人気小説記者半井桃水宅に急いだ。一刻 のち、二人の運命は大きく動き始めたのだった。一葉は桃水への恋心とともに小説家へ の ...

http://www.asahi-net.or.jp/~pb5h-ootk/pages/SAKKA/na/nakarai  - 40k

半井桃水館ウェブサイト | 対馬と自然と樋口一葉 | 나카라이 도스이 관

半井桃水館 Nakarai Tosui Kan へようこそ. 対馬市まちづくりコミュニティー支援交流館 「半井桃水館」は、長崎県対馬市厳原町中村地区の半井桃水生家跡に建設された交流 施設です。また桃水関連の資料の展示、市民の交流の場の提供(貸館業務)等の ...

http://tsushima-tosui.com/  - 2019/03/23 - 14k

一葉

明治二十四年四月十五日、小説の手ほどきを請うため世間知らずの十九歳の一葉が、 初めて出遭った文化人の男性が半井桃水(なからいとうすい、当時31歳)であった。当時 東京朝日新聞文芸部に勤めていた桃水は、すでに大衆小説家として名を知られる存在  ...

http://www.geocities.jp/bonito199504/newpage10.htm  - 51k

半井桃水 - 千代田区観光協会

1860年~1920年 半井桃水【なからい とうすい】. 明治期の作家。本名◇冽【きよし】。 文学史上での半井桃水は、作家としてより樋口一葉の師であり、また思慕の人であった ことの方で名を残している。彼は、『東京朝日新聞』の小説記者として『天狗廻状』『大石  ...

http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/861/Default.aspx  - 51k

半井桃水と春香伝 -樋口一葉記念館を訪ねて|東京,新宿で韓国語,韓国 ...

2018年4月19日 ... 台東区竜泉にある樋口一葉記念館を訪れた。 一葉の恋人といわれた半井桃水の面影 を見つけたかったからだ。 桃水の名を知る人は多くはない。しかし、『春香伝』を日本に 初めて紹介した人物と聞けば興味がわいてくる。 歌人である一葉に ...

http://seoulkorean.jp/article/detail.php/1084/435299  - 28k

樋口一葉と半井桃水はどのような、関係だつたのでしようか。 - 樋口一葉 ...

桃水は朝日新聞に小説を載せ文名を馳せていたので何が何でも小説を発表する機会を 得たい一葉は押しかけ弟子になりました、或いは身を任せてもチャンスを得る決意だった かも知れません 一葉は金を借りる為に高利貸に身を引き換えに、とも取れる意味の ...

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10  - 74k

半井桃水 - 麹町界隈わがまち人物館

作家としての半井桃水の名を知る人は少ないだろう。現在では「たけくらべ」の樋口一葉 の師であり、また思慕の人であったことで名を残している。彼は、東京朝日新聞の小説 記者として「天狗廻状」「大石内蔵助」といった時代小説を書いたなどの通俗小説を書い  ...

http://jinbutsukan.net/person/5a11.html?lst03  - 9k

検索結果   1~10 件目/約  5,460  件