ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

相馬芳枝 特別顧問が世界化学年の女性化学賞を受賞 | 国立大学法人 ...

2011年6月17日 ... 相馬芳枝 特別顧問が世界化学年の女性化学賞を受賞. ... 国連は2008年、キュリー 夫人のノーベル化学賞受賞から100年目に当たる2011年を「世界化学年」( International Year of Chemistry: IYC ... 世界化学年事務局はシンポジウム等の祝典 諸行事と並んで、化学の研究や普及で優れた業績をあげた世界の女性化学者を顕彰 する賞を設けました。 ... 相馬特別顧問は1965年、神戸大学理学部化学科を卒業。

https://www.kobe-u.ac.jp/archive/research/20110617_1.html  - 10k

歴代所長・名誉教授 | 分子科学研究所

1965年 学士院賞受賞 ... 1993年〜1999年 岡崎国立共同研究機構分子科学研究所 所長 ... 手法を開発し、分子間力、化学結合の研究を基盤とする、クラスターの研究 を通じて、ナノ物質科学の世界に化学者の観点から新しいナノサイエンス分野を構築 した。

https://www.ims.ac.jp/about/former_director.html  - 31k

化学よもやま話(2013年04月) ~身近な元素の話~ ガンと闘う元素 ...

1965年,アメリカの化学者Barnett Rosenbergは,大腸菌の増殖に与える電場の影響 を調べる中で,ある条件で増殖が極端に抑えられることを見出した。この原因は,意外な ことに電場の影響ではなく,用いられていた白金電極にあることが判明した。白金が ...

https://www.tcichemicals.com/ja/jp/support-download/chemistr  - 58k

日本学士院客員の選定について

2010年2月12日 ... 一方、同じく有機合成化学の分野では、さらに遡ること25年の1965年に、R.B. Woodward教授が「有機合成の芸術的 ... of Chemical Synthesis」にまとめており、 これは各国で翻訳されて世界中の有機化学者に多大なインパクトを与えた。

https://www.japan-acad.go.jp/japanese/news/2010/021501.html  - 26k

事典 日本の科学者 事典 日本の科学者 事典 日本の ... - 日外アソシエーツ

事典 日本の科学者―科学技術を築いた5000人. 定価(本体17,000円+ ... 農芸化学者 )/四手井綱英(林学者)/渋川春海(天文暦学者)/代田稔. (細菌学者)/関孝和( ... 科〔 1965年〕卒, 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻〔1972. 年〕博士課程修了理学  ...

http://www.nichigai.co.jp/PDF/2485-9.pdf  - 0k

化学者、2億人を救う。「元高校教師」が生み出した薬 - Yahoo! JAPAN

2015年10月5日 ... 有機化学者大村智が静岡県の土中の微生物から開発したわずか3ミリの錠剤は、感染 症予防に絶大な効力を発揮。医師でも難しい偉業を成し遂げ ... 研究者としての歩みが スタートし、1965年、北里研究所に移った。 高校教師時代の大村の ...

https://ghitfund.yahoo.co.jp/interview_04.html  - 34k

日本人ノーベル賞受賞者と関係図書 - 京都外国語大学

2019年10月10日現在での日本人ノーベル賞受賞者は27人です。 ... 1965年度受賞者 (物理学賞) ... 化学者。奈良県生まれ。京都帝国大学工学部化学科卒。化学反応と 分子の電子状態に関する「フロンティア電子理 論」を樹立し、日本初のノーベル化学賞を  ...

https://www.kufs.ac.jp/toshokan/worldlit/nobel-j.htm  - 58k

化学者たちの感動の瞬間」「企業研究者たちの感動 ... - SCIENCE SHIFT

2019年5月29日 ... ここで紹介する二冊は、まさにその「感動の瞬間」を、有機化学分野の研究者自身の筆 で書き下ろした本です。1冊目の「化学者たちの~」の方は初版が2006年発行ですので 、少々手に入りにくいかもしれませ ...

https://scienceshift.jp/recommended-book-02/  - 181k

「文学作品の中の科学者像 - 広島大学

このような分類が適切かどうかはともかくとして、ヘインズが、文学作品に登場する科学 像の変遷というテーマを通じて、文学研究と科学史・科学論との間に架橋を試みた壮 図は高く評価される ... この研究プロジェクトは数年にわたるであろうと予想しているが、 本報告はその第一段階の作業報告である。 ... 阿川弘之「山本五十六」昭和40(1965.

https://home.hiroshima-u.ac.jp/nkaoru/Kagakusigakkai.html  - 24k

「去華就実」と郷土の先覚者たち 第30回 黒田チカ (下) | 宮島醤油

真島は研究教育組織の指導者としても重んじられ、東北大学理学部化学科の設立を 指揮したのを皮切りに、北海道大学と大阪大学 ... 黒田チカ著 「化学に親しむ 悦びと 感謝 I-V」 「化学教育」第13巻第2号(1965年)から第14巻第4号(1966年) にかけて5回 ...

https://www.miyajima-soy.co.jp/archives/column/kyoka30  - 61k

検索結果   21~30 件目/約  358,000  件