ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

用語解説 - ハンセン病国賠訴訟

三園長の国会証言: 第12回国会参議院厚生委員会において参考人5人が発言したうち 、林芳信(多摩全生園長)、光田健輔(愛生園長)、宮崎松記(恵楓園長)ら三園長の 発言が、ハンセン病患者の強制収容や断種の励行、患者逃走防止のための罰則強化 等を ...

http://www.hansenkokubai.gr.jp/history/gloss.html  - 9k

ハンセン病療養所における機関誌の役割と意味 - 松山大学機関リポジトリ

に沿って詳しく見るように,政府(内務省)と光田健輔を中心とする療養所の. 医師たちは ハンセン病を「国辱」として意味づけ,市民レベルにおいては徹底. した「無らい県運動」を 推進して,1930年代当時においても伝染力が非常に. 弱いとされ,1930年開催の ...

https://matsuyama-u-r.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&  - 0k

小笠原 登 - NPO法人 国際留学生協会/向学新聞

特に絶対隔離政策を推進した光田健輔をはじめとする医師たちにとって、隔離政策を 否定する暴論とさえ受け取られた。特に光田は「救ライ」に人生を捧げた医師として、 神聖視されていた時代である。小笠原は激しいバッシングを受けたのである。 1941年 11 ...

http://ifsa.jp/index.php?Gogasawaranoboru  - 38k

土屋ゼミ2015年度<第15回>東村山発―ハンセン病の記憶―

2016年10月22日 ... ハンセン病は伝染病であって遺伝病ではないことを、光田健輔はよく理解していた。 しかし「病気は遺伝しなくても、免疫が弱く病気になりやすい体質は遺伝する」とも考え ていた。「『特殊部落』はもともと『特種』、つまり人種として劣った弱い人間 ...

http://www.waseda.jp/sem-tjournal/20161022tanidokoro.html  - 22k

第4回「県史だより」/とりネット/鳥取県公式サイト

隔離を国家政策として強力に推進したのが光田健輔(みつだ けんすけ)医師です。光田 氏は「らい予防法」の制定を通じて強制隔離、断種を推進し、戦前戦後を通じて愛生園の 園長を務めました。その光田氏に対する二人の評価は私にとって意外なものでした。

https://www.pref.tottori.lg.jp/80232.htm  - 43k

第七 ハンセン病政策と優生政策の結合

1909(明治 42)年 9 月、光田健輔は、東京府の東村山村に開院した全生病院の医長 として着任. した。光田はかねてよりハンセン病患者の隔離の必要を唱えており(「癩病 隔離所設立の必要に就て」、. 『東京養育院月報』12 号、1902 年)、前任地の東京市 養育 ...

https://www.jlf.or.jp/work/pdf/houkoku/saisyu/7.pdf  - 0k

コラム・水平線0610 - 解放出版社

小笠原登と光田健輔という二人の医師は、ハンセン病の歴史の中で対極的な位置に ある。小笠原は隔離政策は必要ないと主張し、光田は隔離政策の必要性を強硬に主張 した医師であった。光田の主張がらい学会の主流派を形成し、強制隔離という国策の 理論 ...

http://www.kaihou-s.com/suiheisen/suihei_0610.htm  - 9k

やがて私の時代が来る――小笠原登伝

やがて私の時代が来る――小笠原登伝 大場 昇 著 ハンセン病強制隔離に抗した医師 の生涯 不治・隔離推進の学会光田健輔巨頭に「らいは治癒する」と、真っ向から対立 した小笠原登の生涯と思想を、小笠原の足跡を訪ね、思索のあとを辿り、小笠原の患者  ...

http://www.libro-koseisha.co.jp/top03/rb1178.html  - 7k

資料編 国立ハンセン病療養所視察調査報告 - 日本弁護士連合会

光田健輔である(1931 年(昭和 6 年)から 1957 年(昭和 32 年)まで)。 1946(昭和 21 )年,「国立療養所長島愛生園」に名称変更された。 1955(昭和 30)年,全国ハンセン病 療養所の唯一の(定時制)高校として,岡山県立. 邑久高等学校新良田教室が開校 ...

https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/organizat  - 0k

証言集【PDF】 - 法務省

昭和28(1953)年 これまでの隔離政策を引き継ぐ「らい予防法」が成立する。 こうした中 で隔離の必要性を強硬に主張した1人が. 医師で国立療養所長島愛生園園長の光田 健輔だった。 「証言」. 成田稔. 国立ハンセン病資料館館長. 国立療養所多磨全生園名誉  ...

http://www.moj.go.jp/content/001221564.pdf  - 2019/04/19 - 0k

検索結果   21~30 件目/約  2,330  件