ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

1828年 - Wikipedia

1828年(1828 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる閏年。 目次. 1 他の紀年法; 2 カレンダー; 3 できごと; 4 誕生; 5 死去; 6 脚注; 7 関連項目. 他の紀年法[ 編集]. この節は、ウィキプロジェクト 紀年法のガイドラインに基づいて記述されています  ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/1828%E5%B9%B4  - 194k

1828年とは - 近世年表 Weblio辞書

1828年とは?近世年表。 年(年号)史実○1808年 (文化5年) □フェートン号事件○1825 年 (文政8年) □異国船打払令○1828年 (文政11年) □シーボルト事件○1829年 ( 文政12年) □江戸大火○1830年...

https://www.weblio.jp/content/1828%E5%B9%B4  - 230k

小林一茶(こばやし いっさ)とは - コトバンク

美術人名辞典 - 小林一茶の用語解説 - 江戸後期の俳人。信濃生。幼名は ... 文政10年 (1827)歿、65才。 ... 生年月日:1763年5月5日江戸時代中期;後期の俳人 1828年没. 出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報 ...

https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%B8%80%E8%8C%B  - 186k

コースA 伝統の街を訪ねよう 俳人一茶の歩いた道をたどる ...

ここがポイント. 江戸期の俳人小林一茶(1763-1828)の句の背景を眺めます; お薄茶の お手前と自国語での作句を体験; 3週間前のガイド申請で醤油工場見学; みりん(米醗酵 調味料)調味のグルメで舌鼓 ...

https://nagareyamasgg.org/ja/coursea/  - 33k

小林一茶のお茶の俳句|小野園コラム ちょっと一服話

小林一茶のお茶の俳句. 江戸時代の代表的な俳人のひとり、小林一茶(1763 ― 1828 )は、作品数がたいへん多く、生涯で2万句ほど詠んだとも言われています。(同じく 江戸時代の与謝蕪村が約3000句、松尾芭蕉が約1000句だとか)。 お茶を詠んだ句も ...

https://onoen.jp/column/column_57.html  - 19k

小林一茶の性格と経歴は?生い立ちとエピソードが面白い | 世界の名著 ...

2018年9月17日 ... 小林一茶は1763~1828年、江戸時代後期を生きた俳人です。 信濃国(長野県)の農家 の長男として生まれました。 本名は小林弥太郎と言います。 実母は一茶が3歳の時に 亡くなってしまいました。 父が再婚した継母との折り合いが悪く、長男 ...

https://kotoyumin.com/ijin-kobyashi-issa-7644  - 84k

信州の偉人 小林一茶 江戸を代表する俳諧師 - ほぷしぃ

小林一茶 江戸を代表する俳諧師; 読み方: こばやし いっさ; 時代: 江戸時代; 誕生: 1763年6月15日; 逝去: 1828年1月5日; 享年: 65歳; 肩書き: .... 14年ぶりに故郷に 帰り、翌年からは俳諧の見聞を広めるため6年にも渡って京阪神・四国・九州を旅して いる。

http://www.isl.ne.jp/etc/ijin/issa.html  - 43k

江戸時代後期の俳人 小林一茶の誕生日(新暦6月15日) ( 俳句、川柳 ...

2018年5月5日 ... 今日は、1763年(宝暦13)に、江戸時代後期の俳人小林一茶の生まれた日ですが、 新暦では6月15日となります。 ... 火災後は、土蔵暮らしをしていましたが、1828年(文政 10年11月19日)に、三度目の中風に罹り、65歳で亡くなりました。

https://blogs.yahoo.co.jp/gauss0jp/65197813.html  - 50k

小林一茶

小林一茶(1763-1828年)は、松尾芭蕉(1644-1694年を敬愛した江戸時代の俳諧師 です。その俳諧師が、この平成の時代であっても、非常にホピュラーな俳人です。( インターネットで検索すると、204の作品を読むことができる)。私に俳句を語る資格は ...

http://buntan.la.coocan.jp/back2/kobayashi/kobayashi.html  - 14k

米と文学<俳句その2> | ごはん塾の本棚

田や稲のある情景を詠んだ俳句の2回目です。 江戸時代後期から明治、大正期の作品 の中から、いくつかを見てみましょう。 小林一茶(1763年~1828年) 松尾芭蕉、与謝 蕪村と並ぶ江戸俳諧の巨匠のひとり。 信濃北部の北国街道の柏原宿(現在の長野県 ...

http://gogolesson.jugem.jp/?eid=51  - 27k

検索結果   1~10 件目/約  6,520  件