ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

1952年 - Wikipedia

1952年(1952 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる閏年。昭和27年 。 目次. 1 他の紀年法; 2 カレンダー; 3 できごと. 3.1 1月; 3.2 2月 ..... 1月8日 - ヴラジーミル・フェルツマン、ピアニスト · 1月10日 - 青木裕史、歌手; 1月10日 - 川端誠、 絵本作家 · 1月11日 - リー・リトナー、ギタリスト · 1月12日 - 楠田枝里子、フリー アナウンサー・ ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/1952%E5%B9%B4  - 334k

1952年 】芸能人・有名人の誕生日|by ギフト-プレゼントならNengou ...

67歳の誕生日を迎える1952年生まれの芸能人・有名人です。 [/tanjoubi/tanjoubi.php ?infile=tanjoubi/tanjoubi.php&byear=1952] ... さくまあきら(66歳), 作家、桃鉄「 福の神」のモデル, 1952年 · 7月29日 · 町支寛二(66歳), ギタリスト(浜田省吾バック), 1952 ...

https://www.nengou-whisky.com/tanjoubi/tanjoubi.php?infile=t  - 91k

芥川賞-受賞作候補作一覧21-40回|芥川賞のすべて・のようなもの

芥川賞第21回(昭和24年/1949年上半期)~第40回(昭和33年/1958年下半期)受賞 作および候補作の詳細なリストです。 ... || 第40回 受賞 該当作 ... 作家』昭和23年/1948 年10月号. 短篇. [101枚] ..... 年/1951年下半期. 昭和27年/1952年1月21日決定発表 ...

http://prizesworld.com/akutagawa/ichiran/ichiran21-40.htm  - 225k

オンライン現代中国作家辞典

学者、作家1952年5月13日北京生まれ。1968年雲南に下放。1978年中国人民大学 に入学、企業管理を学ぶ。1984年から1988年までアメリカ留学、ピッツバーグ大学で 学び、修士号を取得して帰国。北京大学及び中国人民大学で教鞭を執る。辞職後、著作  ...

http://www.lang.osaka-u.ac.jp/~s_aono/zjcidian/zuojia/w/wang  - 11k

田中文夫 – 理想書店 | 個人作家を応援する電子本販売ストア

1952年 香川県坂出市生まれ。1974年 電通関西支社入社。クリエーティブセクションで 広告制作に携わる。2010年 電通を早期退職。田中文脈研究所コンテキスター、フミメイ となる。2013年 半農半X研究所主任研究員として動き始める。

https://store.voyager.co.jp/authors/9874862392916author  - 55k

青空文庫 著作権の消滅した作家名一覧

ここでは、青空文庫で作業対象となる、著作権の消滅した作家名の一部を、簡易的な 一覧にしています。 ..... 1934年); 垣内松三 かいとう・まつぞう(1878年1月11日~1952 8月25日); 賀川豊彦(1888年7月10日~1960年4月23日); 鍵谷徳三郎(1867年12  ...

https://www.aozora.gr.jp/siryo1.html  - 76k

作家別作品リスト:久坂 葉子

作家別作品リスト:No.1052 ... 師事する。小説、詩、戯曲を執筆。小説4作目の「ドミノの お告げ」が芥川賞候補作となる。1952年大晦日、阪急六甲駅にて自殺。(kompass) wikipediaアイコン ... 作業中の作品. →作業中 作家別作品一覧:久坂 葉子. 猫 (新字 新 ...

https://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1052.html  - 6k

漱石をとりまく人々 | 新宿区立漱石山房記念館

小説や戯曲を書くかたわら、文藝春秋社を開業し、幅広い事業を展開した。 久米正雄 くめまさお: 明治24(1891)~昭和27(1952。小説家、劇作家。芥川と共に作家 として評価された。漱石没後は戯曲や大衆向けの小説を多く書いた。 小宮豊隆 こみや とよた ...

http://soseki-museum.jp/modules/info/index.php?action=PageVi  - 26k

市川市|昭和の市川に暮らした作家 和田 芳恵

2017年1月17日 ... また、永井荷風(ながいかふう)、幸田露伴(こうだろはん)一家との交流もありました。 1952年(昭和27)に発表された「塵(ちり)の中」は、1963年(昭和38)に単行本化され、 直木賞を受賞した代表作で、戦争前後の市川から八幡の様子が、 ...

http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/bunpla_05wada.html  - 12k

第二回 無名作家たち ―(2)宮島俊夫というひと― | 「宛名のない手紙」を ...

園内の文章会、創作会のメンバーであり、入園翌年から創作活動を開始。1949年『新潮 』に「癩夫婦」「レプラ・コンプレックス」を発表。そのほか合同作品集『深海の魚族』(1951 年)、『小島に生きる』『廃園の灯』(1952年)に作品が掲載されている。1955年2月15 ...

http://leprosy.jp/japan/atena/atena02/  - 30k

検索結果   1~10 件目/約  450,000  件