ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「伊藤東涯」の関連サイト

Amazon.co.jp: 伊藤 東涯: 本

操觚字訣補遺. 1885. 伊藤東涯. 現在お取り扱いできません ... 当世詩林―天理図書館 蔵 (京都大学国語国文資料叢書 (26)). 1981/1. 伊藤 東涯. 単行本 · ¥ 1,380中古 & 新品(4 出品) · 日本思想大系〈33〉伊藤仁斎・伊藤東涯. 1971/10. 伊藤 仁斎、 伊藤 東涯 ...

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E4%BC%8A%E8%97%A4-%E6%9D  - 459k


伊藤東涯 - Wikipedia

伊藤 東涯(いとう とうがい、寛文10年4月28日(1670年6月15日) - 元文元年7月17日( 1736年8月23日))は、江戸時代中期の儒学者。儒学者伊藤仁斎の長男で、その私塾 古義堂の2代目。異母弟に同じく儒学者の伊藤介亭がおり、母の嘉那は尾形光琳・乾山  ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%9D%B1%E6  - 68k

伊藤東涯(いとう とうがい)とは - コトバンク

美術人名辞典 - 伊藤東涯の用語解説 - 江戸中期の儒者。京都生。伊藤仁斎の長男。名 は長胤・源蔵、別号を慥々斎。父に儒学を学び、その学を継承して堀川学風を大成する。 新井白石・荻生徂徠らと親交が篤く、また奥田士享・篠崎東海ら多くの子弟を育成する ...

https://kotobank.jp/word/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%9D%B1%E6%B6%A  - 192k

伊藤東涯 - 本居宣長記念館

寛文10年(1670)4月28日~元文元年(1736)7月17日。儒学者。伊藤仁斎の長男。 諡号を「紹述先生」と言うが、その名の通り、父の学問を継承し古義堂の発展に尽力した 。中でも、仁斎の『論語古義』を刊行したことはよく知られている。学問は幅広い。著書に 『 ...

http://www.norinagakinenkan.com/norinaga/kaisetsu/ito_tougai  - 5k

伊藤東涯

竹林は暗く、日も通らない。 流れる泉の音は穏やかのものではなくまるで雨のようだ。 春風が吹くにはしかるべき時期を待たなければならない。 桃李の花は土手際に 咲き乱れる。 庚辰の秋、子の善韶(東涯の子供)、審定す。「極め」. 社会的に恵まれない 、 ...

http://kohkosai.com/syuuzouhin/kaisetu/jiku-japan/99%20tohga  - 4k

伊藤東涯筆蹟 | 玉川大学教育博物館 館蔵資料(デジタルアーカイブ)

伊藤東涯筆蹟. 掛軸装紙本墨書縦124.0×横26.5cm 江戸時代中期. この句は、『論語』 里仁(りじん)第四にある一節である。玉川学園の近辺にも、この句から名前を採った 横浜に本店を置くチェーンの書店があり、大方の読者にはお馴染みかと思う。 有名な句 で ...

http://www.tamagawa.ac.jp/museum/archive/2011/236.html  - 8k

伊藤東涯の名言 厳選集 - 名言DB

伊藤東涯、いとう・とうがい。江戸中期の儒学者。主に中国語、中国制度史、儒教の歴史 の研究を行った。新井白石、荻生徂徠などと親交を深くした。著書に『用字格』『名物六帖 』『制度通』『古今学変』『弁疑録』など。

https://systemincome.com/tag/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%9D%B1%E6%  - 159k

伊藤東涯(いとうとうがい)はどんな人?Weblio辞書

伊藤東涯」の意味は江戸中期の儒学者のこと。Weblio辞書では「伊藤東涯」の意味や 使い方、用例、類似表現などを解説しています。

https://www.weblio.jp/content/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%9D%B1%E6  - 176k

制度通 (上巻) 感想 伊藤 東涯,吉川 幸次郎 - 読書メーター

用字格を讀むでから、伊藤東涯のファンだつたが、制度通もなかなか面白い。思想的な 主張をせず、事實を淡々と整理してゐるのが、江戸時代の他の學者の書と違つて讀み 易い理由だらう。下卷も樂しみ。 ナイス. コメント(0)2016/06/19. Loading 読み込み中 …

https://bookmeter.com/books/297632  - 54k

伊藤東涯(いとうとうがい)の解説 - goo人名事典 - Goo辞書

伊藤東涯(いとうとうがい)の解説。[1670~1736]江戸中期の儒学者。京都の人。仁斎 の長子。名は長胤。父の学説を継承、大成させた。著「古学指要」「弁疑録」「操觚字訣 ( そうこじけつ) 」など。 - goo人名事典は15万件以上の人物データを収録しています。

https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E6%9D%B  - 51k

検索結果   1~10 件目/約  2,760  件