ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

ラヨシュ2世 - Wikipedia

ラヨシュ2世(II. Lajos, 1506年7月1日 - 1526年8月29日)は、ハンガリー王(在位: 1516年 - 1526年)、ボヘミア王(ルドヴィーク Ludvík Jagellonský, 在位:同じ)。 ヤゲウォ家のウラースロー2世(ヴラジスラフ)の子。母はウラースロー2世の3番目の 王妃アンナ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A8%E3%82%B7%E3  - 121k

ラヨシュ - Wikipedia

ラヨシュ(Lajos)は、ハンガリー系の男性名。ルートヴィヒ、ルイ、ルイス、ルイージ、 ルドヴィーコ、ルドヴィクなどに対応する。 ラヨシュ1世 - ハンガリー王およびポーランド王 。 ラヨシュ2世 - ハンガリー王およびボヘミア王。 以下の人名は姓・名が順不同である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A8%E3%82%B7%E3  - 40k

ラヨシュ2世 - Wikiwand

2019年8月29日 ... ラヨシュ2世(II. Lajos, 1506年7月1日 - 1526年8月29日)は、ハンガリー王(在位: 1516年 - 1526年)、ボヘミア王(ルドヴィーク Ludvík Jagellonský, 在位:同じ)。 ヤゲウォ家のウラースロー2世(ヴラジスラフ)の子。母はウラースロー2世の3 ...

https://www.wikiwand.com/ja/%E3%83%A9%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%8  - 153k

ラヨシュ2世(ラヨシュにせい)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ラヨシュ2世の用語解説 - [生]1506.7.1.[没] 1526.8.29. モハーチハンガリー王,ボヘミア王 (在位 1516~26) 。ヤギェウォ朝の ウラディスラフ2世ヤゲロウェツの子で,ルドウィク1世としてボヘミア王も兼ねた。 オスマン帝国 ...

https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%A8%E3%82%B7%E3%83%A  - 173k

モハーチの戦い - 世界史の窓

モハーチの戦いでベーメン・ハンガリー王のラヨシュ2世が戦死したため、その両国の 王位はラヨシュ2世の妻マリアの兄であるハプスブルク家のフェルディナント(神聖 ローマ帝国皇帝カール5世の弟)が継承した。 ハンガリー王国の大部分はオスマン帝国 の支配を ...

https://www.y-history.net/appendix/wh0803-025_1.html  - 9k

オーストリア=ハプスブルク家 - 世界史の窓

そのとき、ラヨシュ2世の妻がフェルディナントの妹であったので、フェルディナントは ベーメン(チェコ)・ハンガリー王を兼ねることとなった。 第一次ウィーン包囲 1529年、 オスマン帝国のスレイマン1世がウィーンを包囲(第1次)したときも、 ...

https://www.y-history.net/appendix/wh0904-038.html  - 31k

ラヨシュ2世とは - Weblio辞書

ラヨシュ2世とは? ラヨシュ2世(II. Lajos, 1506年7月1日 - 1526年8月29日)は、 ハンガリー王(在位:1516年 - 1526年)、ボヘミア王(ルドヴィーク Ludvík Jagellonský,. ..

https://www.weblio.jp/content/%E3%83%A9%E3%83%A8%E3%82%B7%E3  - 209k

あらすじ | 宮廷歴史ドラマ「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム ...

その頃、ラヨシュ2世はバチカンに救援を依頼。そして遠征に同行しようと考えた皇子 ムスタファは、こっそりと馬を走らせていた。イブラヒムの活躍でブダへの道が着実 ...

https://www.ch-ginga.jp/sp/feature/ottoman/season2/story/  - 85k

歴史時代劇「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン2

親友のマトラークチュがハンガリー王ラヨシュ2世の手紙の運び屋になっていたことを 知ったイブラヒムは、マトラークチュに残酷な命令をする。レオの一件で完全に敵対した イブラヒムとヒュッレムは、互いに対して宣戦布告。皇帝のお気に入りを自負する2人の 戦い ...

https://www.bs4.jp/ottoman2/story/index.html  - 13k

Zorac歴史サイト - 中欧三国志(1)

ボヘミア王オトカル2世(大王)は、男系の絶えたオーストリアを所有下に入れ、婚姻など でポーランドのかなりの部分、そしてハンガリーの ... ラヨシュ1世(大王)は、ナポリ王国 の王位も主張し、ハンガリー南部でも勢力を拡大し、大王と呼ばれたが、男子継承者が  ...

http://reasonable.sakura.ne.jp/history/bl/chuosangoku.html  - 32k

検索結果   1~10 件目/約  1,770  件