ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

トマスヤング - Wikipedia

トマスヤング(Thomas Young, 1773年6月13日 - 1829年5月10日)は、イギリスの 物理学者。 生涯[編集]. 14歳の頃から語学に才能をみせた。1792年にロンドンで医学の 勉強をし、1794年にエディンバラからゲッティンゲンへ移って、1796年に医学の学位を 得 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B9%E3  - 76k

トーマスヤング | オプティペディア - Produced by 光響

光の干渉性は非常に重要な性質であり、レーザーなどの様々な光学機器に利用されて いる。その性を質確認する実験方法は学校の授業でも広く紹介されているだろう。ヤング の実験である。 トーマスヤングはイギリスの物理学者である。30代頃には王立研究所  ...

https://optipedia.info/service/invention/thomas-young/  - 92k

トマスヤングとは - Weblio辞書

トマスヤングとは? トマスヤング(Thomas Young, 1773年6月13日 - 1829年5月10 日)は、イギリスの物理学者。脚注^ “Young; Thomas (1773 - 1829)” (英語)...

https://www.weblio.jp/content/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B9%E3  - 33k

「世界一ふしぎな実験」を腹落ちさせる2つの方法(竹内 薫) | ブルー ...

だが、まずは古典的なヤングの干渉実験から説明することとしよう。トーマスヤングは、 1805年に光を2つのスリット(縦長の切れ目)に当たるようにしたところ、2つのスリットを 通り過ぎた光が「干渉」を起こして、最終的に縞々模様になることを発見した。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59030  - 91k

物理の歴史(波動)

光が波動であることを実験で示したトーマスヤングは1811年、マリュスへの書簡で次の ように語っている(ヤングは光の微粒子説 ... ヤング、アラゴ、フレネルらが光の波動説の 研究を成し遂げた後に至っても、ブリュースターは波動説から離れることはなかった。

http://www15.wind.ne.jp/~Glauben_leben/Buturi/History3.htm  - 61k

トマスヤング THOMAS YOUNG - POLYMATH (ESPRIT ... - Gooブログ

2005年12月2日 ... ThomasYoung(13juin1773-10mai1829)"TheLastPersontoKnowEverything"10人 兄弟の末っ子として生れた彼は言語に長け、14歳でギリシャ語、ラテン語、フ...トマスヤングTHOMASYOUNG-POLYMATH(ESPRITUNIVERSEL)

https://blog.goo.ne.jp/paul-ailleurs/e/281bc795e71cb2e2be39f  - 89k

トマスヤングの実験と「光の波動性」 - 量子力学と意識の変容(宇宙と ...

2012年2月14日 ... ニュートンの『光学』に刺激を受けていたトマスヤングは、有名なヤングの実験をします 。これは、「光の波動性」を証明したものです。ニュートンは、本人の意図としては、「光は 、粒子性で成り立つ微粒子であり、同時に波の性質を持っている」と、 ...

https://blog.goo.ne.jp/quantum-mechanics/e/ce55ebb9f4233a622  - 84k

色と光の理論について - 金沢工業大学

トーマスヤング (1773-1829) ... ヤングもまた、多岐にわたる分野で業績を残した「万能 の人」のひとりでした。 ... ラヴォアジェの「化学要論」等多くの自然化学の主要著作に 親しんでいました。1793年、ヤングはセント・バーソロミュー病院で、続いて、エディンバラ  ...

http://www.kanazawa-it.ac.jp/dawn/180201.html  - 8k

トマス ヤングとは - コトバンク

367日誕生日大事典 - トマス ヤングの用語解説 - 生年月日:1773年6月13日イギリス の医師,物理学者,考古学者1829年没.

https://kotobank.jp/word/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B9%20%E3%8  - 169k

フォトン(光子)の二重性 | 光を学ぶ | Photonてらす - Photon terrace

イギリスの物理学者トマスヤングは、1807年に「ヤングの干渉実験」と呼ばれる実験 によって、光の波動性を主張しました。このヤングの干渉実験では、2つのスリット( ダブルスリット)を通過した光(波)が、強め合ったり、打ち消し合ったりして干渉縞が 現れること ...

http://photonterrace.net/ja/photon/duality/  - 37k

検索結果   1~10 件目/約  10,400  件