ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

木村荘十 - Wikipedia

木村 荘十(きむら そうじゅう、1897年1月12日 - 1967年5月6日)は東京府出身の作家 。 牛鍋チェーン店"いろは"経営者木村荘平の妾腹の十男として、東京市深川区(現在の 東京都江東区)の"いろは"第7支店に生まれる。4歳のとき実母が愛人と失踪したため、  ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E8%8D%98%E5  - 82k

木村荘十二 - Wikipedia

木村 荘十二(きむら そとじ、1903年9月4日 - 1988年8月10日)は東京府出身の映画 監督。 牛鍋チェーン店"いろは"経営者木村荘平の正妻の十二男として、東京市芝区 三田四国町(現在の東京都港区芝)の"いろは"本店に生まれる。幼くして父を亡くし、4歳 から ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E8%8D%98%E5  - 60k

木村荘十(キムラソウジュウ)とは - コトバンク

デジタル大辞泉 - 木村荘十の用語解説 - [1897~1967]小説家。東京の生まれ。洋画 家の木村荘八(しょうはち)は異母兄に当たる。満州で新聞記者、出版社の経営を経験し 、作家となる。正義感に満ちた大衆小説を執筆。「雲南守備兵」で直木賞受賞。

https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E8%8D%98%E5%8D%8  - 172k

木村荘十-直木賞受賞作家|直木賞のすべて

直木賞受賞作家・木村荘十(きむら・そうじゅう)の略歴や、候補作に対する選評の一部 などをまとめています。|生没年月日:明治30年/1897年1月12日~昭和42年/1967年 5月6日|受賞年齢:44歳6ヵ月|候補作:「南海の青雲」(昭和15年/1940年 短篇・約60  ...

http://prizesworld.com/naoki/jugun/jugun13KS.htm  - 27k

木村荘十二はどんな人?Weblio辞書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/15 05:53 UTC 版). 木村 荘十二(きむら そとじ、1903年9月4日 - 1988年8月10日)は東京府出身の映画監督。 [ 続きの解説]. 「木村荘十二」の続きの解説一覧. 1 木村荘十二とは; 2 木村荘十二の ...

https://www.weblio.jp/content/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E8%8D%98%E5  - 173k

木村荘十二 - 映画.com

木村荘十二の新作映画、写真、画像、動画、関連ニュースの情報。

https://eiga.com/person/26528/  - 48k

作家別作品リスト:木村 荘十

作家名:, 木村 荘十. 作家名読み:, きむら そうじゅう. ローマ字表記:, Kimura, Soju. 生年:, 1897-01-12. 没年:, 1967-05-06. 人物について:, wikipediaアイコン 「木村荘 」. [公開中の作品|作業中の作品]. 公開中の作品. 雲南守備兵 (新字新仮名、 ...

https://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1894.html  - 5k

木村荘十二 - 日本映画データベース

1930.11.14 百姓万歳 帝キネ; 1931.06.03 都会病患者 帝キネ; 1931.07.01 沈黙の愛 帝キネ; 1931.11.08 故郷 新興; 1932.02.27 陽気な食客 新興; 1932.07.14 笑ふ父 新興; 1933.06.01 河向ふの青春 音画芸術研究所; 1933.08.10 音楽喜劇 ほろよひ 人生 ...

http://www.jmdb.ne.jp/person/p0360330.htm  - 7k

木村荘十二とは - はてなキーワード - はてなダイアリー

木村荘十二」とは - 日本の映画監督。 有名な「木村兄弟」の一人。木村荘平の十二男 。 生年 1903年9月4日 没年 1988年8月10日 親戚 木村荘平?(父) 木村曙(異母姉) 作家 木村荘太?(異母兄)作家 木村荘八(異母...

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CC%DA%C2%BC%C1%F1%BD%BD%C6%F3  - 54k

中国引揚映画人特集 -幻灯と映画- | プログラム|神戸映画資料館

2016年9月4日 ... 旧満映日本人スタッフの一部は早期帰国したが、内田吐夢、木村荘十二の両監督ほか 残留を選んだ人々は、屋外での苛酷な肉体労働に動員される苦難の体験も経つつ、 中国の映画人と協同しつつ映画制作及び技術指導に取り組んだ。

http://kobe-eiga.net/program/2016/09/2476/  - 33k

検索結果   1~10 件目/約  740,000  件