ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「吉屋信子 鬼火」の関連サイト

鬼火・底のぬけた柄杓 (講談社文芸文庫) | 吉屋 信子, 川崎 賢子 |本 ...

Amazonで吉屋 信子, 川崎 賢子の鬼火・底のぬけた柄杓 (講談社文芸文庫)。 アマゾンならポイント還元本が多数。吉屋 信子, 川崎 賢子作品ほか、お急ぎ便 対象商品は当日お届けも可能。また鬼火・底のぬけた柄杓 (講談社文芸文庫)も アマゾン ...

https://www.amazon.co.jp/%E9%AC%BC%E7%81%AB%E3%83%BB%E5%BA%9  - 383k

鬼火/底のぬけた柄杓 - 吉屋信子作品集 - 楽天ブックス - 楽天市場

鬼火/底のぬけた柄杓 - 吉屋信子作品集 - 吉屋信子 - 本の購入は楽天ブックスで。 全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・ 感想も満載。

https://books.rakuten.co.jp/rb/1536383/  - 278k


鬼火 (吉屋信子) - Wikipedia

鬼火」(おにび)は、吉屋信子の短編小説。1951年(昭和26年)に執筆され、 吉屋はこの小説で同年の女流文学者賞を受賞した。1956年(昭和31年)には中央 公論社で単行本化され、同年には東宝で映画化された。現在は、講談社文芸文庫 『 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E7%81%AB_(%E5%90%89%  - 69k

鬼火・底のぬけた柄杓』|感想・レビュー - 読書メーター

吉屋 信子鬼火・底のぬけた柄杓』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む 感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿 された約21件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することも でき ...

https://bookmeter.com/books/491791  - 74k

鬼火』(吉屋信子著)を読んで – 実践文学の達人 - 実践英語の達人

2015年11月24日 ... 1916年、少女画報に連載された『花物語』が、女学生のバイブルといわれ、人気 作家となった吉屋信子。少女小説で大作家になったが、自らの作品が文芸評論家 から黙殺され、 痛憤を覚えていたとか。 この『鬼火』は、 ...

http://frankyoshida.com/experts-at-literature/?p=257  - 128k

〈女〉の在処を求めて ――吉屋信子鬼火」(1951)の ...

吉屋信子鬼火」(1951)のフェミニズム的再考. ヴューラー・シュテファン. 1 はじめに. 「少女小説」というジャンルの確立者である吉屋信子( )は、少. 女 小説の他に幻想小説、家庭小説、歴史小説、さらに俳句の領域まで様々な. 顔を もつ ...

http://subsite.icu.ac.jp/cgs/docs/wuerrer.pdf  - 0k

ぼうぼうと燃える絶望の火――吉屋信子鬼火」 : 心が食べる本の味

2008年2月2日 ... 鬼火」は、1955年「婦人公論」二月号に発表された小品。 紫苑の花の薄紫。 鬼火のように燃えるガスの炎の青紫。女の顔の青白さ。孤独と貧しさの極限に 生きる女の悲しみを、凄みある美しさで描いている。 講談社文芸 ...

http://blog.livedoor.jp/aotuka202/archives/51113548.html  - 108k

吉屋信子 隠れフェミニスト/鬼火・底のぬけた柄杓 - 乱読大魔王日記

2010年4月8日 ... 彼女自身の生き方は、まさにそうであるし、作品はその彼女の思いを、可能な かぎり多数の女性たちへ届けるための営為であった。 吉屋信子は、少数の女が百 メートル翔ぶよりも、多数の女たちが十センチ飛ぶことを望んだのだ ...

http://we23randoku.blog.fc2.com/blog-entry-1328.html  - 22k

鬼火 (吉屋信子)とは - Weblio辞書

鬼火 (吉屋信子)とは? 「鬼火」(おにび)は、吉屋信子の短編小説。1951年( 昭和26年)に執筆され、吉屋はこの小説で同年の女流文学者賞を受賞した。1956 年(昭和31年)には中央公論社で単行本化され、同年には東宝で映画化さ...

https://www.weblio.jp/content/%E9%AC%BC%E7%81%AB+%28%E5%90%8  - 157k

探偵小説三昧 吉屋信子鬼火・底のぬけた柄杓』(講談社文芸文庫)

2017年6月3日 ... 吉屋信子鬼火・底のぬけた柄杓』(講談社文芸文庫). ちくま文庫の「文豪怪談 傑作選」は“文豪”と謳われているとおり、その陣容は大御所クラスばかりである。 なので、さすがに初めて読む作家はほとんどいないのだ ...

http://chapcolo.blog97.fc2.com/blog-entry-2398.html  - 157k

検索結果   1~10 件目/約  971  件