ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

『増殖する俳句歳時記』検索: 吉屋信子

2019年6月9日 ... 吉屋信子俳句開眼は戦時中の鎌倉で、相当に熱心だったらしい。防空頭巾姿で例会 に出かけてみたら、警報の最中で誰も来なかったという「たった一人の句会」も体験して いる。「ホトトギス」雑詠欄巻頭を飾ったこともある。自費出版で句集を ...

http://www.longtail.co.jp/~fmmitaka/cgi-bin/g_disp.cgi?ids=1  - 22k

吉屋信子著『底のぬけた柄杓』―憂愁の俳人たち―より墨堤に消ゆ(富田 ...

作家の吉屋信子と俳人の富田木歩、世に知られた時期も異なるこの2人の名前は、私 の中ではどうしてもつながらないものであった。壮健で、 ... まず杉田久女の俳句に興味 をもったところから、彼女の才能に見合ったとはいえない半生をとらえる。「才能に見合わ  ...

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n218/n218  - 16k

吉屋信子(よしやのぶこ)はどんな人?Weblio辞書

現代俳句協会. 吉屋信子. 吉屋信子俳句. すすき原すすきに触れて月のぼる · まこと より嘘が愉しや春灯 · 初暦知らぬ月日は美しく · 書初は恋の場面となりにけり · 滑り台児 らがすべれば花吹雪 · 緑陰に自転車止め ...

https://www.weblio.jp/content/%E5%90%89%E5%B1%8B%E4%BF%A1%E5  - 190k

俳人杉田久女(考) ~吉屋信子の捏造~ (36) - 日々の暮らしに輝きを!

2016年1月7日 ... 久女は虚子の次女星野立子が主宰する『玉藻』創刊号に「御創刊を祝して」という祝賀文 を寄せています。その祝賀文は〈御創刊の玉藻が六月一日に出ます由。まだ婦人向の 俳誌というものは類例がない事でありますし、必ず全国的に異常な ...

https://blog.goo.ne.jp/lilas526/e/6b4e3e98cce07d950ad88b8a6f  - 65k

初暦知らぬ月日の美しく/深秋会

2008年1月9日 ... 俳句(過去分). 吉屋信子(1896~1973). 初暦(はつごよみ)が新年の季語。新暦、暦 開き、行事暦、花暦なども同意の季語です。 年が明けてその年の暦を使い始めることを 言います。 我が家では、居間、トイレ、和室、それぞれの部屋に ...

http://yasumasa.jp/2008/01/09/post_57.html  - 26k

初暦 の俳句 : 575筆まか勢

初暦 の俳句初暦例句を挙げる。ありありと童子山水初暦 斉藤夏風いざ見ばやはるばる 伊勢の初暦 西友とかくして二日となりぬ ... 初暦知らぬ月日の美しく 吉屋信子 初暦終の 日付をいつにせむ 小谷舜花 初暦胸中に齢重くなれり 花田哲行 初暦船長室のととの ...

https://fudemaka57.exblog.jp/26730250/  - 68k

吉屋信子 - 鎌倉大仏

吉屋信子. 明治29年~昭和48年 小説家。新潟県生まれ。少女小説「花物語」の連載の 傍ら、「地の果てまで」「海の極みまで」で文壇 ... 俳句誌「鶴」に宗有為子の名で投句をし ていましたが、長谷の近くに住んでいた俳人の星野の父、高浜虚子に師事し、熱心に「 ...

https://www.kotoku-in.jp/person3.html  - 27k

吉屋信子 - Wikipedia

吉屋 信子(よしや のぶこ、1896年(明治29年)1月12日- 1973年(昭和48年)7月11日) は、1920年代から1970年代前半にかけて活躍した、日本の小説家である。 目次. 1 経歴; 2 評価; 3 作品; 4 著書. 4.1 再話. 5 映像化作品; 6 評伝; 7 脚注; 8 参考文献 ...

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%B1%8B%E4%BF%A1%E5  - 98k

吉屋 信子(ヨシヤ ノブコ)とは - コトバンク

このほかの代表作に「女の友情」「未亡人」「良人の貞操」「安宅家の人々」「徳川の夫人 たち」「女人平家」やエッセイ「自伝的女流文壇史」、童話集「花物語」など著書多数。「 吉屋信子全集」(全12巻 朝日新聞社)がある。一方、戦時中に俳句を始め、宗有為子の 名 ...

https://kotobank.jp/word/%E5%90%89%E5%B1%8B%20%E4%BF%A1%E5%A  - 175k

吉屋信子 - ICU研究所・センター

吉屋信子「鬼火」(1951)のフェミニズム的再考. ヴューラー・シュテファン. 1 はじめに. 「 少女小説」というジャンルの確立者である吉屋信子( )は、少. 女小説の他に幻想小説、 家庭小説、歴史小説、さらに俳句の領域まで様々な. 顔をもつ作家である。 年代に入る  ...

http://subsite.icu.ac.jp/cgs/docs/wuerrer.pdf  - 0k

検索結果   1~10 件目/約  2,230  件