ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ
「原田康子 海霧」の関連サイト

海霧(上) (講談社文庫) | 原田 康子 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで原田 康子海霧(上) (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。 原田 康子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また海霧(上) (講談社 文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

https://www.amazon.co.jp/%E6%B5%B7%E9%9C%A7-%E4%B8%8A-%E8%AC  - 575k

原田康子―「挽歌」から「海霧」まで | 北海道文学館 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで北海道文学館の原田康子―「挽歌」から「海霧」まで。アマゾンならポイント 還元本が多数。北海道文学館作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また 原田康子―「挽歌」から「海霧」までもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

https://www.amazon.co.jp/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%BA%B7%E5%AD%9  - 535k


海霧(上)』(原田 康子):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部

幕末の佐賀に生まれた幸吉は、米問屋に奉公に出るが、「新しい時代の産物」石炭に 魅せられ、坑夫となってエゾ地へと渡る。広大な未開の地にあって、己の力と才覚で 新しい人生を切り開いていくのだった……。幕末から明治、昭和へと、激動の時代を ひたむき ...

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000203934  - 66k

海霧(上) 感想 原田 康子 - 読書メーター

海霧(上) (講談社文庫)の感想・レビュー一覧です。 ... 赤川 次郎,浅田 次郎,小川 洋子, 北方 謙三,小池 真理子,佐々木 譲,篠田 節子,志水 辰夫,高橋 克彦,野坂 昭如,原田 康子,氷室 冴子,山本 周五郎. 登録. 100. 満月 · 原田 康子. 登録. 69. サビタの記憶・ 廃園 ...

https://bookmeter.com/books/475532  - 39k

原田康子海霧」 - DTI

フミアキの伯母である原田康子(以下単に伯母さんと言うことにする)の新刊「海霧」( 2002年10月10日発行)が出て,出版社より著者謹呈本が届いたので,早速読んだ。 上下合わせて1000ページの大長編である。伯母さんの最近の小説としては,1999年に 刊行 ...

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~tmiyaji/umigiri.html  - 11k

原田康子 - Wikipedia

海霧』(2002年). 主な受賞歴, 女流文学者賞(1956年、1999年) 吉川英治文学賞( 2002年). デビュー作, 『サビタの記憶』. Portal.svg ウィキポータル 文学 · テンプレートを 表示. 原田 康子はらだ やすこ、1928年1月12日 - 2009年10月20日)は日本の小説 家である。本名は佐々木康子(旧姓:原田)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E5%BA%B7%E5  - 72k

海霧|2015年上演作品|劇団民藝公式サイト

劇団民藝2015年各地公演『海霧』の公演詳細。原作=原田康子、脚本=小池倫代、 演出=丹野郁弓、3~6月 中国・麻生・九演連|劇団民藝公式サイト.

http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2015tour_umigiri/  - 33k

原田康子著の『海霧』に「オソツナイ」という地名が出てくるが、これは現在 ...

角川日本地名大辞典』で「オソツナイ」を引くが該当はなし。 舞台となる地方の地名で、「 釧路市興津」があるため「興津」を引くと、古くは「ヲコツナイ、又ヲホツナイとも云へり」と の記述があった。 『釧路歴史散歩』p.221の「興津」の項目には、「旧名オコツナイ」と ...

http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=10001  - 27k

挽歌(原田康子著) | 北海道マガジン「カイ」

この街を舞台に原田康子の小説『挽歌』は生まれた。800枚の長編小説は、1955(昭和 30)年6月から翌1956(昭和31)年7月まで ... 海霧の影響を受けて暗い印象だった釧路 を『挽歌』は怜子と桂木との物語にふさわしく「霧にむせぶロマンの街」に変貌させた。

http://kai-hokkaido.com/novel002/  - 24k

原田康子 | 著者プロフィール | 新潮社

原田康子のプロフィール:(1928-2009)東京生れ。 ... ていた『挽歌』が「群像」編集長の 目にとまり、翌年に出版されて70万部のベストセラーとなり、女流文学賞も受賞する。 1999年『蝋涙』で再び女流文学賞を、2003年『海霧』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞 。

https://www.shinchosha.co.jp/sp/writer/2575/  - 26k

検索結果   1~10 件目/約  861  件