ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

1966年

1966年

他の紀年法

  • 干支:丙午
  • 日本(月日は一致)
    • 昭和41年
    • 皇紀2626年
  • 中華民国(月日は一致)
    • 中華民国暦55年
  • 韓国朝鮮(月日は一致)
    • 檀紀4299年
    • 主体55年
  • 仏滅紀元 : 2508年-2509年
  • イスラム暦 : 1385年9月9日 - 1386年9月18日
  • ユダヤ暦 : 5726年4月9日 - 5727年4月18日
  • 修正ユリウス日(MJD) : 39126 - 39490
  • リリウス日(LD) : 139967 - 140331

できごと

  • 1月1日 - 日本人の海外観光渡航の回数制限が撤廃され、持ち出す事の出来る外貨も1回500USドルとなる。
  • 1月9日 - 神奈川県川崎市川崎駅前にて金井ビル火災が発生。
  • 1月15日 - 福島県常磐市(現いわき市)に、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾート・ハワイアンズ)が開業
  • 1月17日 - 水素爆弾を搭載したアメリカのB-52爆撃機スペインのパロマレス沖でKC-135空中給油機と衝突、水爆を搭載したまま墜落(パロマレス米軍機墜落事故)。
  • 1月20日 - 東京オリンピック選手村跡地に国立オリンピック記念青少年総合センター開設。
  • 1月21日 - 日ソ航空協定締結。
  • 2月3日 - ソ連無人月探査機ルナ9号が初の月面軟着陸に成功。
  • 2月4日 - 全日空機が東京湾に墜落。(全日空羽田沖墜落事故
  • 3月4日 - カナダ太平洋航空402便着陸失敗事故
  • 3月5日 - 英国海外航空機空中分解事故、乗員乗客124名全員が犠牲になる。
  • 3月31日 - 日本の総人口一億人突破
  • 4月1日 - 日本でメートル法完全施行。尺貫法ヤード・ポンド法などの公的な使用が禁止される。
  • 4月1日 - 東急田園都市線溝の口駅長津田駅間が開業。二子玉川駅二子新地駅間専用橋開通(それまでは二子橋上の単線併用軌道)
  • 4月7日 - 日産自動車サニーを発売。
  • 4月9日 - 京葉道路全線開通。
  • 4月26日 - 日本で戦後最大の公共交通機関ストライキ
  • 5月18日 - 文部省、大学への推薦入学制度採用を決定
  • 5月21日 - 国立京都国際会館開館
  • 6月25日 - 祝日法改正、建国記念の日敬老の日体育の日が新たに祝日に制定される。
  • 6月29日 - ビートルズ来日(6月30日から3日間日本武道館で公演)。
  • 7月1日 - 日本航空全日空スカイメイト制度導入。
  • 7月1日 - フランスNATO軍から脱退。
  • 7月11日 - 第52臨時国会召集(7月30日閉会)。
  • 7月13日 - 東京都教育委員会が次年度の都立高校入試から学校群制度導入を決定。
  • 7月27日 - 巨人の新人・堀内恒夫投手が開幕から13連勝
  • 8月1日 - 日産自動車がプリンス自動車工業を吸収合併。
  • 8月6日 - 横田正俊が第4代最高裁判所長官に就任。
  • 8月6日 - 女子バレーボールニチボー貝塚の連勝記録が258でストップ。
  • 8月20日 - 日本国有鉄道上越線新清水トンネル貫通。
  • 8月22日 - 伊藤園設立。
  • 8月26日 - 日本航空訓練機墜落事故
  • 9月23日 - 巨人が2年連続のセ・リーグ優勝(V2)決める。川上哲治監督は就任後初めての連覇。
  • 9月30日 - ボツワナ独立。
  • 10月頃 - トヨタ自動車工業カローラを発表(11月に発売)。
  • 11月1日 - 国立劇場開場式。
  • 11月13日 - 全日空機が松山沖に墜落
  • 12月3日 - 第53臨時国会召集(12月20日閉会)。第1次佐藤第3次改造内閣発足。
  • 12月21日 - 議長選挙汚職に伴う茨城県議会自主解散(茨城県議会黒い霧解散)。
  • 12月27日 - 第54国会召集、衆議院解散黒い霧解散)。
  • 丙午(ひのえうま) - この年の出生数は約136万人。前年に比べて大きく落ち込んだ。

芸術・文化・ファッション

  • 1966年の文学
    • 芥川賞
      • 第55回(1966年上半期) - 該当作品なし
      • 第56回(1966年下半期) - 丸山健二 『夏の流れ』
    • 直木賞
      • 第55回(1966年上半期) - 立原正秋『白い罌粟』
      • 第56回(1966年下半期) - 五木寛之『蒼ざめた馬を見よ』
    • ベストセラー
      • 三浦綾子氷点
      • 阿川弘之山本五十六
      • 野末陳平『ヘンな本』
      • 週刊プレイボーイ創刊(集英社
  • 1966年のスポーツ
    • 大相撲(幕内最高優勝)
      • 初場所 柏戸剛
      • 春場所 大鵬幸喜
      • 夏場所 大鵬幸喜
      • 名古屋場所 大鵬幸喜
      • 秋場所 大鵬幸喜
      • 九州場所 大鵬幸喜
    • プロ野球
      • セ・リーグ優勝 読売ジャイアンツ
      • パ・リーグ優勝 南海ホークス
      • 日本シリーズ優勝 読売ジャイアンツ(4勝2敗)
  • 1966年の音楽
    • ビートルズ、6月29日に来日(-7月3日)。6月30日・7月1日/2日、日本武道館にて公演。
    • ジョン・コルトレーン、7月8日に来日(-7月24日)。東京都、大阪市、広島市、長崎市、福岡市、京都市、神戸市、静岡市、名古屋市で公演。
  • 1966年のヒット曲
    • 君といつまでも加山雄三)、バラが咲いた(マイク真木)、霧氷(橋幸夫
    • 悲しい酒(美空ひばり)、骨まで愛して(城卓矢)、柳ヶ瀬ブルース(美川憲一
    • 星影のワルツ(千昌夫)、唐獅子牡丹(高倉健)、星のフラメンコ(西郷輝彦
    • 霧の摩周湖(布施明)、こまっちゃうナ(山本リンダ)、いっぽんどっこの唄(水前寺清子
    • 今日の日はさようなら森山良子)、いい湯だなデューク・エイセス
    • 若いってすばらしい槇みちる)、信じていたい西田佐知子
    • いつまでもいつまでも(ザ・サベージ)、夕陽が泣いている(ザ・スパイダース)、若者たち(ザ・ブロード・サイド・フォー)、想い出の渚(ザ・ワイルド・ワンズ
  • 1966年の映画
    • サイボーグ009
    • ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘
    • 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン
  • 1966年のテレビ
    • ウルトラQ
    • 大河ドラマ 「源義経」(出演:尾上菊之助 (4代目)緒形拳
    • 銭形平次
    • おはなはん
    • 笑点
    • 奥さまは魔女
    • ウルトラマン
    • マグマ大使
    • サンダーバード
    • 日曜洋画劇場
    • 10月9日 - 「日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行」(日本テレビ系)放映開始(1990年9月16日放映終了)
  • 1966年のアニメ
    • 2月5日 おそ松くん放映開始
    • 4月23日 レインボー戦隊ロビン放映開始
    • 5月2日 海賊王子放映開始
    • 5月5日 ハリスの旋風放映開始
    • 6月3日 遊星仮面放映開始
    • 7月1日 ものしり大学 明日のカレンダー放映開始
    • 10月4日 ロボタン放映開始
    • 10月6日 がんばれ!マリンキッド(海底少年マリン参照)放映開始
    • 11月14日 とびだせ!バッチリ放映開始
    • 12月5日 魔法使いサリー放映開始
  • 1966年の漫画
    • 巨人の星」、週刊少年マガジンで連載開始

誕生

1月

  • 1月1日 - 北勝鬨準人、元大相撲力士、現・勝ノ浦親方
  • 1月4日 - 上福元勤、元プロ野球選手(+ 2007年
  • 1月5日 - 天野由梨声優
  • 1月5日 - 鬼雷砲良蔵、元大相撲力士
  • 1月9日 - 向島建、元サッカー選手
  • 1月10日 - 財前直見女優
  • 1月16日 - ジャック・マクダウエル、元メジャーリーガー
  • 1月17日 - 森川ジョージ漫画家
  • 1月17日 - 小島伸幸、元サッカー選手
  • 1月18日 - 宮沢和史ミュージシャンTHE BOOM
  • 1月19日 - ステファン・エドベリ、プロテニス選手
  • 1月26日 - 長嶋一茂スポーツキャスター
  • 1月27日 - 三田寛子、女優
  • 1月27日 - 呉俊宏、元プロ野球選手
  • 1月29日 - 平塚克洋、元プロ野球選手
  • 1月29日 - ロマーリオ、元サッカー選手
  • 1月31日 - 石黒賢俳優
  • 1月31日 - 星野伸之、元プロ野球選手、野球解説者・コーチ

2月

  • 2月2日 - 琴冠佑源正、元大相撲力士
  • 2月4日 - 小泉今日子歌手・女優
  • 2月5日 - 川上麻衣子、女優
  • 2月6日 - 大槻ケンヂロックミュージシャン(筋肉少女帯
  • 2月6日 - リック・アストリー、歌手
  • 2月7日 - 田島昭宇、漫画家
  • 2月8日 - フリスト・ストイチコフ、元サッカー選手
  • 2月9日 - うるし原智志、アニメーター・漫画家
  • 2月11日 - 依田紀基棋士
  • 2月15日 - 山内嘉弘、元プロ野球選手
  • 2月19日 - 薬丸裕英タレント(元シブがき隊
  • 2月20日 - 春日富士晃大、元大相撲力士、現・春日山親方
  • 2月24日 - 森谷雄、ドラマ・映画プロデューサー
  • 2月26日 - 秋村謙宏、元プロ野球選手

3月

  • 3月1日 - 鈴木千賀之、映像作家・写真家
  • 3月8日 - 若翔洋俊一総合格闘家、元大相撲力士・関脇
  • 3月11日 - 鈴木研一、歌手
  • 3月12日 - 神崎ゆう子、女優・歌手
  • 3月13日 - 今田耕司お笑いタレント
  • 3月15日 - 武内直子、漫画家
  • 3月17日 - 加茂川重治、元プロ野球選手
  • 3月22日 - 渡辺伸彦、元プロ野球選手
  • 3月23日 - 大沢逸美、女優
  • 3月25日 - 堀部圭亮、タレント・放送作家
  • 3月25日 - 宮川一朗太、俳優
  • 3月25日 - トム・グラビンメジャーリーガー
  • 3月27日 - 梅澤春人、漫画家
  • 3月30日 - 村上里佳子、タレント
  • 3月30日 - テリー・ブロス、元プロ野球選手

4月

  • 4月2日 - 鋤柄昌宏、元サッカー選手
  • 4月2日 - 坂本ちゃん、タレント
  • 4月3日 - 冨永みーな、声優
  • 4月5日 - 二世野村萬斎狂言師
  • 4月6日 - 大塚義樹、元プロ野球選手
  • 4月7日 - 木村幹国際政治学者
  • 4月8日 - 松本明子、タレント
  • 4月8日 - 西清孝、元プロ野球選手
  • 4月9日 - マリオ・ブリトー、元プロ野球選手
  • 4月10日 - 大西幸喜、加速器物理学者
  • 4月11日 - 一条和矢、声優
  • 4月11日 - 中村容子、歌手
  • 4月12日 - 広瀬香美シンガーソングライター
  • 4月14日 - グレッグ・マダックスメジャーリーガー
  • 4月14日 - ボイ・ロドリゲス、元プロ野球選手
  • 4月17日 - 立川俊之ミュージシャン、元大事MANブラザーズバンド
  • 4月20日 - 乱橋幸仁、元プロ野球選手
  • 4月21日 - クリス・ドネルス、元プロ野球選手
  • 4月22日 - 前進山良太、元大相撲力士、若者頭
  • 4月22日 - 若林弘泰、元プロ野球選手
  • 4月23日 - 増子直純、怒髪天、ミュージシャン
  • 4月25日 - 豊田順子アナウンサー
  • 4月26日 - 杉浦幸二、元プロ野球選手
  • 4月27日 - 冨樫義博、漫画家
  • 4月27日 - エリック・ヒルマン、元プロ野球選手

5月

  • 5月5日 - ジョン・健・ヌッツォ声楽家
  • 5月7日 - 中島唱子、女優
  • 5月7日 - 佐藤あつし、ミュージシャン、元Darlin's Darlin',STAGGER,HΛL
  • 5月10日 - 田代尚子、アナウンサー
  • 5月10日 - ひうらさとる、漫画家
  • 5月11日 - 田辺徳雄、元プロ野球選手
  • 5月12日 - デボラ・カーラ・アンガー、女優
  • 5月15日 - 葉室太郎、元プロ野球選手
  • 5月16日 - ジャネット・ジャクソン、歌手
  • 5月19日 - 山崎慎太郎、元プロ野球選手
  • 5月19日 - 松浦宏明、元プロ野球選手
  • 5月20日 - 益子直美、元バレーボール選手・スポーツコメンテーター
  • 5月24日 - ジェフ・リブジー、元メジャーリーガー
  • 5月24日 - エリック・カントナ、元サッカー選手
  • 5月30日 - 松本玲二TUBEドラマー
  • 5月31日 - 白井孝幸、元プロ野球選手

6月

  • 6月3日 - 須貝尚介騎手
  • 6月4日 - チェチーリア・バルトリメゾソプラノ歌手
  • 6月8日 - 森尾由美、タレント
  • 6月12日 - 宮本浩次、ミュージシャン(エレファントカシマシ
  • 6月12日 - 藤本健治、元プロ野球選手
  • 6月13日 - スコット・クールボー、元プロ野球選手
  • 6月18日 - サンディー・アロマー・ジュニア、元メジャーリーガー
  • 6月19日 - セリア、歌手
  • 6月22日 - 斉藤和義シンガーソングライター
  • 6月24日 - 山口重幸、元プロ野球選手
  • 6月26日 - 山本スーザン久美子、元アイドル
  • 6月27日 - いちはらゆみ、声優
  • 6月27日 - 嶋田章弘、元プロ野球選手
  • 6月28日 - 中村あゆみ、歌手
  • 6月28日 - 田島裕和、騎手
  • 6月29日 - パパイヤ鈴木、ダンサー・タレント
  • 6月29日 - 神尾葉子、漫画家
  • 6月30日 - マイク・タイソンプロボクサー

7月

  • 7月5日 - 江本晃一、元プロ野球選手
  • 7月7日 - 大翔山直樹、元大相撲力士、追手風親方
  • 7月11日 - 柳田浩一、元プロ野球選手
  • 7月12日 - 渡辺美里、ミュージシャン・歌手
  • 7月12日 - TAIJI、元Xベーシスト
  • 7月12日 - 井上真二、元プロ野球選手
  • 7月13日 - 石川秀美、元歌手
  • 7月15日 - 永瀬正敏、俳優
  • 7月16日 - 玉海力剛総合格闘家、元大相撲力士
  • 7月23日 - 岩戸孝樹、元騎手、調教師
  • 7月24日 - 植草克秀、歌手、タレント(少年隊
  • 7月25日 - 原田明広、元プロ野球選手
  • 7月27日 - 川畑泰博、元プロ野球選手
  • 7月28日 - スガシカオ、ミュージシャン
  • 7月30日 - 柴田善臣、騎手
  • 7月30日 - 熊沢秀浩、元プロ野球選手

8月

  • 8月2日 - ティム・ウェイクフィールドメジャーリーガー
  • 8月2日 - 白井正勝、元プロ野球選手
  • 8月3日 - 石橋文雄、元プロ野球選手
  • 8月4日 - 吉田友紀、俳優
  • 8月4日 - 佐々木健介プロレスラー
  • 8月5日 - 森口瑶子、女優
  • 8月6日 - ジミー・ウェールズウィキペディア創始者
  • 8月12日 - デビット伊東、タレント(B21スペシャル
  • 8月13日 - 春一番、お笑いタレント
  • 8月14日 - 鈴木保奈美、元女優
  • 8月14日 - ハル・ベリー、女優
  • 8月15日 - シャーリー・カーン、歌手
  • 8月17日 - 芳野日向子、声優
  • 8月20日 - ダイムバッグ・ダレル、ミュージシャン(元パンテラ、元ダメージプラン)(+ 2004年
  • 8月20日 - 松井隆昌、元プロ野球選手
  • 8月22日 - 石田文樹、元プロ野球選手(+ 2008年
  • 8月25日 - アルバート・ベル、元メジャーリーガー
  • 8月27日 - 内池秀和、作曲家、プロデューサー
  • 8月28日 - 高橋洋子、歌手
  • 8月28日 - 中根仁、元プロ野球選手
  • 8月30日 - 小谷実可子シンクロナイズドスイミング選手・スポーツコメンテーター
  • 8月30日 - 村口史子、プロゴルフ選手
  • 8月30日 - 木内孝胤投資銀行家政治活動家
  • 8月31日 - ながとしやすなり、漫画家

9月

  • 9月1日 - 上澤津孝、歌手(元MAGIC、現wface)
  • 9月2日 - 早見優、タレント・歌手
  • 9月4日 - 宍戸開、俳優
  • 9月4日 - 吉田豊彦、元プロ野球選手
  • 9月4日 - 木下文信、元プロ野球選手
  • 9月5日 - 中村あずさ、元女優・タレント
  • 9月8日 - 田中ユタカ、漫画家
  • 9月8日 - シャーリー・クランプ、歌手
  • 9月10日 - 斉藤由貴、女優、歌手
  • 9月11日 - 文仁親王妃紀子皇族日本赤十字社名誉副総裁
  • 9月15日 - 酒井順子エッセイスト
  • 9月15日 - 彦摩呂、タレント
  • 9月18日 - 奥瀬サキ、漫画家
  • 9月19日 - 高山善廣、プロレスラー
  • 9月19日 - 野村謙二郎、元プロ野球選手
  • 9月19日 - オレウデ・ホセ・リベイロ、元サッカー選手
  • 9月20日 - ヌーノ・ベッテンコート、ミュージシャン(元エクストリーム)
  • 9月24日 - 定詰雅彦、元プロ野球選手
  • 9月27日 - 四條稔、元プロ野球選手
  • 9月30日 - 東山紀之、歌手、タレント(少年隊)

10月

  • 10月1日 - ジョージ・ウェア、元サッカー選手
  • 10月6日 - 二宮正己、元プロ野球選手
  • 10月7日 - タナカカツキ、マンガ家
  • 10月7日 - 神山一義、元プロ野球選手
  • 10月8日 - 吉井和哉、ミュージシャン(元THE YELLOW MONKEY
  • 10月8日 - 湯舟敏郎、元プロ野球選手、プロ野球解説者
  • 10月9日 - 斉藤レイ、女優
  • 10月11日 - 笘篠賢治、元プロ野球選手
  • 10月13日 - 沖浦啓之アニメーター・アニメーション監督 (元アニメアール
  • 10月18日 - 藤岡寛生、元プロ野球選手
  • 10月18日 - ジェロード・スワローフィギュアスケート選手
  • 10月18日 - 御船英之、元プロ野球選手
  • 10月19日 - 加納朋子推理作家
  • 10月20日 - ジョナサン・ハースト、元プロ野球選手
  • 10月20日 - 公文裕明、元サッカー選手
  • 10月23日 - アレッサンドロ・ザナルディレーシングドライバー
  • 10月23日 - 石橋守騎手
  • 10月24日 - ロマン・アブラモヴィッチ、資産家、チェルシーFCオーナー
  • 10月26日 - 船守さちこ、フリーアナウンサー
  • 10月27日 - 高嶋政伸、俳優
  • 10月28日 - 久保田洋司、ミュージシャン・作詞家
  • 10月31日 - 林満明、騎手

11月

  • 11月1日 - 山口貴由、漫画家
  • 11月6日 - 荒木香恵、声優
  • 11月8日 - 平井光親、元プロ野球選手
  • 11月8日 - 古賀豪紀、元プロ野球選手
  • 11月11日 - 旭純、ミュージシャン
  • 11月13日 - 見栄晴、タレント
  • 11月13日 - ポール・ギルバート、ミュージシャン(元レーサーX、元MR.BIG
  • 11月14日 - 白沢みきジャーナリスト
  • 11月14日 - カート・シリング、メジャーリーガー
  • 11月17日 - ソフィー・マルソー、女優
  • 11月17日 - 大若松好弘、元大相撲力士
  • 11月23日 - 大道寺俊典スタントマンスーツアクター殺陣師
  • 11月26日 - ただのいっこ、俳優
  • 11月28日 - 吉田剛、元プロ野球選手
  • 11月28日 - 安田成美、女優
  • 11月29日 - 吉田修司、元プロ野球選手

12月

  • 12月1日 - 池田政典俳優声優歌手
  • 12月1日 - ラリー・ウォーカー、元メジャーリーガー
  • 12月4日 - 永井真理子、ミュージシャン・歌手
  • 12月6日 - 中尾秀正調教師
  • 12月7日 - 伊藤かずえ、女優
  • 12月7日 - 伊藤真一、オートバイレーサー
  • 12月9日 - 勝恵子ニュースキャスター
  • 12月10日 - 田中雅彦 (バドミントン選手)
  • 12月12日 - 永野広一、声優
  • 12月16日- アベフトシ、ミュージシャン・ギタリスト(元thee michelle gun elephant、現KOOLOGI
  • 12月17日 - 有森裕子マラソン選手
  • 12月17日 - 本村健太郎、俳優・弁護士
  • 12月18日 - 江角マキコ、女優
  • 12月20日 - 冬馬由美、声優
  • 12月21日 - キーファー・サザーランド俳優
  • 12月22日 - 国生さゆり、女優・タレント(元おニャン子クラブ
  • 12月22日 - 森田まさのり、漫画家
  • 12月26日 - 西炯子、漫画家
  • 12月27日 - 福田正博、元サッカー選手
  • 12月28日 - 高井麻巳子、元歌手・タレント(元おニャン子クラブ)
  • 12月28日 - トータス松本、ミュージシャン(ウルフルズ
  • 12月29日 - ルイス・サントス、元プロ野球選手

誕生日不明

  • 石原延啓画家東京都知事石原慎太郎の四男
  • 山中登志子買ってはいけない』(金曜日)の編集者

死去

  • 1月1日 - ヴァンサン・オリオールフランス大統領(* 1884年
  • 1月11日 - ハンネス・コーレマイネン陸上競技選手(* 1889年
  • 1月11日 - アルベルト・ジャコメッティ彫刻家(* 1901年
  • 1月14日 - セルゲイ・コロリョフロケット開発指導者(* 1906年
  • 1月14日 - ビル・カー、陸上競技選手(* 1909年
  • 2月1日 - バスター・キートン喜劇俳優(* 1895年
  • 2月13日 - マルグリット・ロンピアニスト(* 1874年
  • 2月20日 - チェスター・ニミッツアメリカ海軍元帥(* 1885年
  • 3月5日 - アンナ・アフマートヴァ詩人(* 1889年)
  • 3月10日 - フリッツ・ゼルニケ物理学者(* 1888年
  • 3月30日 - マックスフィールド・パリッシュ画家イラストレーター(* 1870年
  • 3月30日 - イェリー・ダラーニヴァイオリニスト(* 1893年)
  • 4月2日 - セシル・スコット・フォレスター小説家(* 1899年
  • 4月3日 - ジョバンニ・バッティスタ・ファリーナ、自動車デザイナーピニンファリーナ創始者(* 1893年
  • 4月10日 - イーヴリン・ウォー、小説家(* 1903年
  • 4月15日 - マクシミリアーノ・エルナンデス・マルティネスエルサルバドル大統領(* 1882年
  • 4月23日 - 桜沢如一マクロビオティック提唱者(* 1893年)
  • 5月11日 - 小泉信三経済学者(* 1888年
  • 5月11日 - 熊沢寛道、自称・南朝の末裔、日本の皇位請求者(* 1889年)
  • 5月23日 - デムチュクドンロブ蒙古聯合自治政府主席(* 1902年
  • 6月2日 - 宮沢胤勇政治家(* 1887年
  • 6月7日 - 安倍能成、教育家・哲学者(* 1883年
  • 6月7日 - ジャン・アルプ、彫刻家・画家・詩人(* 1886年
  • 6月12日 - ヘルマン・シェルヘン指揮者作曲家(* 1891年
  • 6月13日 - 山田守建築家(* 1894年
  • 6月24日 - 長谷川繁雄、元プロ野球選手(* 1932年
  • 6月30日 - ジュゼッペ・ファリーナF1レーサー(* 1906年
  • 7月5日 - ゲオルク・ド・ヘヴェシー化学者(* 1885年)
  • 7月12日 - 鈴木大拙、禅僧・哲学者(* 1870年
  • 7月23日 - モンゴメリー・クリフト俳優(* 1920年
  • 7月29日 - ジョン・レモン論理学者(* 1930年
  • 7月31日 - バド・パウエルジャズピアニスト(* 1924年
  • 8月6日 - コードウェイナー・スミス、小説家(* 1913年
  • 9月1日 - 森弘太郎、元プロ野球選手(* 1915年
  • 9月6日 - マーガレット・サンガー産児制限運動家(* 1879年
  • 9月17日 - フリッツ・ヴンダーリヒテノール歌手(* 1930年
  • 9月28日 - アンドレ・ブルトン、詩人(* 1896年
  • 10月7日 - スマイリー・ルイスR&B歌手(* 1913年
  • 10月8日 - セレスティン・フレネ、教育家(* 1896年)
  • 10月17日 - ヴィーラント・ワーグナー演出家(* 1917年
  • 10月17日 - クレオ・ド・メロードバレリーナ(* 1875年
  • 10月18日 - エリザベス・アーデン実業家(* 1878年
  • 11月2日 - ピーター・デバイ化学者(* 1884年
  • 11月2日 - ミシシッピ・ジョン・ハートブルース歌手・ギタリスト(* 1892年
  • 11月11日 - 加藤顕清、彫刻家(* 1894年
  • 11月14日 - 亀井勝一郎評論家(* 1907年
  • 11月14日 - 吉田善吾、海軍軍人(* 1885年)
  • 11月15日 - ウィリアム・ゾラック彫刻家(* 1887年
  • 11月28日 - ヴィットリオ・ジャンニーニ、作曲家(* 1903年
  • 12月15日 - ウォルト・ディズニーミッキー・マウス作者(* 1901年)
  • 12月26日 - ギジェルモ・スタービレ、サッカー選手(* 1906年
  • 12月27日 - アーネスト・バージェス都市社会学者(* 1886年

ノーベル賞

  • 物理学賞 - アルフレッド・カストレルフランス
  • 化学賞 - ロバート・マリケンアメリカ
  • 生理学・医学賞 - チャールズ・ブレントン・ハギンズ(アメリカ)、ペイトン・ラウス(アメリカ)
  • 文学賞 - シュムエル・アグノンイスラエル)、ネリー・ザックススウェーデン
  • 平和賞 - 受賞者なし

フィクションでのできごと

  • 地球に初めて怪獣が出現。怪獣頻出期の到来。(『ウルトラQ』)
  • サンダガイラ東京で戦う(『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』)
  • 南海の孤島でゴジラエビラが戦う(『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』)
  • ウルトラマンが来訪。数々の怪獣や宇宙人と戦い、地球の平和を守るために活躍した。(『ウルトラマン』)
  • ガメラとバルゴンが大阪並びに琵琶湖で激突。(『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』)
  • 改造実験帝国メスのエイリアンハンターにジン・ダイ・ブン・サラ・ルーが誘拐される(『超新星フラッシュマン』)
  • ゴジラが茨城県東海村原子力発電所を破壊。その後、日本政府は原発の開発を断念(『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』)
  • 政府が第4の自衛隊として、「対特殊生物自衛隊(特生自衛隊)」を組織する(『ゴジラ×メカゴジラ』)
  • フランク・イェーガーとビッグボスがモザンビークで出会う(『メタルギアソリッド』)
*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1966年の日本公開映画

1966年の日本公開映画
1966年の日本公開映画として、1966年(昭和41年)1月1日から1966年12月31日までに日本で公開された映画は以下の通り(一般劇場公開のみ。映画祭のみの上映などイベント上映を除く)。

1月公開作品

2月公開作品

  • キャット・バルー

3月公開作品

4月公開作品

  • 奇巌城の冒険(日本)
  • 17日
    • 大魔神

5月公開作品

6月公開作品

  • ドクトル・ジバゴ

7月公開作品

  • 動く標的
  • 21日
    • サイボーグ009
  • 31日
    • フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

8月公開作品

  • 13日
    • 大魔神怒る

9月公開作品

10月公開作品

  • 天地創造
  • 引き裂かれたカーテン
  • 男と女

11月公開作品

  • おしゃれ泥棒

12月公開作品

  • パリは燃えているか
  • プロフェッショナル
  • 10
    • 大魔神逆襲
  • 17日
    • ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘

関連項目

  • 映画史
    • 1965年の映画1966年の映画1967年の映画
  • 年度別日本公開映画
    • 1965年の日本公開映画1967年の日本公開映画
*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1966年のスポーツ

1966年のスポーツ

できごと

  • 2月10日 - オリンピック記念青少年総合センター開館
  • 4月11日 - ゴルフジャック・ニクラスが、マスターズで史上初の2連覇
  • 4月16日 - 国立競技場トレーニングセンター開設
  • 4月16日 - 日本キャンプ協会設立
  • 4月19日 - ボストンマラソン君原健二優勝、4位までを日本人選手が独占
  • 4月26日 - 1972年冬季オリンピックの開催地が札幌に決定
  • 5月14日21日 - 第4回ユーバー杯女子バドミントンで、日本チームが初参加で初優勝
  • 6月25日 - 祝日法が改正され、敬老の日体育の日祝日になる
  • 6月26日 - 日本初のオリエンテーリング大会開催
  • 7月9日 - ゴルフジャック・ニクラス4大大会制覇
  • 7月11日 - 第1回全日本サーフィン大会開催
  • 7月27日 - 読売ジャイアンツ堀内恒夫、開幕13連勝の日本タイ記録
  • 8月6日 - ニチボー貝塚世界バレー代表選考会でヤシカに敗れ、連勝記録258でストップ
  • 8月24日 - 第48回全国高等学校野球選手権大会で中京商業が史上2校目の春夏連続制覇
  • 10月10日 - 第1回体育の日
  • 11月19日 - 大相撲栃ノ海晃嘉引退
  • 11月27日 - 第1回国際マラソン選手権開催

総合競技大会

  • 第4回冬季ユニバーシアードイタリアトリノ他・2月5日13日) - 日本の獲得メダル:金3、銀2、銅2
  • 第1回アジア新興国競技大会(Asian-GANEFO, カンボジアプノンペン11月25日12月6日
  • 第5回アジア競技大会タイバンコク12月9日20日) - 日本の獲得メダル:金78、銀53、銅33
  • 第21回剛健国体(冬季スケート - 岩手県1月27日30日、冬季スキー - 北海道2月19日23日、夏季 - 大分県9月18日21日、秋季 - 大分県10月23日28日
  • :天皇杯順位:優勝大分県、第2位東京都、第3位大阪府
  • :皇后杯順位:優勝東京都、第2位大阪府、第3位愛知県

アイスホッケー

  • スタンレーカップ決勝(1965-1966シーズン)
  • :モントリオール・カナディアンズ (4勝2敗) デトロイト・レッドウィングス

大相撲

  • 一月場所(蔵前国技館・16日~30日)
  • : 幕内最高優勝 : 柏戸剛(14勝1敗,4回目)
  • : 十両優勝 : 東錦栄三郎(11勝4敗)
  • 三月場所(大阪府立体育会館・12日~26日)
  • : 幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,19回目)
  • : 十両優勝 : 君錦利正(13勝2敗)
  • 五月場所(蔵前国技館・15日~29日)
  • : 幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗,20回目)
  • : 十両優勝 : 大心昇(12勝3敗)
  • 七月場所(愛知県体育館・3日~17日)
  • : 幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗,21回目)
  • : 十両優勝 : 前の山和一(12勝3敗)
  • 九月場所(蔵前国技館・11日~25日)
  • : 幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,22回目)
  • : 十両優勝 : 大文字研二(12勝3敗)
  • 十一月場所(福岡スポーツセンター・13日~27日)
  • : 幕内最高優勝 :大鵬幸喜(15戦全勝,23回目)
  • : 十両優勝 : 金乃花武夫(12勝3敗)
  • 年間最優秀力士賞(年間最多勝):柏戸剛(71勝19敗)

ゴルフ

世界4大大会(男子)

  • マスターズ優勝者:ジャック・ニクラスアメリカ
  • 全米オープン優勝者:ビリー・キャスパー(アメリカ
  • 全英オープン優勝者:ジャック・ニクラスアメリカ
  • 全米プロゴルフ優勝者:アル・ガイバーガー(アメリカ
ニクラスが全英オープン優勝により、男子ゴルフ史上4人目の「キャリア・グランドスラム」を達成。

サッカー

  • 第8回FIFAワールドカップ決勝(イングランド7月30日
  • :イングランド 4-2 西ドイツ
  • 第45回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝
  • :東洋工業 3-2 八幡製鉄
  • 第2回日本サッカーリーグ
  • :優勝:東洋工業

自転車競技

ロードレース

  • 第49回ジロ・デ・イタリア
  • : 総合優勝:ジャンニ・モッタ(イタリア
  • 第53回ツール・ド・フランス
  • : 総合優勝:ルシアン・エマールフランス

テニス

グランドスラム

  • 全豪選手権 男子単優勝:ロイ・エマーソンオーストラリア)、女子単優勝:マーガレット・スミスオーストラリア
  • 全仏選手権 男子単優勝:トニー・ローチオーストラリア)、女子単優勝:アン・ヘイドン・ジョーンズイギリス
  • ウィンブルドン 男子単優勝:マニュエル・サンタナスペイン)、女子単優勝:ビリー・ジーン・キングアメリカ
  • 全米選手権 男子単優勝:フレッド・ストールオーストラリア)、女子単優勝:マリア・ブエノブラジル

バスケットボール

  • NBAファイナル(1965-1966シーズン)
  • :ボストン・セルティックス(東) (4勝3敗) ロサンゼルス・レイカーズ(西)

野球

日本

プロ野球

  • セントラル・リーグ優勝:読売ジャイアンツ 89勝41敗
    • 個人タイトル
      • 最優秀選手  長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)
      • 最優秀新人  堀内恒夫(読売ジャイアンツ)
      • 首位打者   長嶋茂雄(読売ジャイアンツ) .344
      • 本塁打王   王貞治(読売ジャイアンツ) 48本
      • 打点王    王貞治(読売ジャイアンツ) 116点
      • 最多安打   長嶋茂雄(読売ジャイアンツ) 163本
      • 盗塁王    柴田勲(読売ジャイアンツ) 46個
      • 最優秀防御率 堀内恒夫(読売ジャイアンツ) 1.39
      • 最多勝利   村山実阪神タイガース) 24勝
      • 最多奪三振  村山実(阪神タイガース) 207個
      • 最高勝率   堀内恒夫(読売ジャイアンツ) .889
    • ベストナイン
      • 投手     村山実(阪神タイガース)
      • 捕手     森昌彦(読売ジャイアンツ)
      • 一塁手    王貞治(読売ジャイアンツ)
      • 二塁手    高木守道中日ドラゴンズ
      • 三塁手    長嶋茂雄(読売ジャイアンツ)
      • 遊撃手    一枝修平(中日ドラゴンズ)
      • 外野手    江藤愼一(中日ドラゴンズ)
      • 中暁生(中日ドラゴンズ)
      • 山本一義広島カープ
  • パシフィック・リーグ優勝:南海ホークス 79勝51敗
    • 個人タイトル
      • 最優秀選手  野村克也(南海ホークス)
      • 最優秀新人  該当者なし
      • 首位打者   榎本喜八東京オリオンズ
      • 本塁打王   野村克也(南海ホークス) 34本
      • 打点王    野村克也(南海ホークス) 97点
      • 最多安打   榎本喜八(東京オリオンズ) 167本
      • 盗塁王    山本公士阪急ブレーブス) 32個
      • 最高出塁率  榎本喜八(東京オリオンズ) .439
      • 最優秀防御率 稲尾和久西鉄ライオンズ) 1.79
      • 最多勝利   米田哲也(阪急ブレーブス) 25勝
      • 最多奪三振  田中勉(西鉄ライオンズ) 217個
      • 最高勝率   皆川睦男(南海ホークス) .720
    • ベストナイン
      • 投手     田中勉(西鉄ライオンズ)
      • 捕手     野村克也(南海ホークス)
      • 一塁手    榎本喜八(東京オリオンズ)
      • 二塁手    国貞泰汎(南海ホークス)
      • 三塁手    トニー・ロイ(西鉄ライオンズ)
      • 遊撃手    小池兼司(南海ホークス)
      • 外野手    高倉照幸(西鉄ライオンズ)
      • 張本勲(東映フライヤーズ)
      • 毒島章一(東映フライヤーズ)
  • 日本シリーズ優勝:読売ジャイアンツ(4勝2敗)

高校野球

  • 第38回選抜高等学校野球大会決勝(阪神甲子園球場4月3日
  • :中京商業(愛知県) 1-0 土佐(高知県)
  • 第48回全国高等学校野球選手権大会決勝(阪神甲子園球場・8月24日
  • :中京商業(愛知県) 3-1 松山商業(愛媛県)

アメリカ大リーグ

  • ワールドシリーズ
  • :ボルチモア・オリオールズア・リーグ) (4戦全勝) ロサンゼルス・ドジャースナ・リーグ

ラグビー

  • 第3回日本ラグビーフットボール選手権大会近鉄花園ラグビー場1月15日
  • :早稲田大学 12-9 八幡製鉄

誕生

  • 1月1日 - 北勝鬨準人(北海道、相撲)
  • 1月19日 - ステファン・エドベリ(スウェーデン、テニス)
  • 1月26日 - 長嶋一茂(東京都、野球)
  • 1月28日 - 田辺陽子(東京都、柔道)
  • 1月29日 - ロマーリオ(ブラジル、サッカー)
  • 2月5日 - ホセ・マリア・オラサバル(スペイン、ゴルフ)
  • 2月7日 - クリスティン・オットー(ドイツ、水泳)
  • 4月14日 - グレッグ・マダックス(アメリカ、野球)
  • 4月18日 - トリーネ・ハッテスタット(ノルウェー、陸上競技)
  • 4月28日 - ジャン・リュック・クレティエ(フランス、アルペンスキー)
  • 4月28日 - ジョン・デーリー(アメリカ、ゴルフ)
  • 5月10日 - ジョナサン・エドワーズ(イギリス、陸上競技)
  • 5月20日 - リサロッテ・ノイマン(スウェーデン、ゴルフ)
  • 5月20日 - 益子直美(東京都、バレーボール)
  • 6月16日 - ヤン・ゼレズニー(チェコ、陸上競技)
  • 6月16日 - ランディ・バーンズ(アメリカ、陸上競技)
  • 6月29日 - パパイヤ鈴木(東京都、ダンサー)
  • 6月30日 - マイク・タイソン(アメリカ、ボクシング)
  • 7月18日 - ダン・オブライエン(アメリカ、陸上競技)
  • 8月30日 - 小谷実可子(東京都、シンクロナイズド・スイミング)
  • 9月2日 - オリビエ・パニス(フランス、レーシングドライバー)
  • 9月7日 - グンダ・ニーマン=シュティルネマン(ドイツ、スピードスケート)
  • 9月9日 - ゲオルク・ハックル(ドイツ、リュージュ)
  • 9月19日 - 高山善廣(東京都、プロレス)
  • 10月1日 - ジョージ・ウェア(リベリア、サッカー)
  • 11月14日 - カート・シリング(アメリカ、野球)
  • 11月19日 - ゲイル・ディバース(アメリカ、陸上競技)
  • 11月30日 - デビッド・バーコフ(アメリカ、水泳)
  • 12月1日 - ラリー・ウォーカー(カナダ、野球)
  • 12月17日 - 有森裕子(岡山県、マラソン)
  • 12月19日 - アルベルト・トンバ(イタリア、アルペンスキー)
  • 12月27日 - 福田正博(神奈川県、サッカー)

死去

  • 1月9日 - 三木龍喜(香川県、テニス、*1904年
  • 1月11日 - ハンネス・コーレマイネン(フィンランド、陸上競技、*1889年
  • 1月14日 - ウィリアム・カー(アメリカ、陸上競技、*1909年
  • 3月26日 - ヒルデ・シュレーダー(ドイツ、水泳、*1910年
  • 4月13日 - 高石勝男(大阪府、水泳、*1906年
  • 6月11日 - アルフレート・ベルガー(オーストリア、フィギュアスケート、*1894年
  • 6月30日 - ジュゼッペ・ファリーナ(イタリア、レーシングドライバー、*1906年
  • 7月26日 - ハワード・キンゼイ(アメリカ、テニス、*1899年
  • 10月10日 - シャーロット・クーパー(イギリス、テニス、*1870年
  • 11月6日 - 岡部平太(福岡県、スポーツ指導者、*1891年
  • 12月5日 - シルベール・マエス(ベルギー、自転車競技、*1909年
  • 12月14日 - 式守伊之助 (19代)(茨城県、相撲、*1886年
  • 12月26日 - ギジェルモ・スタービレ(アルゼンチン、サッカー、*1906年
*すほつ *
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件