ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

1939年

1939年

他の紀年法

  • 干支己卯
  • 日本(月日は一致)
    • 昭和14年
    • 皇紀2599年
  • 中国満州(月日は一致)
    • 中華民国暦28年
    • 満州国康徳6年
  • 朝鮮
    • 檀紀4272年
    • 主体28年
  • 阮朝ベトナム
    • 保大13年11月11日 - 保大14年11月21日
  • モンゴル人民共和国(月日は一致)
    • モンゴル人民共和国29年
  • 仏滅紀元:2481年~2482年
  • イスラム暦:1357年11月10日~1358年11月19日
  • ユダヤ暦:5699年4月10日~5700年4月19日
  • 修正ユリウス日(MJD):29264~29628
  • リリウス日(LD):130105~130469
※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

できごと

1月

  • 1月4日 - 第1次近衛内閣総辞職
  • 1月5日 - 平沼騏一郎内閣成立
  • 1月15日
    • 横綱双葉山安藝ノ海に敗れる(連勝69)
    • 東京地下鉄: 新橋・渋谷間全通
  • 1月24日 - チリで大地震(M8.3、死者約8万名)
  • 1月26日 - バルセロナ陥落、フランコ軍の占領下に置かれる

2月

  • 2月14日 - 日本国民に対し「金製品回収・強制買い上げ」を日本政府が実施
  • 2月27日 - イギリスフランススペインのフランコ政権を承認

3月

  • 3月2日 - ピウス12世ローマ教皇に選出
  • 3月14日 - スロバキアドイツ保護国として独立
  • 3月15日
    • 全国の招魂社を護国神社に改称
    • ドイツがボヘミア占領
  • 3月16日 - ドイツがボヘミアモラヴィアの保護領化を宣言(チェコスロヴァキア解体)
  • 3月23日 - ドイツがリトアニアメーメルを併合
  • 3月27日 - NHKが有線によるテレビ実験放送を公開
  • 3月28日 - フランコ軍がマドリードを占領(スペイン内戦終結)

4月

  • 4月1日 - 電気庁設置
  • 4月7日 - イタリアアルバニアに侵攻
  • 4月11日 - ハンガリー国際連盟を脱退
  • 4月12日 - 米穀配給統制令法公布
  • 4月27日 - イギリスで徴兵制導入
  • 4月28日 - ドイツがドイツ・ポーランド不可侵条約破棄を宣言

5月

  • 5月1日 - 男鹿半島で地震(M6.6,死者27名,全壊604戸)
  • 5月2日 - ニューヨーク・ヤンキースルー・ゲーリッグ選手が現役を引退
  • 5月7日 - スペインが国際連盟を脱退
  • 5月12日 - 国境で日本ソビエト連邦両軍が衝突(ノモンハン事件
  • 5月13日 - NHKが無線によるテレビ実験放送を公開
  • 5月22日 - 独伊軍事同盟締結

6月

  • 6月1日 - 昭和電工設立(日本電気工業と昭和肥料が合併)
  • 6月7日 - 満蒙開拓青少年義勇軍壮行会挙行(明治神宮外苑競技場
  • 6月12日 - 国民党軍が中共新四軍を攻撃し幹部を虐殺(平江事件)
  • 6月14日 - 日本軍天津のイギリス租界を封鎖。
  • 6月16日 - 日本国民の男子の長髪及び女子のパーマネントを禁止する「生活刷新案」が閣議決定

7月

  • 7月1日
    • 日本軍がノモンハン攻撃開始
    • 東京芝浦電気設立
  • 7月8日 - 国民徴用令公布

8月

  • 8月2日 - アインシュタインルーズベルト米大統領宛に原子爆弾開発を促す書簡を送付、マンハッタン計画の契機となる。
  • 8月4日 - 英国海外航空創設
  • 8月23日 - 独ソ不可侵条約締結
  • 8月27日 - ハインケル社(ドイツ)のHe178が世界初のジェット飛行に成功
  • 8月28日 - 『欧州の天地は複雑怪奇』という声明を出して平沼内閣総辞職
  • 8月30日 - 阿部内閣成立

9月

  • 9月1日 - ナチス・ドイツ軍ポーランド侵攻、第二次世界大戦勃発
  • 9月2日 - イタリアが中立を表明
  • 9月3日
    • イギリス・フランス・オーストラリアがドイツに宣戦布告
    • 大本営関東軍にノモンハン事件の作戦中止を指令
  • 9月4日 - 日本、第二次世界大戦への不介入を表明
  • 9月5日 - 米国が中立を表明
  • 9月6日 - 南アフリカがドイツに宣戦布告
  • 9月10日 - カナダがドイツに宣戦布告
  • 9月13日 - 大日本航空がニューヨーク・横浜間の飛行に成功
  • 9月15日 - モスクワで東郷茂徳大使とモロトフ外相間にノモンハン事件停戦協定成立
  • 9月18日 - 日本で「賃金統制令」・「価格等統制令」(九・一八停止令)公布
  • 9月17日 - ソ連軍がポーランド東部に侵攻
  • 9月27日 - ワルシャワがドイツの空爆で陥落
  • 9月28日 - 独ソ友好条約調印(ポーランド分割占領を決定)
  • 9月30日 - 厚生省が「結婚十訓」を発表。「産めよ殖やせよ国のため」の標語を掲げる

10月

  • 10月1日 - 日本国内の石油が統制品となり、配給制となる
  • 10月15日 - ニューヨーク市立空港(現ラガーディア空港)開港
  • 10月20日 - 物価統制令・地代家賃統制令施行

11月

  • 11月6日 - 米穀強制買上げ制公布実施
  • 11月16日 - アル・カポネアルカトラズ刑務所から釈放
  • 11月21日
    • イギリス、自国が参加している海軍軍縮条約の無期限停止を国際連盟に通告
    • 日本郵船の客船「照国丸」が英国ハーウィッチ沖にて蝕雷により沈没(犠牲者なし)
  • 11月30日 - ソ連軍がフィンランドに侵攻、冬戦争勃発

12月

  • 12月1日- 白米禁止令実施(七分づき以上を禁止)
  • 12月13日 - ラプラタ沖海戦
  • 12月14日 - 国際連盟がフィンランド侵略を理由にソ連を除名
  • 12月17日 - ウルグアイから国外退去を通告されたドイツのポケット戦艦アトミラル・グラーフ・シュペー』がモンテビデオ港外で自沈
  • 12月23日 - 第75議会召集
  • 12月25日 - 木炭の配給実施
  • 12月26日 - トルコで大地震(M8.0、死者33,000名)

日付不詳

  • ビルマ共産党結成
  • パウル・ヘルマン・ミュラーDDTの殺虫効果を発見

誕生

1月

  • 1月1日 - 伊井篤史声優
  • 1月1日 - 池田昌子声優
  • 1月5日 - 福塚勝哉、元プロ野球選手
  • 1月8日 - 笹川陽平日本財団会長
  • 1月8日 - 矢部丈太郎官僚
  • 1月10日 - 村田満、釣り人
  • 1月11日 - ちばてつや漫画家
  • 1月11日 - 河原崎長一郎俳優(+ 2003年
  • 1月12日 - かまやつひろしミュージシャン
  • 1月12日 - 木暮正夫児童文学作家(+ 2007年
  • 1月17日 - 寺内タケシギタリスト
  • 1月23日 - 千葉真一、俳優

2月

  • 2月11日 - ジェイン・ヨーレン児童文学作家
  • 2月24日 - 佐久間良子女優
  • 2月24日 - 長田幸雄、元プロ野球選手

3月

  • 3月5日 - 城戸則文、元プロ野球選手
  • 3月8日 - 鎌田実、元プロ野球選手
  • 3月9日 - 大方斐紗子女優
  • 3月13日 - ニール・セダカアメリカシンガーソングライター
  • 3月13日 - 池田鴻歌手
  • 3月14日 - 中沢啓治、漫画家
  • 3月15日 - 西部邁、経済学者・評論家
  • 3月23日 - ボリス・ティシチェンコ作曲家
  • 3月29日 - フランシス・アグリー、元プロ野球選手

4月

  • 4月1日 - フィル・ニークロ、元メジャーリーガー
  • 4月3日 - いわむらかずお絵本作家
  • 4月8日 - 安藤統男、元プロ野球選手
  • 4月10日 - 水島新司、漫画家
  • 4月17日 - 戸梶正夫、元プロ野球選手
  • 4月24日 - 渋谷誠司、元プロ野球選手
  • 4月26日 - 高橋美徳、元プロボクサー

5月

  • 5月1日 - 本間勝、元プロ野球選手
  • 5月2日 - 横地由松、元プロ野球選手(+2007年
  • 5月6日 - 石井茂雄、元プロ野球選手
  • 5月11日 - 森田拳次、漫画家
  • 5月21日 - ハインツ・ホリガー指揮者オーボエ奏者・作曲家
  • 5月23日 - ミシェル・コロンビエフランスプロデューサーキーボーディスト(+ 2004年
  • 5月24日 - 前田益穂、元プロ野球選手
  • 5月25日 - イアン・マッケラン、俳優

6月

  • 6月9日 - イレアナ・コトルバシュソプラノ歌手
  • 6月11日 - ジャッキー・スチュワートF1レーサー
  • 6月17日 - 加藤紘一政治家ケン・ローチ映画監督

7月

  • 7月10日 - 石田博三、元プロ野球選手
  • 7月12日 - 中村玉緒、女優
  • 7月22日 - テレンス・スタンプ俳優
  • 7月25日 - ナンシー・ルディントンフィギュアスケート選手

8月

  • 8月6日 - 進藤榮一、国際政治学者
  • 8月13日 - 桂枝雀落語家(+ 1999年
  • 8月22日 - カール・ヤストレムスキー、元メジャーリーガー
  • 8月25日 - 島田源太郎、元プロ野球選手

9月

  • 9月3日 - 古賀英彦、元プロ野球選手
  • 9月5日 - ジョージ・レーゼンビー俳優
  • 9月10日 - 村松克己、俳優(+ 2001年)
  • 9月18日 - 森本毅郎アナウンサーニュースキャスター

10月

  • 10月8日 - アラダー・ペゲ、ミュージシャン(+ 2006年
  • 10月10日 - 田中勉、元プロ野球選手(+ 2004年
  • 10月12日 - 漆畑勝久、元プロ野球選手
  • 10月17日 - 岸田森俳優
  • 10月20日 - 原彬久政治学者
  • 10月20日 - 森中千香良、元プロ野球選手、野球解説者(+2008年
  • 10月22日 - 黒部進俳優
  • 10月26日 - 安藤元博、元プロ野球選手(+ 1996年
  • 10月28日 - 矢口高雄、漫画家
  • 10月29日 - 水野英子、漫画家
  • 10月31日 - 堀込基明、元プロ野球選手(+ 1997年

11月

  • 11月4日 - 宮田征典、元プロ野球選手(+ 2006年
  • 11月16日 - 室山皓之助、元プロ野球選手
  • 11月21日 - 石井晶、元プロ野球選手

12月

  • 12月1日 - 小野木孝、元プロ野球選手
  • 12月2日 - 八代万智子、元女優
  • 12月3日 - 木村朱炎書家
  • 12月4日 - 遠井吾郎、元プロ野球選手(+ 2005年
  • 12月18日 - ソイロ・ベルサイエス、元プロ野球選手(+ 1995年
  • 12月19日 - 10代目鈴々舎馬風、落語家
  • 12月23日 - 水森亜土、女優
  • 12月25日 - 夏八木勲、俳優

誕生日不明

  • いのくままさお -カメラマン

死去

  • 1月28日 - ウィリアム・バトラー・イェイツ詩人劇作家(* 1865年
  • 2月4日 - エドワード・サピア人類学者言語学者(* 1884年
  • 2月18日 - 岡本かの子小説家(* 1889年
  • 2月27日 - ナデジダ・クルプスカヤレーニンの妻でボリシェビキの運動家(* 1869年
  • 3月2日 - ハワード・カーター考古学者(* 1873年
  • 3月10日 - 山本懸蔵労働運動家・戦前期の日本共産党党員(* 1895年
  • 3月28日 - 田中光顕陸援隊幹部・陸軍少将宮内大臣(* 1843年
  • 3月29日 - 立原道造詩人建築家(* 1914年
  • 4月11日 - S・S・ヴァン=ダイン、作家・美術評論家(* 1888年
  • 5月13日 - スタニスワフ・レシニェフスキ論理学者数学者(* 1886年
  • 6月1日 - デイヴィッド・ペック・トッド天文学者(* 1855年
  • 7月4日 - ルイス・ウェイン画家(* 1860年
  • 9月7日 - 泉鏡花小説家(* 1873年)
  • 9月23日 - ジークムント・フロイト精神分析学創始者(* 1856年
  • 10月7日 - ハーヴェイ・ウィリアムス・クッシング脳神経外科医(* 1869年
  • 11月12日 - ノーマン・ベチューン医師(* 1890年
  • 11月28日 - ジェームズ・ネイスミスバスケットボール考案者(* 1861年

ノーベル賞

  • 物理学賞 - アーネスト・ローレンスアメリカ
  • 化学賞 - アドルフ・ブーテナントドイツ)、レオポルト・ルジチカスイス
  • 生理学・医学賞 - ゲルハルト・ドーマク(ドイツ)
  • 文学賞 - フランス・エーミル・シランペーフィンランド
  • 平和賞 - 受賞者なし
*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1939年のスポーツ

1939年のスポーツ
< 1939年
  • 年度別スポーツ記事一覧
1939年前後:1938年のスポーツ - 1939年のスポーツ - 1940年のスポーツ

できごと

  • 1月15日 - 大相撲双葉山定次安藝ノ海節男に敗れ、連勝記録が69でストップ

総合競技大会

  • 第6回国際学生冬季競技大会(ノルウェーリレハンメル2月19日23日
  • 第9回国際学生競技大会(モナコモンテカルロ8月21日29日
  • 第5回国際ろう者競技大会スウェーデンストックホルム8月24日27日
  • 第10回明治神宮国民体育大会(夏季 - 9月21日24日、秋季 - 10月29日11月3日

アイスホッケー

  • スタンレーカップ決勝(1938-1939シーズン)
  • :ボストン・ブルーインズ (4勝1敗) トロント・メープルリーフス

アメリカンフットボール

  • NFLチャンピオンシップゲーム(12月10日
  • :グリーンベイ・パッカーズ(西) 27-0 ニューヨーク・ジャイアンツ(東)

大相撲

できごと
  • 連勝を続けていた横綱双葉山は、春場所4日目、新鋭安芸ノ海に敗れ、連勝は69でとまった。
  • 夏場所から興行日数は15日間になった。
幕内最高優勝
  • 春(1月12日初日、両国国技館):西前頭17 出羽湊利吉(13戦全勝)
  • 夏(5月11日初日、両国国技館):東横綱 双葉山定次(15戦全勝)
十両優勝
  • 春:照國万蔵(11勝2敗)
  • 夏:四海波好一郎(13勝2敗)

ゴルフ

世界4大大会(男子)

  • マスターズ優勝者:ラルフ・ガルダール(アメリカ
  • 全米オープン優勝者:バイロン・ネルソンアメリカ
  • 全英オープン優勝者:ディック・バートン(イギリス
  • 全米プロゴルフ優勝者:ヘンリー・ピカード(アメリカ

自転車競技

ロードレース

  • 第27回ジロ・デ・イタリア
  • : 総合優勝:ジョバンニ・パレッティ(イタリア
  • 第33回ツール・ド・フランス
  • : 総合優勝:シルベール・マエス(ベルギー

テニス

グランドスラム

  • 全豪選手権 男子単優勝:ジョン・ブロムウィッチオーストラリア)、女子単優勝:エミリー・フッド・ウェスタコットオーストラリア
  • 全仏選手権 男子単優勝:ドン・マクニールアメリカ)、女子単優勝:シモーヌ・マチューフランス
  • ウィンブルドン 男子単優勝:ボビー・リッグスアメリカ)、女子単優勝:アリス・マーブルアメリカ
  • 全米選手権 男子単優勝:ボビー・リッグスアメリカ)、女子単優勝:アリス・マーブルアメリカ

野球

日本

プロ野球

  • 優勝:東京巨人軍 66勝26敗
    • 個人タイトル
      • 最優秀選手  スタルヒン(東京巨人軍)
      • 首位打者   川上哲治(東京巨人軍).338
      • 本塁打王   鶴岡一人南海ホークス)10本
      • 打点王     川上哲治(東京巨人軍)75点
      • 盗塁王    山田伝阪急ブレーブス)30個
      • 五味芳夫名古屋金鯱軍
      • 最多安打    川上哲治(東京巨人軍)116本
      • 最優秀防御率 若林忠志大阪タイガース)1.09
      • 最多勝利   野口二郎東京セネタース)33勝
      • 最多奪三振  スタルヒン(東京巨人軍)282個
      • 最高勝率   御園生崇男(大阪タイガース).824

中学野球

  • 第16回全国選抜中等学校野球大会決勝(阪神甲子園球場4月3日
  • :東邦商業(愛知県) 7-0 岐阜商業(岐阜県)
  • 第25回全国中等学校優勝野球大会決勝(阪神甲子園球場・8月20日
  • :海草中学(和歌山県) 5-0 下関商業(山口県)

アメリカ大リーグ

  • ワールドシリーズ
  • :ニューヨーク・ヤンキースア・リーグ) (4戦全勝) シンシナティ・レッズナ・リーグ

誕生

  • 1月3日 - ボビー・ハル(カナダ、アイスホッケー)
  • 1月6日 - マレー・ローズ(オーストラリア、水泳)
  • 1月18日 - 山中毅(石川県、水泳)
  • 3月8日 - 鎌田実(兵庫県、野球)
  • 3月8日 - リディア・スコブリコワ(ソビエト連邦、スピードスケート)
  • 3月17日 - ジョバンニ・トラパットーニ(イタリア、サッカー)
  • 4月1日 - フィル・ニークロ(アメリカ、野球)
  • 4月1日 - ウィルヘルム・ブンゲルト(ドイツ、テニス)
  • 4月4日 - ジョアン・カーナー(アメリカ、ゴルフ)
  • 4月8日 - 安藤統男(茨城県、野球)
  • 4月15日 - 小出義雄(千葉県、陸上競技)
  • 5月29日 - アル・アンサー(アメリカ、レーシングドライバー)
  • 6月11日 - ジャッキー・スチュワート(イギリス、レーシングドライバー)
  • 6月18日 - ルー・ブロック(アメリカ、野球)
  • 8月22日 - カール・ヤストレムスキー(アメリカ、野球)
  • 9月22日 - 田部井淳子(福島県、登山家)
  • 9月27日 - キャシー・ウィットワース(アメリカ、ゴルフ)
  • 10月11日 - マリア・ブエノ(ブラジル、テニス)
  • 10月26日 - 安藤元博(香川県、野球、+1996年
  • 10月29日 - 加茂周(兵庫県、サッカー)
  • 11月24日 - 三宅義信(宮城県、ウエイトリフティング)
  • 12月1日 - リー・トレビノ(アメリカ、ゴルフ)
  • 12月4日 - 遠井吾郎(山口県、野球、+2005年

死去

  • 1月23日 - マティアス・シンデラー(オーストリア、サッカー、*1903年
  • 4月24日 - ルイ・トゥルスリエ(フランス、自転車競技、*1881年
  • 4月29日 - チャールズ・ディクソン(イギリス、テニス、*1873年
  • 5月2日 - 青木岩雄(兵庫県、テニス、*1901年
  • 8月21日 - 久慈次郎(岩手県、野球、*1898年
  • 11月28日 - ジェームズ・ネイスミス(カナダ、体育教師、*1861年
*すほつ *
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1939年ウィンブルドン選手権

1939年ウィンブルドン選手権
1939年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1939)に関する記事。イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。

シード選手

男子シングルス

  1.  ヘンリー・オースチン (ベスト8)
  2.  ボビー・リッグス (初優勝)
  3.  ドン・マクニール (2回戦)
  4. ユーゴスラビア フラニョ・プンチェツ (ベスト4)
  5.  ヘンナー・ヘンケル (ベスト4)
  6.  エルウッド・クック (準優勝)
  7.  ロデリク・メンツェル (2回戦)
  8.  イグナツィ・チョチンスキ (3回戦)

女子シングルス

  1.  アリス・マーブル (初優勝)
  2.  ヘレン・ジェイコブス (ベスト8)
  3.  ヒルデ・スパーリング (ベスト4)
  4.  シモーヌ・マチュー (ベスト8)
  5.  ヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ (ベスト8)
  6.  ケイ・スタマーズ (準優勝)
  7.  メアリー・ハードウィック (ベスト8)
  8.  サラ・ファビアン (ベスト4)

男子ダブルス

  1. ヘンナー・ヘンケル& ゲオルグ・フォン・メタクサ
  2. ボビー・リッグス& エルウッド・クック
  3. ジャン・ボロトラジャック・ブルニョン
  4. チャールズ・ヘア& フランク・ワイルド

女子ダブルス

  1. アリス・マーブルサラ・ファビアン
  2. ヘレン・ジェイコブス& ビリー・ヨーク
  3. シモーヌ・マチューヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ
  4. ベティ・ナットール& ジーン・ニコル

混合ダブルス

  1. エルウッド・クック& サラ・ファビアン
  2. ボビー・リッグスアリス・マーブル
  3. カム・マルフロイ& ベティ・ナットール
  4. フラニョ・ククリェビッチ& シモーヌ・マチュー

大会経過

男子シングルス

準々決勝
  • エルウッド・クック vs. ヘンリー・オースチン 6-3, 6-0, 6-1
  • ヘンナー・ヘンケル vs. フラニョ・ククリェビッチ 6-1, 6-3, 6-2
  • フラニョ・プンチェツ vs. ユージン・スミス 6-0, 6-2, 6-2
  • ボビー・リッグス vs. ガウス・モハメド 6-2, 6-2, 6-2
準決勝
  • エルウッド・クック vs. ヘンナー・ヘンケル 6-3, 4-6, 6-4, 6-4
  • ボビー・リッグス vs. フラニョ・プンチェツ 6-2, 6-3, 6-4

女子シングルス

準々決勝
  • アリス・マーブル vs. ヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ 6-1, 6-4
  • ヒルデ・スパーリング vs. メアリー・ハードウィック 6-4, 6-0
  • サラ・ファビアン vs. シモーヌ・マチュー 6-4, 6-2
  • ケイ・スタマーズ vs. ヘレン・ジェイコブス 6-2, 6-2
準決勝
  • アリス・マーブル vs. ヒルデ・スパーリング 6-0, 6-0
  • ケイ・スタマーズ vs. サラ・ファビアン 7-5, 2-6, 6-3

決勝戦の結果

  • 男子シングルス: ボビー・リッグス vs. エルウッド・クック 2-6, 8-6, 3-6, 6-3, 6-2
  • 女子シングルス: アリス・マーブル vs. ケイ・スタマーズ 6-2, 6-0
  • 男子ダブルス: ボビー・リッグス& エルウッド・クック vs. チャールズ・ヘア& フランク・ワイルド 6-3, 3-6, 6-3, 9-7
  • 女子ダブルス: アリス・マーブルサラ・ファビアン vs. ヘレン・ジェイコブス& ビリー・ヨーク 6-1, 6-0
  • 混合ダブルス: ボビー・リッグスアリス・マーブル vs. フランク・ワイルド& ニーナ・ブラウン 9-7, 6-1

参考文献

  • モーリス・ブレディ編『ローンテニス百科事典』 The Encyclopedia of Lawn Tennis (英語、1958年刊、ロバート・ヘール社)127-128ページ [シード選手]
  • バド・コリンズ著『テニスのすべて-究極のテニス百科事典』(英語、2003年刊、ISBN 0973144343、スポーツ・クラシック・ブックス) [大会経過、選手フルネーム]
  • ランス・ティンゲイ著『ウィンブルドンの100年史』(英語、1977年刊、ISBN 0900424710、アルファ・オメガ社) [大会経過、選手国籍]

外部リンク

  • 抽選表・シード選手:男子女子 (男子はGRAND SLAM TENNIS ARCHIVE、女子はWTAワールド・スレッドによる)
1939 ういんふるとんせんしゆけん
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件