ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

1926年

1926年

他の紀年法

  • 干支丙寅
  • 日本(月日は一致)
    • 大正15年1月1日 - 12月25日、昭和元年12月25日 - 12月31日(昭和元年はこの一週間のみである。)
    • 皇紀2586年
  • 中国(月日は一致)
    • 中華民国15年
  • 朝鮮(月日は一致)
    • 檀紀4259年
    • 主体15年
  • 阮朝ベトナム
    • 啓定10年11月17日 - 12月30日
    • 保大元年1月1日 - 11月27日
  • モンゴル人民共和国(月日は一致)
    • モンゴル人民共和国16年
  • 仏滅紀元:2468年~2469年
  • イスラム暦:1344年6月16日~1345年6月25日
  • ユダヤ暦:5686年4月15日~5687年4月26日
  • 修正ユリウス日(MJD):24516~24880
  • リリウス日(LD):125357~125721
※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

できごと

1月

  • 1月6日 - ドイツでルフトハンザ航空設立
  • 1月12日 - 東洋レーヨン設立
  • 1月15日 - 京都学連事件で初の治安維持法適用
  • 1月28日 - 加藤高明内閣総辞職(首相死去)
  • 1月30日 - 第1次若槻内閣成立
  • 「幼年倶楽部」創刊(野間清治

2月

  • 2月28日 - 松島遊郭疑獄発覚
  • 東北帝国大学の八木秀次宇田新太郎によって、八木・宇田アンテナが考案

3月

  • 3月5日 - 労働農民党結成
  • 3月5日 - 世界最初のSF専門誌『アメージング・ストーリーズ』創刊
  • 3月20日 - 蒋介石が反共クーデターを起こす(中山艦事件

4月

  • 4月25日 - 朴烈金子文子夫妻が大逆罪によって死刑判決(朴烈事件
  • アサヒカメラ創刊
  • 滝実業学校(愛知県江南市)開校

5月

  • 5月12日 - ポーランドでピウスツキらが五月革命をおこし政権を掌握
  • 5月14日 - 兵庫県宝塚市に「宝塚ホテル」誕生(阪神間初の郊外型ホテル)
  • 5月24日 - 十勝岳が大噴火(死者144名)

6月

  • 6月12日 - 日本アマチュア無線連盟(任意団体)結成。全世界に向けて設立宣言文を広報発信。(25日の異説あり)
  • 6月10日 - 朝鮮半島で、六・一〇万歳運動が起こる。
  • 6月28日 - ドイツでダイムラー・ベンツ社設立(ダイムラー社とベンツ社が合併)
  • 三木清「パスカルに於ける人間の研究」発表

7月

  • 7月1日
    • 蒋介石が国民革命軍を率いて北伐を開始(第1次北伐)
    • 治安警察法第17条の廃止、小作調停法・労働争議調停法の施行により労働者・農民の団結権と争議権が制限付きながら認められる。
  • 7月23日 - フランスにポアンカレ国民連合内閣が成立する。

8月

  • 8月6日 - 日本放送協会設立
  • 8月10日 - ボルボ社設立
  • 8月20日 - 鬼熊事件
  • カール・コルシュ「マルクス主義と哲学」邦訳

9月

  • 9月3日 - 量子力学の基礎方程式としてシュレーディンガーの波動方程式が確立
  • 9月8日 - ドイツが国際連盟に加入し、常任理事国となる。
  • 新宿高野がフルーツパーラーを営業開始

10月

  • 10月1日 - 郵便年金開始
  • 10月5日 - 新交響楽団(後のNHK交響楽団)結成
  • 10月19日 - イギリス帝国会議ロンドンで開催され、イギリス本国と自治領の地位は平等とされる。
  • 10月22日 - 明治神宮外苑竣功奉献式

11月

  • 11月2日 - ドレスメーカー女学院(後の杉野学園)設立
  • 11月12日 - 日本海海戦の旗艦「三笠」保存記念式
  • 11月15日 - アメリカ合衆国でNBCがラジオ・ネットワーク放送開始
  • 11月18日 - 豊田佐吉が現在のトヨタ自動車の母体である豊田自動織機製作所を設立

12月

  • 12月3日
    • 改造社が『現代日本文学全集』を刊行(円本時代到来)
    • アガサ・クリスティ失踪事件(14日に発見)
  • 12月18日 - 阪急今津線が全通。西宮北口駅平面交差が生じる(1984年廃止)。
  • 12月24日 - 第52議会召集
  • 12月25日 - 大正天皇崩御。摂政裕仁親王践祚する。昭和と改元(この日から年末まで昭和元年)。
  • 12月26日 - 高野山金堂火災(国宝など焼失)
  • 12月28日 - 昭和天皇西園寺公望に「元老として補弼せよ」と勅語を下す。
  • 12月31日 - 東京市市電省線終夜運転を行う。
  • アメリカ合衆国がニカラグアに干渉
  • ロッキード航空機会社設立(社名変更)

日付不詳

  • エーベルがインシュリンの結晶化に成功
  • ニュージーランドで家族手当が制度化される。
  • ドイツでユースホステルが生まれる。
  • 今の北海道千歳市に着陸場(現在の新千歳空港の前身)が出来る。

芸術・文化・ファッション

1926年の音楽
  • ルイ・アームストロング『ヒービー・ジービーズ』
1926年の文学
  • ルイ・アラゴン「パリの農夫」
  • 川端康成伊豆の踊子
  • アガサ・クリスティアクロイド殺人事件
  • アラン・アレクサンダー・ミルンクマのプーさん
  • アーネスト・ヘミングウェイ日はまた昇る

誕生

1月

  • 1月1日 - 杉山悟、元プロ野球選手
  • 1月1日 - 小林経旺、元プロ野球選手
  • 1月1日 - 千原雅生、元プロ野球選手
  • 1月2日 - 天本英世俳優(+ 2003年
  • 1月3日 - ジョージ・マーティン音楽プロデューサー
  • 1月3日 - 中平康映画監督(+ 1978年
  • 1月10日 - 竹入義勝政治家
  • 1月10日 - 北村正利天文学者
  • 1月12日 - 三浦朱門小説家
  • 1月13日 - マイケル・ボンド児童文学作家
  • 1月20日 - ヴィタリー・ウォロトニコフ、政治家
  • 1月30日 - 駒田桂二、元プロ野球選手

2月

  • 2月1日 - 榊莫山書道家
  • 2月2日 - ヴァレリー・ジスカール・デスタンフランス第五共和政第3代大統領
  • 2月5日 - 四條秀子、元宝塚歌劇団専科の娘役(+ 1986年
  • 2月7日 - 津島恵子女優
  • 2月11日 - ポール・ボキューズフランス料理のシェフ
  • 2月15日 - 松谷みよ子、児童文学作家
  • 2月16日 - ジョン・シュレシンジャー映画監督(+ 2003年
  • 2月16日 - 荒巻淳、元プロ野球選手(+ 1971年
  • 2月20日 - リチャード・マシスン、小説家
  • 2月26日 - 高木均、俳優・声優(+ 2004年
  • 2月26日 - 武内つなよし漫画家(+ 1987年
  • 2月28日 - 菅井きん、女優

3月

  • 3月6日 - アンジェイ・ワイダ、映画監督
  • 3月9日 - ジャック・スマイト、映画監督(+ 2003年
  • 3月13日 - 藤田田日本マクドナルド創業者(+ 2004年
  • 3月20日 - 安野光雅画家絵本作家
  • 3月27日 - 梶山静六政治家(+ 2000年

4月

  • 4月1日 - 升味準之輔政治学者
  • 4月2日 - ジャック・ブラバムF1レーサー
  • 4月7日 - 麻生美代子声優女優
  • 4月10日 - 大林辰蔵宇宙物理学者(+ 1992年
  • 4月21日 - エリザベス2世イギリス女王
  • 4月21日 - 山崎善平、元プロ野球選手(+ 2005年
  • 4月24日 - 中村徳次郎、元プロ野球選手

5月

  • 5月15日 - ピーター・シェーファー劇作家
  • 5月16日 - 大川功、株式会社CSK創業者(+ 2001年
  • 5月17日 - 氏家齊一郎日本テレビ放送網会長
  • 5月26日 - マイルス・デイヴィスジャズトランペッター(+ 1991年
  • 5月29日 - アブドゥラエ・ワッドセネガル大統領
  • 5月30日 - 渡邉恒雄読売新聞グループ本社会長
  • 5月31日 - 土屋義彦政治家(+ 2008年

6月

  • 6月1日 - マリリン・モンロー、女優(+ 1962年
  • 6月2日 - 千代の山雅信大相撲第41代横綱(+ 1977年
  • 6月3日 - アレン・ギンズバーグ詩人(+ 1997年
  • 6月6日 - クラウス・テンシュテット指揮者(+ 1998年
  • 6月8日 - フレッド・カップス奇術師(+ 1980年
  • 6月14日 - ドン・ニューカム、元プロ野球選手
  • 6月15日 - 萱野茂アイヌ人初の国会議員(+ 2006年
  • 6月19日 - 大内山平吉、大相撲の力士・元大関(+ 1985年
  • 6月21日 - コンラッド・L・ホール撮影監督(+ 2003年
  • 6月28日 - メル・ブルックス、映画監督
  • 6月29日 - ジャービル・アル=アフマド・アッ=サバーハクウェートアミール(+ 2006年
  • 6月30日 - ポール・バーグ化学者

7月

  • 7月1日 - ロバート・フォーゲル経済学者
  • 7月1日 - ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ作曲家
  • 7月4日 - アルフレッド・ディ・ステファノ、元サッカー選手
  • 7月8日 - エリザベス・キューブラー=ロス精神科医(+ 2004年
  • 7月9日 - ベン・ロイ・モッテルソン物理学者
  • 7月15日 - レオポルド・ガルチェリアルゼンチン大統領(+ 2003年
  • 7月15日 - 香山彬子児童文学作家(+ 1999年
  • 7月15日 - 竹元勝雄、元プロ野球選手(+ 2006年
  • 7月16日 - アーウィン・ローズ生物学者
  • 7月27日 - 重森弘淹、評論家(+ 1992年
  • 7月28日 - 木庭教、元プロ野球選手(+ 2008年

8月

  • 8月13日 - フィデル・カストロキューバの最高指導者
  • 8月17日 - 江沢民中国の前国家主席
  • 8月27日 - クリステン・ニガード、計算機科学者(+ 2002年
  • 8月27日 - 山岡久乃、女優(+ 1999年
  • 8月30日 - 松川博爾(+ 2007年

9月

  • 9月1日 - 一龍齋貞鳳、講談師
  • 9月4日 - イヴァン・イリイチ、社会評論家(+ 2002年
  • 9月6日 - 星新一、作家(+ 1997年
  • 9月12日 - 西澤潤一半導体工学者
  • 9月15日 - 今村昌平映画監督(+ 2006年
  • 9月15日 - ジャン=ピエール・セール数学者
  • 9月19日 - 小柴昌俊、宇宙物理学者
  • 9月23日 - ジョン・コルトレーンジャズサックス奏者(+ 1967年
  • 9月26日 - ジュリー・ロンドン、女優、歌手(+ 2000年

10月

  • 10月15日 - ミシェル・フーコー思想家(+ 1984年
  • 10月15日 - カール・リヒター、指揮者、オルガンチェンバロ奏者(+ 1981年
  • 10月18日 - チャック・ベリーミュージシャン
  • 10月18日 - クラウス・キンスキー、俳優(+ 1991年
  • 10月25日 - ガリーナ・ヴィシネフスカヤソプラノ歌手
  • 10月26日 - 滝田政治、元プロ野球選手
  • 10月28日 - ボウイ・クーンメジャーリーグベースボール第5代コミッショナー(+ 2007年

11月

  • 11月3日 - 山口瞳、小説家・コピーライター・エッセイスト(+ 1995年
  • 11月14日 - 武智文雄、元プロ野球選手
  • 11月20日 - 根本陸夫、元プロ野球選手(+ 1999年)
  • 11月20日 - 赤羽賢司、天文学者
  • 11月25日 - ポール・アンダースンSF作家(+ 2001年

12月

  • 12月1日 - 谷洋一、政治家
  • 12月9日 - 宮脇俊三紀行作家(+ 2003年
  • 12月9日 - 佐田啓二俳優(+ 1964年
  • 12月25日 - メリー喜多川実業家・芸能プロモーター(ジャニーズ事務所の代表取締役副社長)
  • 12月25日(戸籍上は1927年2月25日) - 植木等コメディアン(+ 2007年

死去

1月

  • 1月4日 - マルゲリータ、イタリア王ウンベルト1世の妃(* 1851年
  • 1月15日 - 小栗風葉小説家(* 1875年
  • 1月21日 - カミッロ・ゴルジ医学者(* 1843年
  • 1月28日 - 三浦梧楼、日本の駐朝鮮公使・枢密顧問官(* 1847年
  • 1月28日 - 加藤高明外交官・第24代内閣総理大臣(* 1860年
  • 1月29日 - 古今亭志ん生 (4代目)落語家(* 1877年

2月

  • 2月1日 - 石橋忍月文芸評論家(* 1865年
  • 2月8日 - ウィリアム・ベイトソン遺伝学者(* 1861年
  • 2月12日 - 李完用大韓帝国首相(* 1856年
  • 2月13日 - フランシス・イシドロ・エッジワース経済学者(* 1845年
  • 2月14日 - 大木遠吉司法大臣鉄道大臣(* 1871年
  • 2月21日 - ヘイケ・カメルリング・オネス、物理学者(* 1853年
  • 2月24日 - エディ・プランクメジャーリーグベースボール選手(* 1875年
  • 2月28日 - アルフォンス・ボレリー天文学者(* 1842年

3月

  • 3月2日 - 住友友純実業家(* 1868年
  • 3月3日 - ユリウス・エプシュタインピアニスト(* 1832年
  • 3月9日 - 臼井甕男民間療法「臼井靈氣療法」の肇祖(* 1865年
  • 3月17日 - アレクセイ・ブルシーロフロシア帝国の騎兵大将(* 1853年
  • 3月20日 - ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエデンマーク王フレゼリク8世の妃(* 1851年
  • 3月26日 - コンスタンティン・フェーレンバッハ、第4代ドイツ国首相(* 1852年
  • 3月27日 - 島木赤彦、歌人(* 1876年
  • 3月28日 - ルイ・フィリップ・ロベール (オルレアン公)フランスの王位請求者(* 1869年

4月

  • 4月7日 - 尾崎放哉、歌人(* 1885年
  • 4月9日 - 渋川玄耳ジャーナリスト(* 1872年
  • 4月10日 - 武田仰天子小説家(* 1854年
  • 4月11日 - ルーサー・バーバンク植物学者(* 1849年
  • 4月25日 - 純宗日韓併合時の大韓帝国皇帝(* 1874年
  • 4月27日 - チャーリー・アッベイ、メジャーリーグベースボール選手(* 1866年

5月

  • 5月3日 - クヌート・ヴィクセル経済学者(* 1851年
  • 5月3日 - ナポレオン・ヴィクトル・ボナパルト、フランスの帝位請求者(* 1862年
  • 5月3日 - 三遊亭金馬 (2代目)、落語家(* 1868年
  • 5月16日 - メフメト6世オスマン帝国最後のスルタン(* 1861年
  • 5月25日 - シモン・ペトリューラウクライナの民族主義者(* 1879年

6月

  • 6月9日 - サンフォード・ドール、ハワイ大統領(* 1844年
  • 6月10日 - アントニ・ガウディ建築家(* 1852年
  • 6月14日 - メアリー・カサット画家(* 1844年
  • 6月18日 - オルガギリシャ王ゲオルギオス1世の妃(* 1851年
  • 6月21日 - フィリップ・バーン=ジョーンズ、画家(* 1861年
  • 6月23日 - ヴィクトル・ヴァスネツォフ、画家(* 1848年
  • 6月29日 - フリードリヒ・カール・ギンツェル、天文学者(* 1850年
  • 6月29日 - 桂家残月、落語家(* 1874年

7月

  • 7月4日 - シャルル・ルルー作曲家(* 1851年)
  • 7月12日 - ガートルード・ベルイラク建国の立役者として有名なイギリスの女性情報員(* 1868年
  • 7月20日 - フェリックス・ジェルジンスキーソビエト連邦秘密警察創始者(* 1877年
  • 7月22日 - フリードリヒ・フォン・ヴィーザー、経済学者(* 1851年)
  • 7月23日 - 金子文子アナキスト(* 1903年
  • 7月26日 - ロバート・トッド・リンカーン、第35代アメリカ合衆国陸軍長官(* 1843年

8月

  • 8月1日 - イズレイル・ザングウィル、小説家(* 1864年
  • 8月23日 - ルドルフ・バレンチノ、俳優(* 1895年

9月

  • 9月5日 - カール・ハラー、ドイツ労働者党(後の国家社会主義ドイツ労働者党)共同創設者・初代議長(* 1890年
  • 9月8日 - トーマス・栗原映画監督(* 1885年
  • 9月11日 - 尾上松之助、俳優(* 1875年
  • 9月13日 - 早速整爾大蔵大臣農林大臣(* 1868年
  • 9月14日 - ジョン・ドレイヤー、天文学者(* 1852年
  • 9月15日 - ルドルフ・クリストフ・オイケン哲学者(* 1846年

10月

  • 10月7日 - エミール・クレペリン精神医学者(* 1856年
  • 10月31日 - ハリー・フーディーニ奇術師(* 1874年

11月

  • 11月3日 - アニー・オークレイ射手(* 1860年
  • 11月20日 - 半井桃水、小説家(* 1861年
  • 11月26日 - ジョン・ブローニング銃器設計者(* 1855年

12月

  • 12月5日 - クロード・モネ、画家(* 1840年
  • 12月11日 - 福栁伊三郎大相撲力士(* 1893年
  • 12月16日 - ウィリアム・ラーンドテニス選手(* 1872年
  • 12月23日 - 片岡市蔵 (4代目)歌舞伎役者(* 1880年
  • 12月25日 - 大正天皇、第123代天皇(* 1879年
  • 12月29日 - ライナー・マリア・リルケ詩人(* 1875年
  • 12月30日 - 海山太郎、大相撲の力士(* 1854年

ノーベル賞

  • 物理学賞 - ジャン・ペランフランス
  • 化学賞 - テオドール・スヴェドベリスウェーデン
  • 生理学・医学賞 - ヨハネス・フィビゲルデンマーク
  • 文学賞 - グラツィア・デレッダイタリア
  • 平和賞 - アリスティード・ブリアンフランス)、グスタフ・シュトレーゼマンドイツ

フィクションのできごと

  • 渋川剛気が生まれる。『グラップラー刃牙
*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1926年のスポーツ

1926年のスポーツ
< 1926年
  • 年度別スポーツ記事一覧
1926年前後:1925年のスポーツ - 1926年のスポーツ - 1927年のスポーツ

できごと

総合競技大会

  • 第2回国際女子競技大会(スウェーデンイェーテボリ8月27日29日
  • 第3回明治神宮体育大会(夏季 - 10月1日3日、秋季 - 10月28日11月4日

アメリカンフットボール

  • NFL優勝:フランクフォード・イエロー・ジャケッツ

大相撲

摂政宮杯(現在の天皇賜杯)が完成し、春場所から幕内最高優勝者に授与されることになった。
翌年の大坂相撲との合併を控え、東西連盟大相撲が3月12日から大阪扇町公園で、10月8日から天王寺で行われ、大阪力士の実力判定の材料とされた。また、10月には最高優勝者(常ノ花)に賜杯が授与された。
幕内最高優勝
  • 春(1月14日初日):西横綱 常ノ花寛市(11戦全勝)
  • 夏(5月13日初日):西前頭8枚目 大蛇山酉之助(10勝1敗)
優勝旗手
  • 春:西前頭2枚目 常陸岩英太郎(10勝1敗)
  • 夏:西前頭8枚目 大蛇山酉之助(10勝1敗)

ゴルフ

世界4大大会(男子)

  • 全米オープン優勝者:ボビー・ジョーンズアメリカ
  • 全英オープン優勝者:ボビー・ジョーンズアメリカ
全米プロゴルフ優勝者:ウォルター・ヘーゲンアメリカ)]

自転車競技

ロードレース

  • 第14回ジロ・デ・イタリア
  • : 総合優勝:ジョバンニ・ブルネーロイタリア
  • 第20回ツール・ド・フランス
  • : 総合優勝:ルシアン・ビュイス(ベルギー

テニス

グランドスラム

  • 全豪選手権 男子単優勝:ジョン・ホークスオーストラリア)、女子単優勝:ダフネ・アクハーストオーストラリア
  • 全仏選手権 男子単優勝:アンリ・コシェフランス)、女子単優勝:スザンヌ・ランランフランス
  • ウィンブルドン 男子単優勝:ジャン・ボロトラフランス)、女子単優勝:キティ・ゴッドフリーアメリカ
  • 全米選手権 男子単優勝:ルネ・ラコステフランス)、女子単優勝:モーラ・マロリーノルウェー
フランステニス界の黄金時代。男子は「四銃士」が世界を席巻する。スザンヌ・ランランが世界初の「プロテニス選手」になった。

野球

日本

中学野球

  • 第3回全国選抜中等学校野球大会決勝(阪神甲子園球場4月5日
  • :広陵中学(広島県) 7-0 松本商業(長野県)
  • 第12回全国中等学校優勝野球大会決勝(阪神甲子園球場・8月20日
  • :静岡中学(静岡県) 2-1 大連商業(満州)

アメリカ大リーグ

  • ワールドシリーズ
  • :セントルイス・カージナルスナ・リーグ) (4勝3敗) ニューヨーク・ヤンキースア・リーグ

誕生

  • 1月1日 - 杉山悟(愛知県、野球)
  • 1月1日 - 鳴門海一行(兵庫県、相撲)
  • 1月2日 - 醍醐敏郎(千葉県、柔道)
  • 1月7日 - 須本憲一(徳島県、野球)
  • 2月4日 - ジュラ・グロシチ(ハンガリー、サッカー)
  • 2月11日 - 加茂幸子(東京都、テニス、+2003年
  • 2月20日 - ロバート・リチャーズ(アメリカ、陸上競技)
  • 2月26日 - バーン・ガニア(アメリカ、プロレス)
  • 3月1日 - ピート・ロゼール(アメリカ、アメリカンフットボール、+1996年
  • 3月1日 - 若宮誠一(香川県、野球)
  • 3月4日 - パスカル・ペレス(アルゼンチン、ボクシング、+1977年
  • 3月6日 - アン・カーチス(アメリカ、水泳)
  • 4月2日 - ジャック・ブラバム(オーストラリア、レーシングドライバー)
  • 4月21日 - 山崎善平(東京都、野球、+2005年
  • 5月25日 - ビル・シャーマン(アメリカ、バスケットボール)
  • 6月2日 - 千代の山雅信(北海道、相撲、+1977年
  • 6月13日 - 浜口喜博(香川県、水泳)
  • 6月14日 - ドン・ニューカム(アメリカ、野球)
  • 6月18日 - スベーレ・ステネルセン(ノルウェー、ノルディックスキー、+2005年
  • 6月19日 - 大内山平吉(茨城県、相撲、+1985年
  • 6月24日 - 与那嶺要(アメリカ、野球)
  • 7月4日 - アルフレッド・ディステファノ(アルゼンチン、サッカー)
  • 7月24日 - ハンス・ギュンター・ヴィンクラー(ドイツ、馬術)
  • 9月20日 - 石井庄八(東京都、レスリング、+1980年
  • 9月30日 - 吉本宗康(兵庫県、野球)
  • 10月21日 - ホワイティ・フォード(アメリカ、野球)
  • 11月4日 - 武智文雄(岐阜県、野球)
  • 11月16日 - 荒巻淳(大分県、野球、+1971年
  • 11月20日 - 根本陸夫(茨城県、野球、+1999年
  • 12月22日 - アルシデス・ギジャ(ウルグアイ、サッカー)

死去

  • 3月19日 - ビル・ハッチソン(アメリカ、野球、*1859年
  • 12月16日 - ウィリアム・ラーンド(アメリカ、テニス、*1872年
*すほつ *
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1926年のワールドシリーズ

1926年のワールドシリーズ
1926年のワールドシリーズは、1926年10月2日から10月10日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要

第23回のワールドシリーズ。アメリカンリーグは3年ぶりの出場ニューヨーク・ヤンキースナショナルリーグは初出場セントルイス・カージナルスとの対戦となった。結果は4勝3敗でセントルイス・カージナルスが初出場で初優勝を飾った。

試合結果

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月2日

  • ニューヨーク州 ニューヨーク - ヤンキー・スタジアム

第2戦 10月3日

  • ニューヨーク州 ニューヨーク - ヤンキー・スタジアム

第3戦 10月5日

  • ミズーリ州 セントルイス - スポーツマンズ・パーク

第4戦 10月6日

  • ミズーリ州 セントルイス - スポーツマンズ・パーク

第5戦 10月7日

  • ミズーリ州 セントルイス - スポーツマンズ・パーク

第6戦 10月9日

  • ニューヨーク州 ニューヨーク - ヤンキー・スタジアム

第7戦 10月10日

  • ニューヨーク州 ニューヨーク - ヤンキー・スタジアム

外部リンク

1926 わるとしりす
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件