ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

1925年

1925年

他の紀年法

  • 干支乙丑
  • 日本(月日は一致)
    • 大正14年
    • 皇紀2585年
  • 中国(月日は一致)
    • 中華民国14年
  • 朝鮮(月日は一致)
    • 檀紀4258年
    • 主体14年
  • 阮朝ベトナム
    • 啓定9年12月7日 - 啓定10年11月16日
  • モンゴル人民共和国(月日は一致)
    • モンゴル人民共和国15年
  • 仏滅紀元:2467年~2468年
  • イスラム暦:1343年6月5日~1344年6月15日
  • ユダヤ暦:5685年4月5日~5686年4月14日
  • 修正ユリウス日(MJD):24151~24515
  • リリウス日(LD):124992~125356
※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

できごと

1月

  • 1月1日 - 娯楽雑誌『キング』創刊
  • 1月3日 - イタリアベニート・ムッソリーニ独裁宣言
  • 1月20日 - 日ソ基本条約締結(日本ソ連承認
  • レフ・トロツキー失脚
  • 同人雑誌『青空』創刊(梶井基次郎檸檬』)

2月

  • 2月15日 - 全日本スキー連盟創立
  • 2月17日 - ハワード・カーターエジプト王家の谷ツタンカーメンの王墓を発見
  • 2月20日 - 丸善理科年表』創刊
  • 国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)再建

3月

  • 3月18日 - 東京日暮里で大火(焼失2100戸)
  • 3月22日 - 東京放送局(後の日本放送協会)がラジオ放送開始
  • 3月24日 - 京王電気軌道(後の京王帝都電鉄)新宿-八王子間開通

4月

  • 4月1日 - 新橋演舞場開場
  • 4月18日 - 国際アマチュア無線連合結成総会開催(パリ大学
  • 4月22日 - 治安維持法公布
  • 4月26日 - ドイツ大統領選挙パウル・フォン・ヒンデンブルクが当選
  • 4月28日 - イギリス金本位制に復帰
  • 「汽車時間表」(後のJTB時刻表)創刊

5月

  • 5月1日
    • キプロスが英国の直轄植民地となる。
    • 活動写真フィルム検閲規則が内務省令で発令
    • 松屋呉服店(後の松屋銀座店開店
  • 5月5日 - 普通選挙法公布(25歳以上の男子に選挙権
  • 5月23日 - 北但馬地震
  • 5月30日 - 上海五・三〇事件
  • 北海道製酪販売組合(後の雪印乳業)設立

6月

  • 6月2日 - 五・三〇事件対応のため日米伊の陸戦隊が上陸
  • 6月6日 - 米国でクライスラー社設立
  • 6月17日 - ジュネーヴ議定書署名( 毒ガス細菌兵器使用禁止)
  • ベトナムでホー・チ・ミンがベトナム青年同志会を結成

7月

  • 7月1日 - 広東国民政府が成立
  • 7月18日 - アドルフ・ヒトラー我が闘争第1巻』公表
  • ハイゼンベルク量子力学の行列表示を行う行列力学に到達

8月

  • 8月8日 - クー・クラックス・クラン第1回全国大を開催(ワシントンD.C.

9月

  • 9月18日 - 帝国議会議事堂全焼
  • 9月20日 - 東京六大学野球のリーグ戦が始まる(10月19日早慶戦が復活)。

10月

  • 10月10日 - 北京故宮博物院開設

11月

  • 11月1日 - 山手線で環状運転開始(御徒町駅開業・秋葉原駅旅客営業開始)
  • 11月9日 - アドルフ・ヒトラーを保護する組織としてナチス親衛隊設立
  • 11月13日 - 東京帝国大学地震研究所開設
  • 柳田国男が雑誌「民族」を創刊。民俗学民族学の連携を提唱。

12月

  • 12月1日
    • ロカルノ条約調印(ライン国境の現状維持と不可侵など)
    • 農民労働党結成、即日結社禁止
  • 12月12日 - レザー・ハーンがペルシア皇帝(シャー)に即位(パフラヴィー朝の成立)
  • 12月13日 - 東海道本線国府津駅まで電化
  • 12月18日 - ソ連で第14回共産党大会開催(スターリンの一国社会主議論が採択、トロツキーの永続革命論は排除)
  • 12月25日 - 第51議会召集
  • 12月27日 - 鈴木商店(後の味の素)設立
  • 12月28日 - 大日本相撲協会(後の日本相撲協会)設立
  • 朝鮮総督府庁舎完成

日付不詳

  • 芦ノ湖ブラックバスが放流
  • 米国テネシー州進化論を教えることを禁ずる州法を犯した高校教師が裁判にかけられる
  • 東京港に日の出桟橋建設
  • 帝国女子医学専門学校(東邦大学の前身)設立
  • シリウス伴星として白色矮星が発見
  • レニウムが発見される
  • フランスのカルメットとゲランが弱毒化したウシ型結核菌を『BCG』と命名
  • マスキングテープ発明される
  • 細井和喜蔵女工哀史
  • 水俣漁業組合、日窒水俣工場に工場廃水による被害補償要求

芸術・文化・ファッション

1925年の映画
  • チャールズ・チャップリン黄金狂時代』。
  • セルゲイ・エイゼンシュテイン戦艦ポチョムキン』。

誕生

1月

  • 1月1日 - 大泉滉俳優(+ 1998年
  • 1月12日 - 目時春雄、元プロ野球選手(+ 1995年
  • 1月14日 - 三島由紀夫小説家劇作家(+ 1970年
  • 1月16日 - 阿部八郎、元プロ野球選手
  • 1月17日 - ロバート・コーミア、小説家(+ 2000年
  • 1月18日 - ジル・ドゥルーズ哲学者(+ 1995年
  • 1月24日 - マリア・トールチーフバレエダンサー
  • 1月25日 - ルチアーノ・リッジョ、シチリア・マフィアのボス。(+ 1993年)
  • 1月26日 - ポール・ニューマン俳優
  • 1月27日 - 奥井成一、元プロ野球選手(+ 2008年
  • 1月28日 - 森康二アニメーター(+ 1992年
  • 1月28日 - 佐竹一雄、元プロ野球選手

2月

  • 2月1日 - 大友工、元プロ野球選手
  • 2月2日 - 大橋節夫歌手スチールギター奏者(+ 2006年
  • 2月8日 - ジャック・レモン、俳優(+ 2001年
  • 2月16日 - 冨田弘一郎天文学者(+ 2006年)
  • 2月18日 - ジョー・ルーツ、元メジャーリーガープロ野球監督(+ 2008年
  • 2月20日 - 栃錦清隆大相撲第44代横綱(+ 1990年
  • 2月20日 - ロバート・アルトマン映画監督(+ 2006年)
  • 2月22日 - エドワード・ゴーリー絵本作家(+ 2000年
  • 2月27日 - 豊田章一郎実業家

3月

  • 3月4日 - ポール・モーリア作曲家指揮者(+ 2006年)
  • 3月7日 - 野口正明、元プロ野球選手(+ 2004年
  • 3月12日 - 江崎玲於奈物理学者
  • 3月14日 - 小林英一、元プロ野球選手
  • 3月16日 - ルイス・ミラモンテス化学者(+ 2004年)
  • 3月17日 - 小尾信彌天文学者
  • 3月23日 - 潮健児俳優(+ 1993年
  • 3月25日 - パウル・ビーヘル児童文学作家(+ 2006年)
  • 3月26日 - ピエール・ブーレーズ、作曲家・指揮者

4月

  • 4月25日 - 富永一朗漫画家
  • 4月26日 - 胡桃沢耕史、作家(+ 1994年

5月

  • 5月1日 - 大道寺小三郎みちのく銀行元会長(+ 2005年
  • 5月10日 - 橋田壽賀子脚本家
  • 5月19日 - マルコムX、黒人運動指導者(+ 1965年
  • 5月19日 - ポル・ポトカンボジア革命家政治家(+ 1998年
  • 5月22日 - ジャン・ティンゲリー現代美術家(+ 1991年
  • 5月28日 - ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウバリトン歌手

6月

  • 6月6日 - 大滝秀治、俳優
  • 6月9日 - ジミー・ニューベリー、元プロ野球選手
  • 6月22日 - 櫟信平、元プロ野球選手(+ 2008年
  • 6月24日 - 与那嶺要、元プロ野球選手
  • 6月25日 - 加藤芳郎、漫画家(+ 2006年

7月

  • 7月1日 - 荒木茂、元プロ野球選手
  • 7月15日 - 出羽錦忠雄大相撲力士・元関脇(+ 2005年
  • 7月21日 - 藤沢嵐子歌手

8月

  • 8月3日 - 広田順、元プロ野球選手(+ 2003年
  • 8月13日 - 佐野浅夫俳優
  • 8月19日 - 渡辺宙明、作曲家・編曲家
  • 8月27日 - 丸谷才一、作家・英文学者
  • 8月29日 - 武智修、元プロ野球選手(+ 1985年

9月

  • 9月7日 - ローラ・アシュレイファッションデザイナー(+ 1985年
  • 9月17日 - 杉下茂、元プロ野球選手
  • 9月20日 - ラーマ8世タイチャクリー王朝第8代国王(+ 1946年
  • 9月28日 - シーモア・クレイスーパーコンピュータ設計者(+ 1996年

10月

  • 10月2日 - 海野和三郎、天文学者
  • 10月2日 - 近藤貞雄、元プロ野球選手(+ 2006年)
  • 10月9日 - 関口清治、元プロ野球選手(+ 2007年
  • 10月13日 - マーガレット・サッチャー、英国首相(在任 1979年 - 1990年
  • 10月13日 - 森本哲郎評論家・元東京女子大学教授
  • 10月20日 - 野中広務、元自民党衆議院議員・元京都府副知事
  • 10月27日 - ウォーレン・クリストファー政治家
  • 10月29日 - 辻源兵衛、元プロ野球選手

11月

  • 11月6日 - 桂米朝 (3代目)落語家人間国宝
  • 11月16日 - 草場良八、第12代最高裁判所長官
  • 11月20日 - ジューン・クリスティジャズ歌手(+ 1990年
  • 11月20日 - マイヤ・プリセツカヤバレエダンサー

12月

  • 12月3日 - 金大中、第15代韓国大統領
  • 12月6日 - 東久邇成子、日本の皇族(+ 1961年
  • 12月8日 - 大石真児童文学作家(+ 1990年
  • 12月9日 - 朝倉響子彫刻家

死去

  • 1月3日 - 阿部秀助、慶大教授(* 1876年
  • 1月3日 - 尾本知道、海軍中将(* 1850年
  • 1月5日 - 柴田畦作、工学博士、東京帝大教授(* 1873年
  • 1月9日 - 木内重四郎、官僚(* 1866年
  • 1月12日 - 瀧川辨三、実業家、貴族院議員(* 1851年
  • 1月21日 - 竹内次郎、海軍少将(* 1867年
  • 1月24日 - 島津壮之助、男爵
  • 1月29日 - 中村覚、陸軍大将(* 1854年
  • 1月30日 - 太秦供康、男爵、貴族院議員(* 1866年
  • 2月3日 - オリヴァー・ヘヴィサイド技術者数学者(* 1850年
  • 2月4日 - 横田千之助、政治家(* 1870年
  • 2月15日 - 木下利玄歌人(* 1886年
  • 2月24日 - カール・ヤルマール・ブランティングスウェーデン首相(* 1860年
  • 2月28日 - フリードリヒ・エーベルトドイツ国大統領(* 1871年
  • 3月4日 - モーリッツ・モシュコフスキ作曲家(* 1854年
  • 3月4日 - モンテ・ウォードメジャーリーグベースボール選手(* 1860年
  • 3月7日 - ゲオルギー・リヴォフロシア臨時政府初代首相(* 1861年
  • 3月12日 - 孫文辛亥革命の指導者・中華民国臨時大総統(* 1866年
  • 3月30日 - ルドルフ・シュタイナー神秘主義思想家(* 1861年
  • 4月14日 - ジョン・シンガー・サージェント画家(* 1856年
  • 4月20日 - 久野久ピアニスト(*1885年)日本人国産第一号のピアニスト
  • 4月22日 - アンドレ・カプレ、作曲家(* 1878年
  • 5月2日 - ヨハン・パリサ天文学者(* 1848年
  • 5月14日 - ヘンリー・ライダー・ハガード小説家(* 1856年
  • 5月22日 - ジョン・フレンチイギリス陸軍元帥(* 1852年
  • 6月1日 - トーマス・R・マーシャル、第28代アメリカ合衆国副大統領(* 1854年
  • 6月22日 - フェリックス・クライン数学者(* 1849年
  • 7月1日 - エリック・サティ、作曲家(* 1866年)
  • 7月26日 - ゴットロープ・フレーゲ、数学者・論理学者・思想家(* 1848年
  • 7月26日 - ウィリアム・ジェニングス・ブライアンアメリカ合衆国国務長官(* 1860年
  • 8月5日 - ジョルジュ・パラント、思想家・哲学者(* 1862年
  • 8月25日 - フランツ・コンラート・フォン・ヘッツェンドルフオーストリア=ハンガリー帝国の参謀総長(* 1852年
  • 9月16日 - アレクサンドル・フリードマン、数学者(* 1888年
  • 9月29日 - レオン・ブルジョワフランス首相(* 1851年
  • 10月7日 - クリスティ・マシューソンメジャーリーグベースボール選手(* 1880年
  • 10月9日 - フーゴー・プロイス法学者(* 1860年
  • 10月31日 - ミハイル・フルンゼロシア革命時のボルシェヴィキ指導者(* 1885年
  • 11月20日 - アレクサンドライギリスエドワード7世の妃(* 1844年
  • 11月26日 - ラーマ6世シャム王(* 1880年
  • 12月5日 - ヴワディスワフ・レイモント、小説家(* 1867年
  • 12月19日 - ポール・ヴィノグラドフ法制史学者(* 1854年
  • 12月20日 - エドワード・モース、動物学者(* 1838年
  • 12月22日 - アリス・ヘインモナコ大公アルベール1世の妃(* 1858年
  • 12月25日 - カール・アーブラハム精神医学者(* 1877年

ノーベル賞

  • 物理学賞 - ジェイムス・フランクグスタフ・ヘルツ
  • 化学賞 - リヒャルト・ジグモンディ
  • 生理学・医学賞 - 受賞者なし
  • 文学賞 - ジョージ・バーナード・ショー
  • 平和賞 - オーステン・チェンバレン (Sir Austen Chamberlain)、チャールズ・ドーズ
*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1925年のスポーツ

1925年のスポーツ
< 1925年
  • 年度別スポーツ記事一覧
1925年前後:1924年のスポーツ - 1925年のスポーツ - 1926年のスポーツ

できごと

総合競技大会

  • 第7回極東選手権競技大会フィリピンマニラ5月16日23日
  • 第2回明治神宮競技大会(夏季 - 10月10日12日、秋季 - 10月28日11月3日

アメリカンフットボール

  • NFL優勝:シカゴ・カージナルス

大相撲

4月、皇太子(のちの昭和天皇)の台覧相撲が東宮御所でおこなわれ、そのときの下賜金で摂政宮杯がつくられ、翌年から個人優勝者に持ち回りで授与されるようになった。
7月、東京・大阪の両相撲協会の合併が調印された。
11月14日より、東西合同にともなう力量審査のため、京都市内で合併相撲が行われた。
12月28日、9月30日に申請した財団法人の認可がおりた。当時の名称は「大日本相撲協会」であった。
優勝掲額者
  • 春(1月9日初日):東張出横綱 栃木山守也(10勝1敗)
  • 夏(5月14日初日):東横綱 西ノ海嘉治郎(9勝2敗)
優勝旗手
  • 春:西張出小結 若葉山鐘(8勝2敗1休)
  • 夏:東張出関脇 能代潟錦作(8勝2敗1分)

ゴルフ

世界4大大会(男子)

  • 全米オープン優勝者:ウィリアム・マクファーレン(アメリカ
  • 全英オープン優勝者:ジム・バーンズ(アメリカ
全米プロゴルフ優勝者:ウォルター・ヘーゲンアメリカ)]

自転車競技

ロードレース

  • 第13回ジロ・デ・イタリア
総合優勝:アルフレッド・ビンダイタリア
  • 第19回ツール・ド・フランス
総合優勝: オッタビオ・ボテッキアイタリア

テニス

グランドスラム

  • 全豪選手権 男子単優勝:ジェームズ・アンダーソンオーストラリア)、女子単優勝:ダフネ・アクハーストオーストラリア
  • 全仏選手権 男子単優勝:ルネ・ラコステフランス)、女子単優勝:スザンヌ・ランランフランス
  • ウィンブルドン 男子単優勝:ルネ・ラコステフランス)、女子単優勝:スザンヌ・ランランフランス
  • 全米選手権 男子単優勝:ビル・チルデンアメリカ)、女子単優勝:ヘレン・ウィルスアメリカ
全仏選手権がこの年から「国際大会」になり、フランス人以外の選手にも出場資格が与えられるようになった。この大会に関しては、「公認優勝記録」は1925年以後のものとなる。全米選手権の男子シングルスで、“ビッグ・ビル”ことチルデンが大会6連覇を達成。

野球

日本

中学野球

  • 第2回全国選抜中等学校野球大会決勝(阪神甲子園球場4月5日
  • :松山商業(愛媛県) 3-2 高松商業(香川県)
  • 第11回全国中等学校優勝野球大会決勝(阪神甲子園球場・8月23日
  • :高松商業(香川県) 5-3 早稲田実業(東京府)

アメリカ大リーグ

  • ワールドシリーズ
  • :ピッツバーグ・パイレーツナ・リーグ) (4勝3敗) ワシントン・ナショナルズア・リーグ

誕生

  • 1月4日 - ベイコ・ハクリーネン(フィンランド、ノルディックスキー)
  • 2月1日 - 大友工(兵庫県、野球)
  • 2月20日 - 栃錦清隆(東京都、相撲、+1990年
  • 3月7日 - 全演植(韓国、競馬、+1993年
  • 3月12日 - ルイゾン・ボベ(フランス、自転車競技、+1983年
  • 3月21日 - 信夫山治貞(福島県、相撲、+1977年
  • 4月4日 - デットマール・クラマー(ドイツ、サッカー)
  • 5月12日 - ヨギ・ベラ(アメリカ、野球)
  • 6月20日 - ドリス・ハート(アメリカ、テニス)
  • 7月15日 - 出羽錦忠雄(東京都、相撲、+2005年
  • 7月18日 - シャーリー・ド・ラハンティ(オーストラリア、陸上競技)
  • 7月28日 - フアン・スキアフィーノ(ウルグアイ、サッカー)
  • 9月17日 - 杉下茂(東京都、野球)
  • 10月2日 - 近藤貞雄(愛知県、野球、+2006年
  • 10月9日 - 関口清治(旧台湾、野球、+2007年
  • 10月19日 - 夏井昇吉(秋田県、柔道、+2006年
  • 11月28日 - ヨージェフ・ボジク(ハンガリー、サッカー)

死去

  • 4月20日 - ハーバート・ローフォード(イギリス、テニス、*1851年
  • 10月7日 - クリスティ・マシューソン(アメリカ、野球、*1880年
  • 11月12日 - ロバート・レン(アメリカ、テニス、*1873年
*すほつ *
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1925年のワールドシリーズ

1925年のワールドシリーズ
1925年のワールドシリーズは、1925年10月7日から10月15日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要

第22回のワールドシリーズ。アメリカンリーグは前年の覇者ワシントン・セネタースナショナルリーグは16年ぶりの出場ピッツバーグ・パイレーツとの対戦となった。結果は4勝3敗でピッツバーグ・パイレーツが16年ぶり2回目の優勝。

試合結果

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月7日

  • ペンシルバニア州 ピッツバーグ - フォーブス・フィールド

第2戦 10月8日

  • ペンシルバニア州 ピッツバーグ - フォーブス・フィールド

第3戦 10月10日

  • ワシントンD.C. - グリフィス・スタジアム

第4戦 10月11日

  • ワシントンD.C. - グリフィス・スタジアム

第5戦 10月12日

  • ワシントンD.C. - グリフィス・スタジアム

第6戦 10月13日

  • ペンシルバニア州 ピッツバーグ - フォーブス・フィールド

第7戦 10月15日

  • ペンシルバニア州 ピッツバーグ - フォーブス・フィールド

外部リンク

1925 わるとしりす
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件