ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

1915年

1915年

他の紀年法

  • 干支 : 乙卯
  • 日本(月日は一致)
    • 大正4年
    • 皇紀2575年
  • 中国(月日は一致)
    • 中華民国4年
  • 朝鮮(月日は一致)
    • 檀紀4248年
    • 主体4年
  • ベトナム
    • 阮朝 : 維新8年11月16日 - 維新9年11月25日
  • モンゴル国
    • 共戴4年11月16日 - 共戴5年4月26日(グレゴリオ暦6月8日)
  • 仏滅紀元 : 2457年閏10月1日 - 2458年閏9月10日
  • ヒジュラ暦(イスラム暦) : 1333年2月14日 - 1334年2月23日
  • ユダヤ暦 : 5675年4月15日 - 5676年4月24日
  • 修正ユリウス日(MJD) : 20498 - 20862
  • リリウス日(LD) : 121339 - 121703
※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。
※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

できごと

  • 1月13日 - イタリア王国アヴェッツァーノで大地震(M6.8、死者約3万人)
  • 1月18日 - 日本中華民国袁世凱政権に対華21ヶ条を要求
  • 1月19日 - 第一次世界大戦: 独軍が英本土をツェッペリン飛行船で空爆開始
  • 1月24日 - テキサス州サンディエゴ計画発覚
  • 3月18日 - 第一次世界大戦:連合国によるダーダネルス海峡進攻作戦(ガリポリの戦い)が失敗
  • 3月25日 - 第12回衆議院議員総選挙
  • 4月22日 - ベルギーで行われたイーペルの戦いで、ドイツ軍毒ガス使用。フランス兵15000人が中毒を起こし、その内のおよそ5000人が死去
  • 4月26日 - 第一次世界大戦:イタリアが連合国側に参戦する代わりに、南ティロルダルマチアなどを得るロンドン密約が結ばれる。
  • 5月7日 - イギリス客船ルシタニア号が、ドイツのUボートの攻撃を受けて沈没する(ルシタニア号事件)。乗客1198人が死去。その内、米国人が139人。
  • 5月9日 - 袁世凱政権が日本の対華21ヶ条要求を受諾
  • 5月17日 - 第36特別議会召集
  • 5月23日 - 第一次世界大戦:イタリアが連合国側で参戦
  • 6月7日 - ロシア中華民国モンゴル、キャフタ協定に調印。モンゴルに対する中華民国の宗主権の存在に合意。
  • 6月23日 - 第一次イゾンツォの戦い(〜7月7日
  • 7月 - 米国ハイチを占領する。
  • 7月 - 第一次世界大戦:イギリスがフサイン・マクマホン協定を結び、戦後のアラブ独立を約束する。
  • 7月18日 - 第二次イゾンツォの戦い(〜8月3日
  • 8月18日 - 第1回全国中等学校優勝野球大会 (後の全国高等学校野球選手権大会) 開幕
  • 9月5日 - スイスのツィマーバルトで社会主義者国際反戦会議が開催
  • 10月11日 - 第一次世界大戦:ブルガリアが同盟国側で参戦
  • 10月18日 - 第三次イゾンツォの戦い(〜11月3日
  • 10月19日 - 第一次世界大戦:日本が戦後の権益に関する連合国側の秘密協定であるロンドン宣言に加入
  • 11月10日 - 第四次イゾンツォの戦い(〜12月2日
  • 11月29日 - 第37議会召集
  • 12月9日 - 三毛別羆事件発生

日付不詳

  • 7月 - 石原純、論文「重力の相対論」(「東北帝大理科報告」)
  • 11月 - 田辺元「最近の自然科学」
  • サマセット・モーム人間の絆
  • 芥川龍之介羅生門

スポーツ

  • 中等学校野球
    • 第1回全国中等学校優勝野球大会 京都第二中学 2-1 秋田中学 (8月18日~22日)
  • 大相撲(幕内最高優勝)
    • 春場所 鳳谷五郎
    • 夏場所 太刀山峯右エ門

誕生

1月

  • 1月1日 - 北村治禧彫刻家(+ 2001年
  • 1月2日 - 5代目柳家小さん、落語家(+ 2002年
  • 1月2日 - 古川正男、元プロ野球選手
  • 1月30日 - ジョン・プロヒューモイギリス陸相(+ 2006年

2月

  • 2月1日 - スタンリー・マシューズ、元サッカー選手(+ 2000年
  • 2月14日 - 小松崎茂画家イラストレーター(+ 2001年
  • 2月28日 - 小島信夫小説家(+ 2006年)

3月

  • 3月5日 - ローラン・シュワルツ数学者(+ 2002年)
  • 3月20日 - スヴャトスラフ・リヒテルピアニスト(+ 1997年
  • 3月21日 - 松平永芳靖国神社宮司(+ 2005年
  • 3月22日 - 濃人渉、元プロ野球選手(+ 1990年
  • 3月29日 - 佐藤功法学者(+ 2006年)

4月

  • 4月7日 - ビリー・ホリデイジャズ歌手(+ 1959年
  • 4月13日 - 大山デブ子女優(+ 1981年

5月

  • 5月6日 - オーソン・ウェルズ俳優演出家映画監督(+ 1985年
  • 5月27日 - 枩浦潟達也大相撲力士小結(+ 1945年
  • 5月29日 - 森弘太郎、元プロ野球選手(+ 1966年

6月

  • 6月9日 - レス・ポールギタリスト
  • 6月15日 - 山本夏彦随筆家(+ 2002年)
  • 6月20日 - テレンス・ヤング映画監督(+ 1994年
  • 6月29日 - 柳宗理インダストリアルデザイナー

7月

  • 7月9日 - デイヴィッド・ダイアモンド作曲家(+ 2005年
  • 7月10日 - ソール・ベロー小説家 (+ 2005年)
  • 7月16日 - 青木半治、スポーツ指導者、日本陸上競技連盟名誉会長
  • 7月20日 - 景浦將、元プロ野球選手(+ 1945年
  • 7月27日 - マリオ・デル=モナコテノール歌手(+ 1982年

8月

  • 8月1日 - 小平忠政治家(+ 2000年
  • 8月15日 - 神沢浄、政治家(+ 2007年
  • 8月24日 - ジェイムズ・ティプトリー・Jr.SF作家(+ 1987年
  • 8月28日 - ターシャ・テューダー絵本画家挿絵画家・園芸家人形作家(+ 2008年
  • 8月29日 - イングリッド・バーグマン女優(+ 1982年)
  • 8月31日 - 菊矢吉男、元プロ野球選手(+ 1990年)

9月

  • 9月15日 - 鯨岡兵輔政治家(+ 2003年

10月

  • 10月1日 - 浅野勝三郎、元プロ野球選手
  • 10月11日 - 松尾五郎、元プロ野球選手
  • 10月15日 - ダド・マリノ、アメリカ合衆国のプロボクサー、第15代世界フライ級王者(+ 1989年
  • 10月17日 - アーサー・ミラー劇作家(+ 2005年)
  • 10月25日 - 石田光彦、元プロ野球選手(+ 1980年
  • 10月31日 - 林清一、元プロ野球選手(+ 1990年

11月

  • 11月12日 - ロラン・バルト思想家(+ 1980年
  • 11月20日 - 市川崑映画監督(+ 2008年
  • 11月20日 - 庄野英二児童文学者(+ 1993年

12月

  • 12月2日 - 三笠宮崇仁親王日本皇族大正天皇の第四皇子
  • 12月7日 - リイ・ブラケットSF作家(+ 1978年
  • 12月9日 - エリーザベト・シュヴァルツコップソプラノ歌手(+ 2006年)
  • 12月12日 - フランク・シナトラ歌手(+ 1998年
  • 12月13日 - クルト・ユルゲンス俳優(+ 1982年)
  • 12月19日 - エディット・ピアフ、歌手(+ 1963年

死去

1月

  • 1月1日 - 岡田良一郎勧業資金積立組合創設者・衆議院議員(* 1839年
  • 1月2日 - カール・ゴルトマルク作曲家(* 1830年
  • 1月5日 - 永倉新八新選組副長助勤(* 1839年
  • 1月12日 - 有坂成章軍人(* 1852年
  • 1月14日 - 近藤朔風翻訳家(* 1880年
  • 1月18日 - アナトーリイ・ステッセリ、軍人(* 1848年
  • 1月24日 - アルトゥル・アウヴェルス天文学者(* 1838年
  • 1月26日 - 大久保春野、軍人・華族(* 1846年
  • 1月27日 - 大関増徳黒羽藩主(* 1839年

2月

  • 2月8日 - 長塚節歌人(* 1879年
  • 2月12日 - エミール・ワルトトイフェル、作曲家(* 1837年
  • 2月20日 - 岩村通俊農商務大臣宮中顧問官・初代北海道庁長官・華族(* 1840年
  • 2月28日 - 瀬沼夏葉小説家翻訳家(* 1875年

3月

  • 3月13日 - セルゲイ・ヴィッテ、政治家(* 1849年
  • 3月14日 - ウォルター・クレーン芸術家(* 1845年
  • 3月18日 - 香川敬三志士・枢密顧問官・華族(* 1841年
  • 3月21日 - 鈴木清、初代赤心社社長(* 1848年
  • 3月21日 - フレデリック・テイラーエンジニア経営学者(* 1856年
  • 3月26日 - ミシェル・ブレアル言語学者(* 1832年

4月

  • 4月2日 - 前場喜司馬、新選組隊士(* 1846年
  • 4月3日 - イツホク・レイブシュ・ペレツ劇作家詩人・小説家(* 1851年1852年
  • 4月6日 - カーティス・ギルド、マサチューセッツ州知事・軍人(* 1860年
  • 4月25日 - 伊藤一郎、衆議院議員・教育家(* 1850年
  • 4月25日 - フレデリック・ウィリアム・スワード、第6代アメリカ合衆国国務次官補(* 1830年
  • 4月27日 - アレクサンドル・スクリャービン、作曲家・ピアニスト(* 1872年

5月

  • 5月9日 - アンソニー・ワイルディングテニス選手(* 1883年
  • 5月10日 - カール・ゴットハルト・ランプレヒト歴史家(* 1856年
  • 5月14日 - ウィルヘルム・ローゼ、天文学者(* 1845年
  • 5月16日 - ジュリヤン・ボードリエ書誌学者(* 1860年
  • 5月20日 - チャールズ・フランシス・アダムズユニオン・パシフィック鉄道社長・軍人(* 1835年

6月

  • 6月3日 - 横山源之助ジャーナリスト(* 1871年
  • 6月6日 - 酒井忠篤庄内藩主・華族(* 1853年
  • 6月19日 - セルゲイ・タネーエフ、作曲家・ピアニスト・教育家(* 1856年
  • 6月29日 - マルチナ・バーグマン=オスターバーグ、教育家(* 1849年

7月

  • 7月2日 - ポルフィリオ・ディアスメキシコ大統領(* 1830年

8月

  • 8月5日 - 佐久間左馬太、軍人・台湾総督近衛師団長・華族(* 1844年
  • 8月6日 - ベンジャミン・トレイシー弁護士検事判事・軍人・アメリカ合衆国海軍長官(* 1830年
  • 8月10日 - ヘンリー・モーズリー物理学者(* 1887年
  • 8月19日 - 島津忠済貴族院議員・華族(* 1855年
  • 8月20日 - パウル・エールリヒ細菌学者化学者ノーベル生理学・医学賞受賞者(* 1854年
  • 8月22日 - オギュスタン・バリエ、作曲家・オルガニスト(* 1883年
  • 8月28日 - ジョン・デイヴィス・ロング、弁護士・マサチューセッツ州知事・アメリカ合衆国海軍長官(* 1838年
  • 8月31日 - グリーン・バーディマン・ブラック歯科医師(* 1836年
  • 8月31日 - アドルフ・ペグー操縦士(* 1889年

9月

  • 9月1日 - 井上馨外務大臣農商務大臣内務大臣元老・華族(* 1836年
  • 9月28日 - 斎藤一武士・新選組副長助勤・警察官(* 1844年
  • 9月29日 - ルディ・シュテファン、作曲家(* 1887年

10月

  • 10月7日 - フリードリヒ・ハーゼノール、物理学者(* 1874年
  • 10月11日 - ジャン・アンリ・ファーブル、生物学者(* 1823年
  • 10月12日 - パンクラティア・ボンフィル修道士・教育家(* 不詳)
  • 10月22日 - ヴィルヘルム・ヴィンデルバント哲学者(* 1848年

11月

  • 11月14日 - テオドル・レシェティツキ音楽教育者・作曲家・ピアニスト(* 1830年
  • 11月15日 - ブッカー・T・ワシントン、教育家・作家(* 1856年

12月

  • 12月19日 - アロイス・アルツハイマー医師(* 1864年

日時不詳

  • 日時不詳 - 糸洲安恒空手家(* 1831年
  • 日時不詳 - ホセ・マリア・ウサンディサーガ、作曲家(* 1887年
  • 日時不詳 - ピョートル・ドゥルノヴォ法律家官僚・政治家(* 1845年
  • 日時不詳 - 東恩納寛量空手家(* 1853年
  • 日時不詳 - 本城問亭漢学者(* 1863年
  • 日時不詳 - クロード・マクドナルド外交官(* 1852年
  • 日時不詳 - 渡辺篤京都見廻組(* 1843年

ノーベル賞

  • 物理学賞 - ヘンリー・ブラッグローレンス・ブラッグ
  • 化学賞 - リヒャルト・ヴィルシュテッター
  • 生理学・医学賞 - 該当者なし
  • 文学賞 - ロマン・ロラン
  • 平和賞 - 該当者なし
*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1915年のスポーツ

1915年のスポーツ
< 1915年
  • 年度別スポーツ記事一覧
1915年前後:1914年のスポーツ - 1915年のスポーツ - 1916年のスポーツ

総合競技大会

  • 第2回極東選手権競技大会上海5月15日22日

アイスホッケー

  • スタンレー・カップ:バンクーバー・ミリオネアズ (PCHA) (3勝0敗) オタワ・セネターズ (NHA)

大相撲

優勝掲額者
  • 春(1月15日初日):西大関 鳳谷五郎(10戦全勝)
  • 夏(6月4日初日):西横綱 太刀山峯右エ門(10戦全勝)
優勝旗手
  • 春:東前頭12枚目 大錦卯一郎 8勝1敗1休
  • 夏:東小結 大錦卯一郎 9勝1敗

ゴルフ

世界4大大会(男子)

  • 全米オープン優勝者:ジェローム・トラバース(アメリカ
全米プロゴルフ選手権が始まるのは、翌1916年からである。全英オープン第1次世界大戦のため中止された。

テニス

グランドスラム

  • 全豪選手権 男子単優勝:ゴードン・ロウイギリス
  • 全米選手権 男子単優勝:ビル・ジョンストンアメリカ)、女子単優勝:モーラ・ビュルステットノルウェー
全豪選手権はこの年まで大会開催があったが、全仏選手権ウィンブルドン選手権第1次世界大戦のため中止された。全米女子優勝者のモーラ・ビュルステットは、1912年ストックホルム五輪ノルウェー代表選手であったが、この年に仕事で渡米した。

野球

日本

中学野球

  • 第1回全国中等学校優勝野球大会決勝(豊中グラウンド8月22日
  • :京都二中(京都府) 2-1 秋田中(秋田県)

アメリカ大リーグ

  • ワールドシリーズ
  • :ボストン・レッドソックスア・リーグ) (4勝1敗) フィラデルフィア・フィリーズナ・リーグ
  • フェデラル・リーグ解体
  • :フェデラル・リーグ優勝:シカゴ・ホエールズ

誕生

  • 1月20日 - 遊佐正憲(香川県、水泳、+1975年
  • 2月1日 - スタンリー・マシューズ(イングランド、サッカー、+2000年
  • 2月25日 - ロイ・ウェザリー(アメリカ、野球、+1991年
  • 3月22日 - 濃人渉(広島県、野球、+1990年
  • 3月30日 - アルセニオ・エリコ(パラグアイ、サッカー、+1977年
  • 5月1日 - アーチボルド・ウィリアムズ(アメリカ、陸上競技、+1993年
  • 5月15日 - 牧野正蔵(静岡県、水泳、+1987年
  • 6月13日 - ドン・バッジ(アメリカ、テニス、+2000年
  • 7月20日 - 景浦將(愛媛県、野球、+1945年
  • 9月16日 - 井上清次(神奈川県、ゴルフ、+1992年
  • 9月17日 - 中村寅吉(神奈川県、ゴルフ、+2008年
  • 11月19日 - アニタ・リザナ(チリ、テニス、+1994年
  • 12月12日 - 小池礼三(静岡県、水泳、+1998年

死去

  • 3月13日 - ウィンダム・ハルスウェル(イギリス、陸上競技、*1882年
  • 5月9日 - アンソニー・ワイルディング(ニュージーランド、テニス、*1883年
  • 5月9日 - フランソワ・ファベール(ルクセンブルク、自転車競技、*1887年
  • 9月9日 - アルバート・スポルディング(アメリカ、野球、*1850年
*すほつ *
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1915年のワールドシリーズ

1915年のワールドシリーズ
1915年のワールドシリーズは、1915年10月8日から10月13日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要

第12回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは3年ぶりのボストン・レッドソックスナショナルリーグは初出場のフィラデルフィア・フィリーズとの対戦となった。結果は4勝1敗でボストン・レッドソックスが3年ぶり3回目の優勝。

試合結果

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月8日

  • ペンシルバニア州 フィラデルフィア - ベイカー・ボウル

第2戦 10月9日

  • ペンシルバニア州 フィラデルフィア - ベイカー・ボウル

第3戦 10月11日

  • マサチューセッツ州 ボストン - ブレーブス・フィールド

第4戦 10月12日

  • マサチューセッツ州 ボストン - ブレーブス・フィールド

第5戦 10月13日

  • ペンシルバニア州 フィラデルフィア - ベイカー・ボウル

外部リンク

baseball-reference.com1915 World Series
1915 わるとしりす
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件