ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

1882年

1882年

他の紀年法

  • 干支壬午
  • 日本(月日は一致)
    • 明治15年
    • 皇紀2542年
  • 光緒7年11月12日 - 光緒8年11月22日
  • 朝鮮
    • 李氏朝鮮高宗19年
    • 檀紀4215年
  • 阮朝ベトナム
    • 嗣徳34年11月12日 - 嗣徳35年11月22日
  • 仏滅紀元:2424年~2425年
  • イスラム暦:1299年2月10日~1300年2月20日
  • ユダヤ暦:5642年4月10日~5643年4月21日
  • 修正ユリウス日(MJD):8446~8810
  • リリウス日(LD):109287~109651
※檀紀は、大韓民国1948年に法的根拠を与えられたが、1962年からは公式な場では使用されていない。

できごと

  • 1月6日 - 軍人勅諭発布
  • 3月19日 - サグラダ・ファミリア教会建設開始
  • 3月20日 - 上野動物園開園
  • 4月6日 - 板垣退助自由党党首が遊説中に暴漢に襲われる(岐阜事件
  • 5月5日 - 嘉納治五郎により講道館設立
  • 8月5日 - 戒厳令制定
  • 8月23日 - 皇典講究所(のちの國學院大學)設立
  • 10月10日 - 日本銀行開業
  • 10月15日 - 曹洞宗大学林専門本校(のちの駒澤大学)開校
  • 10月21日 - 東京専門学校(のちの早稲田大学)創立
  • 12月4日 - 英国で王立裁判所落成

日付未詳

  • 伊藤博文ヨーロッパ視察へ

誕生

  • 1月4日 - 梅津美治郎、陸軍軍人(+ 1949年
  • 1月18日 - A・A・ミルン小説家(+ 1956年
  • 1月24日 - ハロルド・バブコック天文学者(+ 1968年
  • 1月25日 - ヴァージニア・ウルフ、小説家(+ 1941年
  • 1月30日 - フランクリン・デラノ・ルーズベルト、第32代アメリカ合衆国大統領(+1945年
  • 2月2日 - ジェイムズ・ジョイス、小説家(+ 1941年
  • 2月17日 - 前田米蔵政治家(+ 1954年
  • 2月20日 - エリー・ナーデルマン彫刻家(+ 1946年
  • 2月22日 - エリック・ギル、彫刻家・タイポグラファー版画家(+ 1940年
  • 4月7日 - 小川未明、小説家(+ 1961年
  • 4月17日 - アルトゥル・シュナーベルピアニスト(+ 1951年
  • 4月18日 - 五島慶太、実業家・東京急行電鉄創始者(+ 1959年
  • 4月18日 - レオポルド・ストコフスキー指揮者(+ 1977年
  • 5月4日 - 堀切善兵衛、政治家・第26代衆議院議長(+ 1946年
  • 5月5日 - 金田一京助、言語学者(+ 1971年
  • 5月13日 - ジョルジュ・ブラック画家(+ 1963年
  • 5月14日 - 斎藤茂吉歌人精神科医(+ 1953年
  • 5月29日 - 野口雨情詩人作詞家(+ 1945年
  • 6月17日ユリウス暦6月5日)- イーゴリ・ストラヴィンスキー、作曲家(+ 1971年
  • 6月18日 - ゲオルギ・ディミトロフブルガリアの指導者(+ 1949年
  • 7月13日 - 青木繁、洋画家(+ 1911年
  • 9月29日 - 鈴木三重吉児童文学作家(+ 1936年
  • 10月15日 - 野村胡堂、小説家、音楽評論家(+ 1963年
  • 10月19日 - ウンベルト・ボッチョーニ画家彫刻家(+ 1916年
  • 11月26日 - 有島生馬、洋画家(+ 1974年
  • 12月3日 - 種田山頭火、俳人(+ 1940年
  • 12月10日 - 東郷茂徳、外交官(+ 1950年
  • 12月16日 - ウォルサー・マイスナー物理学者(+ 1974年

死去

  • 1月11日 - テオドール・シュワン生物学者(* 1810年
  • 2月1日 - アントワーヌ・ビュシー化学者(* 1794年
  • 2月11日 - フランチェスコ・アイエツ画家(* 1791年
  • 2月19日 - 岩井半四郎 (8代目)歌舞伎役者(* 1829年
  • 3月3日 - ホーレス・メイナード、第31代アメリカ合衆国郵政長官(* 1814年
  • 3月15日 - トーマス・ヒル・グリーン哲学者(* 1836年
  • 3月24日 - カーリー・ビル西部開拓時代ガンマン(* 1845年
  • 4月3日 - ジェシー・ジェイムズ、西部開拓時代のガンマン・アウトロー(* 1847年
  • 4月4日 - 朝日嶽鶴之助大相撲力士(* 1840年
  • 4月10日 - ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、画家・詩人(* 1828年
  • 4月10日 - ウィリアム・ハルバートナショナルリーグ第2代会長(* 1832年
  • 4月18日 - ヴィルヘルム・ファトケ神学者(* 1806年
  • 4月19日 - チャールズ・ダーウィン科学者生物学者(* 1809年
  • 4月20日 - トゥイスコン・ツィラー文献学者教育学者(* 1817年
  • 4月25日 - カール・フリードリッヒ・ツェルナー天文学者物理学者(* 1834年
  • 4月27日 - ラルフ・ワルド・エマーソン哲学者・作家(* 1803年
  • 5月6日 - フレデリック・キャヴェンディッシュアイルランド総督(* 1836年
  • 6月2日 - ジュゼッペ・ガリバルディイタリア王国リソルジメント指導者(* 1807年
  • 7月6日 - 松田道之東京府知事(* 1839年
  • 7月16日 - メアリー・トッド・リンカーン、第16代米大統領リンカーンの妻(* 1818年
  • 7月23日 - 佐藤尚中医師蘭学者(* 1828年
  • 8月13日 - ウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズ経済学者(* 1835年
  • 9月23日 - フリードリヒ・ヴェーラー、化学者(* 1800年
  • 10月5日 - 鷲津毅堂儒学者(* 1825年
  • 10月8日 - 橋本実麗江戸時代公卿(* 1809年
  • 10月13日 - アルテュール・ド・ゴビノー思想家(* 1816年
  • 12月1日 - 松平定安、第10代松江藩主(* 1835年
  • 12月3日 - ジェームズ・チャリス、天文学者(* 1803年
  • 12月9日 - 佐田介石浄土真宗本願寺派(* 1818年
  • 12月16日 - ルイ・ブランフランス第二共和政の政治家(* 1811年
  • 12月16日 - オールドバルディー南北戦争期の軍馬(* 1852年
  • 12月24日 - ヨハン・リスティング、数学者(* 1808年
  • 12月31日 - 清水谷公考、江戸時代の公卿・箱館府知事・開拓使次官(* 1845年
*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1882年のスポーツ

1882年のスポーツ
< 1882年
  • 年度別スポーツ記事一覧
1882年前後:1881年のスポーツ - 1882年のスポーツ - 1883年のスポーツ

競馬

ゴルフ

世界4大大会(男子)

  • 全英オープン優勝者:ボブ・ファーガソン(イギリス

サッカー

イングランド

  • FAカップ決勝
オールド・イートニアンズ 1-0 ブラックバーン・ローヴァーズ

柔道

  • 嘉納治五郎、東京下谷稲荷町の永昌寺に柔道場を開く

テニス

グランドスラム

  • ウィンブルドン 男子単優勝:ウィリアム・レンショーイギリス
  • 全米選手権 男子単優勝:リチャード・シアーズアメリカ

ボート

  • オックスフォード・ケンブリッジ大学対抗レガッタ優勝:オックスフォード大学

野球

アメリカ大リーグ

  • プロ野球リーグアメリカン・アソシエーション結成
  • ナショナルリーグ優勝:シカゴ・ホワイトストッキングス
  • アメリカン・アソシエーション優勝:シンシナティ・レッズ

誕生

  • 1月31日 - ジョージ・ボンハーグ(アメリカ、陸上競技、+1960年
  • 2月6日 - ワルター・ヤコブソン(フィンランド、フィギュアスケート、+1957年
  • 3月15日 - ジェームズ・ライトボディ(アメリカ、陸上競技、+1953年
  • 5月30日 - ウィンダム・ハルスウェル(イギリス、陸上競技、+1915年
  • 6月9日 - ロバート・カー(カナダ、陸上競技、+1963年
  • 6月24日 - カール・ディーム(ドイツ、体育学者、+1962年
  • 8月26日 - カルロ・ガレッティ(イタリア、自転車競技、+1949年
  • 9月24日 - マックス・デキュジス(フランス、テニス、+1978年
  • 10月18日 - ルシアン・プチブルトン(フランス、自転車競技、+1917年
  • 11月3日 - ジョン・テイラー(アメリカ、陸上競技、+1908年
  • 11月17日 - モーリス・ジェルモー(フランス、テニス、+1958年

死去

*すほつ *
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

1882年ウィンブルドン選手権

1882年ウィンブルドン選手権
1882年に行われた、第6回 ウィンブルドン選手権 に関する記事。イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。

大会の流れ

  • 1878年の第2回大会から「チャレンジ・ラウンド」(Challenge Round, 挑戦者決定戦)と「オールカマーズ・ファイナル」(All-Comers Final)で優勝を決定する方式になった。大会前年度優勝者を除く選手は「チャレンジ・ラウンド」に出場し、前年度優勝者への挑戦権を争う。前年度優勝者は、無条件で「オールカマーズ・ファイナル」に出場できる。チャレンジ・ラウンドの勝者と前年度優勝者による「オールカマーズ・ファイナル」で、当年度の選手権優勝者を決定した。
  • 1879年から男子ダブルス競技が始まったが、1883年まではオックスフォードで実施された。男子ダブルスがオールイングランド・クラブで実施され、正式な優勝記録表に掲載されるのは1884年以後になる。

大会前年度優勝者

1881年優勝者、ウィリアム・レンショー

チャレンジラウンド

準々決勝

  • アーネスト・レンショー vs. ハンフリー・バークレー 6-5, 6-1, 6-4
  • ハーバート・ローフォード vs. ハーバート・ウィルバーフォース 6-2, 6-5, 6-5
  • リチャード・リチャードソン vs. オトウェー・ウッドハウス 6-1, 6-0, 6-2
  • フランク・ベンソン 試合なし → 準決勝へ

準決勝

  • アーネスト・レンショー vs. ハーバート・ローフォード 6-4, 4-6, 6-2, 3-6, 6-0
  • リチャード・リチャードソン vs. フランク・ベンソン 6-1, 6-2, 6-1

決勝

  • アーネスト・レンショー vs. リチャード・リチャードソン 6-5, 6-3, 2-6, 6-3

オールカマーズ決勝

  • ウィリアム・レンショー vs. アーネスト・レンショー 6-1, 2-6, 4-6, 6-2, 6-2 (W・レンショーが本大会の優勝者になる。大会2連覇)

男子ダブルス決勝

  • ジョン・ハートリー リチャード・リチャードソン vs. C・ラッセル&J・ホーン 6-2, 6-1, 6-0
オックスフォード開催の第4回男子ダブルスは、決勝戦が最大5セット・マッチで行われ、セットカウント 3-0 でハートリー&リチャードソン組が優勝した。

参考文献

  • ランス・ティンゲイ著『ウィンブルドンの100年史』(英語、1977年刊、ISBN 0900424710、アルファ・オメガ社) 大会の様子については24ページ、シングルス試合結果は134ページ、男子ダブルス結果は246ページを参照した。
  • バド・コリンズ著『テニスのすべて-究極のテニス百科事典』(英語、2003年刊、ISBN 0973144343、スポーツ・クラシック・ブックス) フルネームの分かる一部選手について、本書から補足した。
1882 ういんふるとんせんしゆけん
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件