ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

鳥羽天皇

鳥羽天皇
鳥羽天皇(とばてんのう、康和5年1月16日1103年2月24日) - 保元元年7月2日1156年7月20日))は平安時代後期の第74代天皇(在位1107年 - 1123年)。諱は宗仁(むねひと)。

系譜

堀河天皇の皇子。母は贈皇太后藤原苡子。外祖父は藤原実季崇徳天皇近衛天皇後白河天皇は子。『古事談』の記述では崇徳天皇を白河天皇の実子としている。

系図

略歴

生後間もなく母苡子が没し、祖父の白河法皇の下に引き取られて養育された。誕生から7ヶ月で立太子され、父堀河天皇の死後、5歳で即位。政務は白河法皇が執った。永久5年(1117年)白河法皇の養女である藤原璋子(待賢門院)が入内、翌年中宮とし五男二女をもうける。保安4年(1123年)1月23日長子崇徳天皇に譲位、その後も実権は白河法皇が握り続けた。
白河法皇の死後、大治4年(1129年)より院政を敷く。白河法皇に疎んじられていた藤原忠実を呼び戻して娘の泰子(高陽院)を入内させるなど、院の要職を自己の側近で固める。さらに白河法皇の後ろ盾を失った中宮璋子にかわり、藤原得子(美福門院)を寵愛して、所生の皇子体仁親王(近衛天皇)を即位させた。崇徳天皇、近衛天皇、後白河天皇の三代28年に渡り実権を掌握。康治元年(1142年)には東大寺戒壇院にて受戒し、法皇となった。
皇后美福門院に動かされて崇徳上皇を疎んじ、鳥羽法皇の崩御の直後に保元の乱が勃発する原因を作った。

后妃・皇子女

  • 中宮:藤原璋子(待賢門院)(1101-1145) - 藤原公実
* 顕仁親王(崇徳天皇)(1119-1164)
* 禧子内親王(1122-1133) - 賀茂斎院
* 通仁親王(目宮)(1124-1129)
* 君仁親王(萎宮)(1125-1143)
* 統子内親王(上西門院)(1126-1189) - 賀茂斎院
* 雅仁親王(後白河天皇)(1127-1192)
* 覚性入道親王(本仁親王)(1129-1169) - 仁和寺総法務
  • 皇后:藤原泰子(高陽院)(1095-1155) - 藤原忠実長女
  • 皇后:藤原得子(美福門院)(1117-1160) - 藤原長実
* 叡子内親王(1135-1148)
* 暲子内親王(八条院)(1137-1211) - 二条天皇准母
* 体仁親王(近衛天皇)(1139-1155)
* 姝子内親王(高松院)(1141-1176) - 二条天皇中宮(姝=女偏に朱)
  • 紀家子(美濃局) - 紀光清女
* 道恵法親王(1132-1168)
* 覚快法親王(1134-1181)
* 阿夜御前(?-1195)
  • 三条局 - 藤原家政
* 妍子内親王(吉田斎宮)(?-1161) - 伊勢斎宮
  • 春日局 - 藤原実能
* 頌子内親王(五辻斎院)(1145-1208) - 賀茂斎院
  • 橘俊綱女(藤壺女御)
* 真誉
  • 土佐局 - 源光保
  • 藤原実衡女
*高松宮
  • 未詳
*最忠法親王
*道果親王

在位中の元号

  • 嘉承1107年8月9日)- 1108年8月3日
  • 天仁 1108年8月3日- 1110年7月13日
  • 天永 1110年7月31日- 1113年7月13日
  • 永久 1113年7月13日- 1118年4月3日
  • 元永 1118年4月3日- 1120年4月10日
  • 保安 1120年4月10日- (1123年1月28日

御陵

京都府 京都市 伏見区竹田内畑町の安樂壽院陵(あんらくじゅいんのみささぎ)に葬られる。

関連項目

  • 保元の乱
とは とはいん
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件