ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

高林恒夫

高林恒夫
高林 恒夫たかばやし つねお1938年1月12日 - )は、昭和中期(1960年代前半)のプロ野球選手外野手)。東京都神田出身。右投げ右打ち。

来歴・人物

錦華小学校を経て、立教中学校(現・立教池袋中学校)で野球を始める。立教高校(現・立教新座高校)では1年生からレギュラーとなり、1955年選抜高等学校野球大会に出場する。立教大学野球部では1959年秋シーズンで首位打者を獲得(打率.432)。1960年熊谷組に入社し、同年の都市対抗野球大会に4番・レフトで出場、4試合で16打数10安打、打率.625と大活躍した。決勝の対松下電器戦では2回の先制本塁打のほか、延長10回の決勝点に結びつくヒットなど5打数5安打と大暴れし優勝に貢献、橋戸賞を獲得する。
アマ球界での実績を引っさげ、1961年読売ジャイアンツに入団する。打者の癖を読んでシフトを変えるなど、頭脳的な外野守備を買われ、同年新人ながら119試合に出場、無失策を記録した。
しかし翌1962年には出場試合数が激減する。シーズン終了後、宮本敏雄とともに北川芳男投手との交換トレードで国鉄スワローズに移籍、1965年の引退まで3年間レギュラーとして活躍した。
現役引退後は家業の古書店「東陽堂書店」(神田神保町)に入り、現在は息子の高林孝行ともども店の経営に当たっている。

年度別打撃成績

  • 表中の太字はリーグ最多数字

表彰

  • オールスターゲーム出場:1回 (1961年)

関連項目

  • 東京都出身の人物一覧
  • 読売ジャイアンツの選手一覧
  • 東京ヤクルトスワローズの選手一覧
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件