ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

高井雄平

高井雄平
高井 雄平(たかい ゆうへい、1984年6月25日 - )は、プロ野球東京ヤクルトスワローズ所属の投手。左投げ左打ち。背番号41神奈川県出身。

人物

左腕にして球速150kmを越える速球派投手。しかしコントロールが悪く、与四球率は1試合あたり5.0を上回るほか死球暴投・悪送球の記録も多く、一線級の投手になるには制球力が最大の課題とされている。変化球はスライダーカーブフォークを投げる。
毎年その左腕から繰り出される剛球に期待は集まるが、一向に制球力の改善が見られない。反面、身体能力は非常に高く、公式戦で本塁打を放つなど非凡な打撃センスを持ち合わせている。
明るい性格で、先輩やコーチたちからも可愛がられている。伊東昭光元投手コーチの厳しい罵声を一番良く浴びていたのは高井であるが、伊東コーチが一番可愛がっていたのもまた、高井であるといわれる。
父親は中学校の教師をしている。タレントのベッキーとは同じ小学校、中学校で高井は1学年下にあたる。

来歴

東北高等学校出身。高校時代はナンバー1左腕として、メジャーリーグのスカウトからも注目された。
2002年のドラフト1巡目でヤクルトに入団。ドラフトでは1巡目で近鉄とヤクルトが競合する。当初巨人の入団を希望していたがその高い評価、さらには同じ在京セリーグであることからヤクルト入団を決意した(なお、実際は近鉄の指名を受けても入団する意思を固めていたようである。ただし、事前に競合から撤退した日本ハムの指名を受けた場合は入団を拒否するつもりでいた)。

プロ入り後

2003年
4月22日にプロ初登板(巨人戦・東京ドーム)、6月11日にプロ初勝利を挙げる。6月28日には5回で4失点ながら10奪三振を記録し勝ち投手に。高卒1年目で二桁奪三振を記録した選手は鈴木啓示江夏豊桑田真澄松坂大輔田中将大など数える程しかいない。しかし暴投12個はリーグワーストだった。
2004年
前半は二軍暮らしで登板数は減ったが、後半昇格するとローテーションの一角として安定感を見せ、4勝を挙げた。
2005年
開幕ローテーション入りしたが四死球の多さから6月に二軍落ち。
2006年
石井一久がヤクルトに復帰したため、背番号16を石井に譲り、高井は22に変更した。更に高津臣吾も復帰したため22から再変更かと思われたが、高津は本人の希望により学生時代の背番号だった11となったため再変更はなかった。この年からリリーフに回り36試合に登板したが、防御率は自己ワーストの6点台と結果を残せなかった。
2007年
高津が球団側の提示で22番に戻すことになり、41に変更。また制球力を上げるため、投球フォームもノーワインドアップからセットポジションに変更した。7月16日の対中日戦では9回裏二死から5番手で登板し、李炳圭を三球三振に抑え、プロ初セーブ。この年はチーム唯一の左の中継ぎとして、チーム・自身ともに最多の52試合に登板したが、やはり安定感を欠いてしまいシーズン終盤に二軍落ち。ショートリリーフ中心ながら6敗を記録してしまい、防御率も5点台と散々だった。
2008年
高田繁新監督のもと、先発復帰を示唆され、増渕竜義由規加藤幹典らなど若手と先発ローテーション争いを目指すこととなった。結果はコントロールが悪い上、ストレートも140km/hを超えず、一歩後退することになった。
9月27日に開幕したハワイ・ウインター・リーグに鬼崎裕司とともに派遣され、ワイキキ・ビーチボーイズに所属した。

エピソード

  • 2006年6月17日の千葉ロッテ戦、7回表2死1、2塁の場面に3番手で登板したが、打者の福浦和也に投じた初球が側頭部を直撃し、わずか1球で危険球により退場となってしまった。
  • 同年10月12日、この年初めて先発登板した試合であったが、1イニングに3個の暴投を記録してしまう。しかも塁上のランナーは四球で出塁させていたため、ノーヒットで一点を献上するはめに。古田敦也監督も伊東昭光ピッチングコーチも流石に呆れ顔であった。
  • 2006年の契約更改交渉の席では15%ダウンの年俸1,700万円でサインしたが、その際球団から野球教本を渡されるという屈辱を味わう(金額は推定)。教本は『ピッチングトッププレイヤーの技術』というものだった。この年高井は36試合の登板で2勝1敗、防御率6.51の成績に加えやたら暴投が多かった為、なんとか成長してほしい球団が参考にと渡したものだった。しかも見本になっているプロ選手に、東北高の2年後輩のダルビッシュ有も掲載されていた。
  • 妻は元モデルの篠田奈王子で、2008年5月18日に結婚。同年、自らの誕生日でもある6月25日に入籍を発表した。
  • 高校時代の監督には、「投げて後藤(伸也。元横浜)以上、打って嶋重宣(現広島)以上」とプロ入りした先輩2人と比べて潜在能力の高さを評された。

詳細情報

年度別投手成績

  • 2008年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号

  • 16(2003年 - 2005年)
  • 22(2006年)
  • 41(2007年 - )

脚注

関連項目

  • 神奈川県出身の人物一覧
  • 東京ヤクルトスワローズの選手一覧

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件