ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

金澤健人

金澤健人
金澤 健人(かなざわ たけひと、1979年1月12日 - )は、オリックス・バファローズに所属しているプロ野球選手投手)。

来歴・人物

茨城県立磯原高校時代は目立った活躍はしなかったが、1997年NTT東日本硬式野球部に入り、1998年社会人野球日本選手権大会でリリーフとして登板し注目を浴びた。NTTグループの再編によりNTT関東の野球部がその年限りで廃部となったため、規定より1年早く1998年のドラフト会議阪神タイガースに2位指名され入団。
阪神タイガース公式サイト等では「キンスケ」というニックネームで呼ばれていた。
  • には中継ぎエースとして50試合に登板、5勝を挙げた。
  • も36試合で防御率2点台と安定感を誇った。
  • に右肘を故障したが翌に復帰、4月9日に2年ぶりの勝利を挙げた。6月9日に結婚。
  • の開幕前、正田樹との交換トレードで北海道日本ハムファイターズへ移籍した。日本ハムでの初勝利は、4月30日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦。
  • 終盤に先発に転向するも10月2日に北海道日本ハムファイターズから戦力外通告を受けた。12球団合同トライアウトには参加しなかったが、オリックス・バファローズの入団テストを受けて11月15日に合格内定、12月8日に楽天を戦力外になった高波文一と共に正式に発表され、12月15日に正式に契約した。背番号は50

プレースタイル

  • 140km/h後半のストレートと落差の大きいスライダーシュートを武器にしている。
  • 力でねじ伏せに行くタイプで、決め球に欠けることもあり、大量リードの時や敗戦処理ではしっかり抑えるが、接戦では打たれることが多い。

通算成績(2008年終了時)

記録

  • 1イニング4奪三振2004年8月1日、 対読売ジャイアンツ21回戦(阪神甲子園球場)、2回表に記録。
    • 小久保裕紀振り逃げ)・二岡智宏佐藤宏志仁志敏久から(阪神の投手としては初)

投手記録

  • 初登板:2001年8月28日、対読売ジャイアンツ23回戦(阪神甲子園球場)、8回表から救援登板・完了、打者:松井秀喜
  • 初勝利:2002年4月4日、対横浜ベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)、10回裏に救援登板
  • 初セーブ:2002年6月1日、対ヤクルトスワローズ10回戦(千葉マリンスタジアム
  • 初先発・初先発勝利:2002年10月12日、対広島東洋カープ28回戦(広島市民球場)、5回1失点で勝利投手

打撃記録

  • 初安打:2003年8月17日、対読売ジャイアンツ21回戦(東京ドーム)、久保裕也から

背番号

  • 201999年 - 2006年
  • 282007年 - 2008年
  • 502009年 - )

脚注

関連項目

  • 茨城県出身の人物一覧
  • 阪神タイガースの選手一覧
  • 北海道日本ハムファイターズの選手一覧
  • オリックス・バファローズの選手一覧
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件