ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

酒井敏明

酒井敏明
酒井 敏明(さかい としあき、1934年1月12日 - 2007年8月15日)は元プロ野球選手、新聞記者。現役時代のポジションは捕手三重県出身。

略歴

三重県立桑名高等学校から早稲田大学に進学し、4年生時の1955年東京六大学野球秋季リーグ戦では長嶋茂雄立教大学)らと共にベストナインにも選ばれた。同年12月にフィリピンで行われたアジア・アマチュア野球選手権には六大学選抜メンバーとして長嶋や早大の後輩の森徹佐々木信也慶應義塾大学)らとともに出場、全勝優勝に貢献した。
1956年中日ドラゴンズに入団し、6年間在籍。1959年は内野手登録だがそれ以外は捕手登録。期待されたが打力が劣っていたためにレギュラーに定着することはできなかった。
1961年オフに退団後は中部日本新聞社(現在の中日新聞社)に入社し、東京中日新聞(現在の東京中日スポーツ)記者となる。同社報道部次長、編集委員を経て定年の1994年まで在籍、定年退職後も同社社友として大学野球を中心に取材を続け、死の直前まで寄稿を続けていた。

通算成績

301試合出場 496打数 94安打 打率.190 3本塁打 36打点

背番号

  • 57(1956年、1960年)
  • 4(1957年-1959年、1961年)

関連人物

  • 野口明(現役時代の監督)
  • 天知俊一(同上)
  • 杉下茂(同上)
  • 金田正一完全試合達成試合で、酒井のハーフスイングの判定を巡りトラブルに発展)
  • 小杉敏之(元名古屋グランパスエイト選手の中日新聞記者)
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件