ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

秋山ちえ子の談話室

秋山ちえ子の談話室
秋山ちえ子の談話室(あきやまちえこのだんわしつ)は、かつてTBSラジオをキーステーションにJRN系列で平日(月曜~金曜)朝に放送されていたラジオ番組である。

概要

エッセイスト評論家秋山ちえ子が、毎回一つの題材(時事問題や書籍など)について談話するというスタイル。普段テレビや新聞などの大メディアでは埋もれてしまいがちな疑問・怒り・話題を主婦、そして女性の視点で聴取者に送り続け、電波を用いたジャーナリズムを貫き通した。この番組での功績が認められ、秋山は1991年菊池寛賞を受賞した。
特筆すべきは、1968年から毎年終戦記念日8月15日に、戦時中の実話に基づく童話『かわいそうなぞう』を紹介・朗読していた点である。これを季節の風物詩と感じていた聴取者も多かったことだろう。

放送期間

1957年 9月2日、TBSがKR(ラジオ東京)の名称だった時代から『昼の話題』として放送開始。1970年に『秋山ちえ子の談話室』に改称。2002年10月4日放送終了。放送回数は計12,512回に及んだ。同一人物が番組を45年間にも渡って送り続けたのは世界的にも稀有な例である。
1981年1月までは日曜を除く毎日放送。同年2月から終了までは月曜~金曜の放送であった。後期は、月曜日は生放送、その他の曜日は録音放送(月曜日に収録)だった。 <!--

大沢悠里のゆうゆうワイド内包番組時代のローテーション

  1. 10時の時報の後大沢悠里と女性パートナーが挨拶。続いて大沢が現在時刻をコールした後「続いては秋山ちえ子さんです」。と挨拶。
  2. 秋山本人によるタイトルコールが流され、(※ 「大沢悠里のゆうゆうワイド。おはようございます、秋山ちえ子です。(唄わない)」)直後にタイトル音楽が流れ大沢のナレーションによるタイトルコール。そして提供ナレーション。
  3. 西村知江子が「この時間は、毎日の暮らしの中からいろいろな話題を拾って、秋山ちえ子さんがお話になります。それでは秋山さん、お願いします。」と録音されたコールを流してから秋山が話しだす。
  4. 秋山が「それでは、きょうはこれでみなさんごきげんよう。」とコールして締める。
  5. 東京電力のCMが放送されて終了。
-->

オープニングナレーション

「この時間は、毎日の暮らしの中からいろいろな話題を拾って、秋山ちえ子さんがお話になります。 それでは、秋山さんお願いします。」
「お願いします。」の部分で「どうぞ。」と言っていた時期もあった。

当時のネット局

東京から全国に放送される関係で、タイトル音楽が流れた後に、ローカルからネットにつなぐためのタイムラグが発生していた。

TBSラジオ

TBSラジオでは、1971年10月1日までは独立番組。同年10月4日放送開始の『こんちワ近石真介です』から終了までワイド内包番組となった。土曜日にも放送されていた時代は、『土曜ワイドこんにちは永六輔です』~『土曜ワイドラジオTOKYO』に内包されていた。
放送時間は、『昼の話題』時代は正午のラジオ東京ニュース→TBSニュースに続いて、大体12:15-12:25に放送。現行に改題してからは10:00-10:10に移行し、ワイド内包番組となってからも不変であった。番組末期のスポンサーは東京電力だった。
大沢悠里のゆうゆうワイド』パーソナリティの大沢悠里は、「お色気大賞が放送されていても、この人のコーナーが放送されていた時代は背筋がピンと引き締まり、特に『かわいそうなぞう』の朗読が放送される日(=8月15日)に重なったら、さらに身の引き締まる思いになった」という。今でもタイトルコールを聞くと(秋山がゲスト出演する際にかけられる)背筋が引き締まるとのこと。

その他

番組終了後

この番組の終了後、TBS側からの強い慰留によって、『秋山ちえ子の日曜談話室』を新たに開始。週1回30分の放送を継続していたが、2005年10月2日をもって終了。同時に秋山は放送界から引退すると公言していたが、現在はNHKラジオ第1放送の平日朝の番組(『きょうも元気でわくわくラジオ』→『ラジオビタミン』)に不定期出演している。また、毎年8月15日にはTBS「大沢悠里のゆうゆうワイド」に出演し、前述の「かわいそうなぞう」の朗読を行っている。
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

秋山ちえ子の日曜談話室

秋山ちえ子の日曜談話室
秋山ちえ子の日曜談話室あきやまちえこ - にちようだんわしつ)は、TBSラジオをキーステーションJRN系列で毎週日曜日に放送されていたラジオ番組

番組概要

1957年 4月に「昼の話題」として10分番組で開始、同年10月に前身の「秋山ちえ子の談話室」が開始。1986年からは「大沢悠里のゆうゆうワイド」内で放送。2002年10月から、毎週日曜の30分番組として降格。
これまでは時事の批評・ブックレビューなどを元に秋山が放送を進めていたが、現在の放送枠では、ゲストトークなども取り入れられていた。
そして、2005年10月2日の放送をもって終了した。この番組は報道機関各社の説明では「最初から3年間の期間限定での放送と決めていたし、どこかでパッとやめる方が自分自身の信条にあっていると思います」としていた。

パーソナリティ

  • 秋山ちえ子評論家

ネット局

  • TBSラジオ 日曜22:30-23:00
  • IBC岩手放送 日曜5:00-5:30
  • SBS 静岡放送 日曜7:30-8:00
  • RNC 西日本放送 日曜8:30-9:00
  • OBS 大分放送 日曜23:00-23:30

外部リンク

番組の変遷

あきやまちえこのにちようたんわしつ
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

秋山ちえ子

秋山ちえ子
秋山 ちえ子(あきやま ちえこ、1917年1月12日 - )は、評論家。本名・橘川ちゑ(きつかわ ちえ)。宮城県出身。

来歴・人物

1917年(大正6年)生まれ。東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)を卒業後、聾唖学校の教師となる。結婚後、中国に4年滞在。1948年~1956年、NHKラジオ番組『私の見たこと、聞いたこと』のレポーターを担当し、主婦の視点から見た日本の現状をわかりやすく説明し好評を得た。
その後ラジオ東京(現TBSラジオ)で『昼の話題→秋山ちえ子の談話室』のパーソナリティ1957年から45年間毎日担当。2002年に帯番組終了後も毎週日曜日に放送している続編『秋山ちえ子の日曜談話室』として続いていたが、それも2005年10月2日をもって終了した。この番組について報道機関各社の説明では「当初から3年間限定と決めていましたし、どこかでパッとやめた方が自分の信条に合っています」としている。このラジオ番組の回想録「風の流れに添って(ラジオ生活57年)」が2005年10月2日の放送最終日に講談社より出版された。現在は後進の師弟の訓育などに尽力。また2005年12月NHKラジオ第1放送きょうも元気でわくわくラジオ」に出演。2006年度からイレギュラーながらゲストとして同番組に不定期(2ヶ月に1度程度?)出演が決定。著書多数。
1954年に第2回日本エッセイスト・クラブ賞1991年に第39回菊池寛賞1997年には東京都文化賞を受賞。
「野菜の花」(文京書房)、「82歳のひとりごと」「さよならを言うまえに」(岩波書店)、「風の流れに添って」(講談社)など30冊以上の著書がある。 最新刊「種を蒔く日々─九十歳を生きる」(講談社)。

福祉活動

大分県別府市を中心として障がい者の支援を行っている社会福祉法人 太陽の家の活動を応援しており、自らを「太陽の家応援団」と称して多くの支援を行っている。 特に障害者の就労において、ソニーの創業者故井深大氏や本田技研工業の創業者故本田宗一郎氏、オムロンの創業者故立石一真氏を紹介し、それぞれソニー・太陽株式会社、ホンダ太陽株式会社、オムロン太陽株式会社という社会福祉法人 太陽の家の共同出資会社の設立がなされた。

平和活動

1967年から毎年8月15日の終戦記念日には、戦争中に餓死させられた動物園のゾウの話「かわいそうなぞう」の朗読を続け、戦争の悲惨さと憲法九条の大切さを訴えている。 秋山ちえ子氏は「生きている限りはTBSラジオで毎年読ませてくださいとお願いしている」と語っており、生涯をかけた自分の仕事の一つとして今も朗読を続けている。

トーク番組

  • 徹子の部屋テレビ朝日

関連項目

  • 本田宗一郎
  • 社会福祉法人 太陽の家
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件