ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

石原詢子

石原詢子

略歴

2000年及び2003年NHK紅白歌合戦出場。
デビュー曲「ホレました」(1988年10月21日)以来、ソニー・ミュージックエンタテインメントに所属。TBSラジオの深夜放送「いすゞ歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~」では1989年4月~1992年2月までパーソナリティをつとめた。1994年に発売された「三日月情話」は日本作詞大賞の優秀作品賞に選ばれた。また、NHK名古屋放送局のラジオ番組「FMリクエストアワー」のパーソナリティを担当。ついでNHKテレビの「どんとこい民謡」の司会者もつとめた。さらに1998年春より出演のNHKテレビの番組「コメディお江戸でござる」では、準レギュラーとして男役「詢吉」、タヌキ、天邪鬼などで楽しい演技を披露、達者なコメディエンヌぶりを発揮した。これが2001年の新宿コマ劇場および梅田コマ劇場での芝居出演の下地にもなっていた。
1999年には「みれん酒」で日本有線大賞有線音楽賞を受賞。ついで翌2000年末のNHK紅白歌合戦出場となった。2001年には「浜歌」の舞台となった北海道江差町の観光大使に任命され、2002年3月30日には東京都巣鴨桜まつりにて巣鴨警察一日署長としてパレード、2003年5月9日には東京丸の内警察一日署長としてパレード。同年6月TAKARAのゲームソフト「新DX億万長者ゲーム」にゲーム内キャラクターとして登場、挿入歌も担当するなど、演歌界で初めてゲームソフト業界への進出を果たした。同年末、「ふたり傘」でNHK紅白歌合戦に再登場。2004年元日には国立競技場で開催された天皇杯全日本サッカー選手権大会の開会式にて「君が代」を独唱。2006年5月には新宿のスペース107にて劇団シニアグラフィティ旗揚げ公演「昭和歌謡シアター・終着駅」の座長をつとめた。この中ではつんく作曲の作品「夢がすみ」も披露。2007年5月21、22日、外務省委嘱でロシアのサンクトペテルブルク市にて桜の植樹セレモニーに協力、フィルハーモニー・ジャズ・コンサートホールで歌った。同月26日、古田肇岐阜県知事より「ひだ・みの観光大使」第一号を委嘱される。2008年10月9日のデビュー20周年記念石原詢子リサイタル「~今・感謝を込めて~」では二葉百合子に師事していた歌謡浪曲を初披露した。
父親は詩吟「揖水流」家元の「源風」(同名のデビュー20周年記念アルバムが2007年10月に発売されている)。本人は4歳よりこの父に習って詩吟に励み、1975年「第19回中部9県詩吟大会」幼少年の部で優勝。1978年「日本コロムビア詩吟音楽会」全国大会で最優秀賞を受賞という経歴を持つ。12歳で詩吟揖水流師範代となり「美風」と号す。セネファ株式会社の「せんねん灸」のCMでは、自らの幼少時代の写真と共に、歌手デビュー前の辛いレッスンの体験を語る印象深い作品がオンエアされた。また郷里の特産品「揖斐茶」のほか、株式会社西陣、小林豊子きもの学院のイメージキャラクター、花井幸子のショーでモデルを務めたこともある。2007年9月21日、福岡県福津市宮司元町宮地嶽神社の秋季大祭で十二単を着て三十六代目の祭王を務めた。

主なヒット曲

  • 「みれん酒」(2000年NHK紅白歌合戦出場曲)(第32回日本有線大賞・有線音楽賞)(NHK「コメディーお江戸でござる」オリジナルソング);1999年(平成11年)4月21日発売
  • 「ふたり傘」(2003年NHK紅白歌合戦出場曲)(第36回日本有線大賞・有線音楽賞)(2003年ベストヒット歌謡祭ゴールドアーティスト賞)(NHK「コメディーお江戸でござる」オリジナルソング);2003年(平成15年)5月21日発売
  • 「ホレました」(デビュー曲);1988年(昭和63年)10月21日
  • 「あなたにとまれ」;1989年(平成元年)6月21日発売
  • 「恋岬」;1990年(平成2年)4月8日発売
  • 「残り紅」;1991年(平成3年)3月21日発売
  • 「雨の居酒屋」;1992年(平成4年)2月21日発売
  • 「北しぐれ」;1993年(平成5年)6月21日発売
  • 「三日月情話」;1994年(平成6年)9月21日発売(第27回日本作詞大賞・優秀作品賞受賞)
  • 「夕霧海峡」;1995年(平成7年)8月2日発売
  • 「桟橋」;1996年(平成8年)10月21日発売
  • 「手鏡」;1997年(平成9年)6月21日発売;第30回日本有線大賞・有線音楽賞受賞)
  • 「人恋しぐれ」;1998年(平成10年)4月22日発売(カップリングの「花暦」がNHK「コメディーお江戸でござる」オリジナルソング)
  • 「おんなの涙」;2000年(平成12年)4月19日発売(NHK「コメディーお江戸でござる」オリジナルソング)
  • 「浜唄」;2001年(平成13年)2月21日発売(NHK「コメディーお江戸でござる」オリジナルソング)
  • 「あなたと生きる」;2002年(平成14年)2月20日発売
  • 「きずな酒」;2002年(平成14年)8月21日
  • 「明日坂」(シングルバージョン);2004年(平成16年)1月21日発売
  • 「紅い月」(五木ひろし作曲);2004年(平成16年)8月18日発売
  • 「おもいでの雨」;2005年(平成17年)1月26日発売
  • 「あまやどり」;2005年(平成17年)8月24日発売
  • 「ふたり川」;2006年(平成18年)4月26日発売
  • 「淡墨桜」(うすずみざくら);2007年(平成19年)3月7日発売
  • 「なごり雨」;2008年(平成20年)3月5日発売
  • 「寿 契り酒」;2008年(平成20年)9月3日発売

企画シングル

  • 「夜のおとぎばなし」(内藤国雄とデュエット);1991年(平成3年)9月21日発売
  • 「郡上の詩」、「長良川」;1992年(平成4年)12月12日
  • 「三人の女」(浜 圭介とデュエット);1999年(平成11年)11月20日発売

アルバム

  • 「日本の祭り」(2003年)
  • 『デビュー20周年記念スーパーシングルコレクション「源風(げんぷう)』(2007年)
  • 「しあわせ演歌・石原詢子です」(2008年)
を含め1990年から合計24枚のアルバムを発売している(2008年まで)

DVD

  • 『ふたり傘』2004年(平成16年)1月21日発売
  • 『デビュー 15周年記念 石原詢子リサイタル“花咲きそめし・祭りうた”ライブ』2004年(平成16年)2月18日発売
  • 『昭和歌謡シアター 終着駅』2006年(平成18年)8月30日発売
  • 『美人演歌ビデオ特選2007』2006年(平成18年)12月13日発売(石原詢子による「故郷おもひで巡り」映像あり)
  • 『昭和歌謡シアター 東京』2007年(平成19年)9月発売(石原詢子座長)
  • 『石原詢子ビデオ全曲集 2009』2008年(平成20年)9月24日発売

ラジオ

  • しあわせ演歌・石原詢子です
    • STVラジオ(日曜日22:00~22:30)
    • 文化放送(日曜日8:30~8:57)
    • ぎふチャン(土曜日17:25~17:55)
    • ラジオ大阪(制作局・水曜日20:30~21:00)
    • 九州朝日放送(日曜日08:30~9:00)→2007年11月4日より日曜日20:30~21:00へ移動。
  • 石原詢子~今朝も笑顔で(北陸放送・月曜日~金曜日5:00-5:10)
  • 石原詢子~四季の歌・愛の唄」(福井放送・月曜日~金曜日7:00-7:10)
  • 石原詢子の恋する歌謡曲
    • 秋田放送(月曜日~土曜日11:35~11:45)
    • 山形放送(日曜日16:50~17:00)
    • ぎふチャン(月曜日5:00~5:30)

芝居公演

  • 2000年1月2日~16日「新・笑いの王国」浅草公会堂ビートたけし原作)
  • 2001年2月1日~27日「前川清と歌仲間-竜馬が走る!頓馬も行く!」新宿コマ劇場
  • 2001年6月2日~26日(同上)梅田コマ劇場
  • 2006年5月23日~29日「昭和歌謡シアター・終着駅」新宿のスペース107(石原詢子座長)
  • 2007年6月9日~17日「昭和歌謡シアター 東京」新宿のスペース107(石原詢子座長)

その他

  • 1994年,石原詢子が歌う「予感」がNHK総合「サンデー経済スコープ」エンディング・テーマとして放送された。
  • 1996年1月、「夕霧海峡」10万枚突破記念バースディコンサート開催
  • 2000年9月13日、中野サンプラザホールにて「石原詢子ファーストコンサート」開催
  • 2003年9月29日、中野サンプラザホールにて「石原詢子リサイタル“花咲きそめし・祭りうた”」開催(デビュー15周年記念)
  • 2007年10月7日~12月末日までの毎週日曜日、日本テレビ系列全国ネット番組「遠くへ行きたい」の時間枠に、石原詢子が歌う「ぎふデスティネーションキャンペーン」のCMソング「いい旅、ふた旅、ぎふの旅」がオンエアーされた
  • 2008年9月22日、千葉県東金市の新千葉カントリー倶楽部で開催された第34回平尾昌晃チャリティゴルフ大会にて石原詢子が男女総合3位の成績をおさめる
  • 2008年10月9日、中野サンプラザホールにてデビュー20周年記念石原詢子リサイタル「~今・感謝を込めて~」開催

参考文献(新聞を除く)

  • 「月刊歌の手帖」No.23、1995年8月、マガジンランド
  • 「月刊歌の手帖」No.30、1996年3月、マガジンランド
  • 「ステラ」1997年、10月10日号、NHKサービスセンター
  • 「月刊演歌ジャーナル」1998年3月、コロムビア音楽出版(株)
  • 「月刊演歌ジャーナル」1998年6月、コロムビア音楽出版(株)
  • 「月刊カラオケfan」190号、1998年9月、(株)エイ・クリエイト(CD;スター声の伝言板付き)
  • 「ステラ」1998年、10月2日号、NHKサービスセンター
  • 「月刊歌の手帖」No.61、1998年11月、マガジンランド
  • 「月刊カラオケ大賞」2000年1月、(株)中村出版社
  • 「月刊歌の手帖」No.78、2000年4月、マガジンランド
  • 「月刊カラオケfan」212号、2000年7月、(株)エイ・クリエイト
  • 「月刊カラオケ大賞」2000年7月、(株)中村出版社
  • 「MC通信」No.87、2000年9月、MC音楽センター
  • 「月刊カラオケ大賞」2000年11月、(株)中村出版社
  • 「月刊歌の手帖」No.86、2000年12月号、マガジンランド(石原詢子カレンダー付き)
  • 「月刊カラオケfan」No.218、2001年1月号、(株)エイ・クリエイト(石原詢子の故郷紹介)
  • 「月刊歌の手帖」No.89、2001年3月、マガジンランド
  • 「月刊カラオケ大賞」2001年3月、(株)中村出版社
  • 「月刊カラオケfan」No.222、2001年5月,(株)エイ・クリエイト(CD-ROM画像付き)
  • 「ふれあい」No.210;2001年11月、(社)日本躾の会
  • 「月刊歌の手帖」No.104、2002年6月、マガジンランド
  • “Yomiuri Weekly”、2002年6月9日、週刊読売(グラビア 美女最前線 CMの主役たち)
  • 「月刊カラオケ大賞」2002年7月、中村出版社
  • 「月刊歌の手帖」No.110、2002年12月、マガジンランド
  • 「月刊カラオケfan」No.246、2003年5月、(有)ミューズ(CD-ROM画像付き)
  • 「月刊歌の手帖」No.116、2003年6月、マガジンランド
  • 「月刊カラオケ大賞」2003年7月、(株)アニス
  • 「月刊歌の手帖」No.117、2003年7月、マガジンランド(石原詢子カレンダー付き)
  • 「月刊カラオケONGAKU」2003年8月、(株)颯爽社
  • 「流行歌通信」2003年9月、日刊スポーツグラフ
  • 「週刊大衆」2003年9月8日号
  • 「週刊釣場速報」2004年1月9日号、明光通信社
  • “Eye-Ai”324,March 2004、(株)リバーフィールド社 (英文)
  • 「月刊カラオケ大賞」2004年3月、(株)アニス
  • 「月刊歌の手帖」No.126、2004年4月、マガジンランド
  • 「月刊カラオケファン」No.265、2004年12月、(株)ミューズ(CD-ROM画像付き)
  • 「食彩浪漫」2005年8月、日本放送出版協会(2006年7月号にも再録)
  • 「月刊歌の手帖」No.144、2005年10月、マガジンランド
  • 「月刊エンジャル」通巻179、2005年10月、(株)ユーズミュージック(石原詢子カレンダー付き)
  • 「月刊歌の手帖」No.153、2006年7月、マガジンランド(石原詢子カレンダー付き)
  • 「月刊カラオケファン」No.284、2006年7月、(株)ミューズ(CD-ROM画像付き)
  • 「週刊女性」2006年9月5日号、主婦と生活社
  • 「月刊カラオケファン」No.295、2007年6月、㈱ミューズ(CD-ROM画像付き)
  • 「月刊歌の手帖」No.165、2007年7月、マガジンランド(石原詢子カレンダー付き)
  • “New Can Magazine”2008年3月(インタビュー;キャンシステムのフリーペーパー)
  • 「月刊歌の手帖」No.177、2008年7月、マガジンランド
  • 「月刊カラオケファン」No.311、2008年10月、㈱ミューズ(石原詢子の上京物語、掲載)

外部リンク

執筆の途中です
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件