ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

石原さとみ SAY TO ME!

石原さとみ SAY TO ME!
{{基礎情報 ラジオ番組 |番組名= 石原さとみ SAY TO ME! |ジャンル= バラエティ番組 |放送= 録音放送 |放送時間= 日曜21:30 - 22:00 |パーソナリティ= 石原さとみ |放送局= ニッポン放送 |ネットワーク=NRN |放送期間=2005年4月9日- |放送回数= }}
石原さとみ SAY TO ME!(いしはらさとみ セイ トゥー ミー)は2005年4月9日からニッポン放送をキーステーションに放送しているラジオ番組パーソナリティは番組名にもあるように女優石原さとみである。

概要

ニッポン放送では通常野球シーズン中はプロ野球中継ニッポン放送ショウアップナイター)が延長された場合、21:45~の15分の短縮版で放送される。また、ショウアップナイターの放送が21:45近くまで延長された場合は、確実に放送休止となる。この場合、ネット局では通常通り30分で放送されるため、この場合「キー局のニッポン放送のみお蔵入り」となる部分が発生することになる。(以前の番組でこれとよく似た場合があったのが「田中麗奈ハートをあげるっ」である)
実際、ニッポン放送では2005年4月9日に放送を開始して以後、プロ野球中継延長のあおりを受けて放送休止となるケースが比較的多い。スタートした当初はほぼ隔週で放送→休止を繰り返していたが、2005年6月にいたっては4日のみ放送されただけで、残り3週は野球延長で休止された。特に8月いっぱいは、ショウアップナイターがゲーム終了後も別のゲームを試合終了するまで中継する関係で、放送休止の率が高い。
なお2005年4-9月は土曜21:30から22時だったが、2005年10月からは時間を移動し、日曜日21時30分~22時00分に放送中。
ちなみに、番組のタイトルにある「SAY TO ME」は英語で「私に言って」という意味で、「SATOMI(さとみ)」に引っ掛けたもの。

番組内容

コーナー変遷

  • 初日の企画は「クエスチョンボックス」という企画で、その箱の中に入っているカードに書いてあるテーマについて30秒間で説明するというもの。評価は「よくできました」、「もう少し頑張りましょう」、「寒っ…」で、最後の「寒っ…」は出なかった。本人は相当緊張していた。
  • 第2回以後(30分で放送される場合)は、前半がリスナーから寄せられたお便りやメールの紹介。
  • 後半は2005年10月までが「ニュースキャスター・石原さとみです」と題して最近のトレンドや社会問題などを取り上げてニュース番組風に語るものだった。
  • その後2005年11月から「ニュースキャスター・石原さとみです」に替わり、「三単ポエム」と題したコーナーが始まる。これは石原が出すお題に沿って、3行詩をリスナーに作ってもらうという内容である。
  • 2006年4月9日からは「三単ポエム」に替わり、「三つの言葉の小さな世界」と題したコーナーが始まる。これは、箱の中から単語の書かれたカードを3枚無作為に選び出し、その選び出した3つの単語を全て使って1つの話を作り上げるというもの。その話が上手かったかどうかで○か×のファンファーレが鳴る。
  • 2006年7月23日からは「三つの言葉の小さな世界」に替わり、「究極の三択」と題したコーナーが始まる。これは「もし~ならどれを選ぶ?」という形の3択問題をリスナーから募集し、それに石原が答えるというもの。
  • 2007年3月4日から、「究極の三択」から替わり、「未送信ボックス」と題したコーナーが始まる。これは、送れなくて「下書き」フォルダに入れたままにしてあるメールにまつわる架空の物語を石原が読み上げるというもの。
  • コーナーとコーナーの合間・CM前には音楽をかける。初期の頃はスタッフによる選曲があったようだが、放送回数が進んだ現在では、ほぼ石原自身が選曲しているようである。また週によっては音楽をかける前に著名アーティストが石原やこの番組に寄せてのコメントを届けることもある。これまでに平井堅ゆずCrystal Kay倖田來未、石原主演のドラマ「Ns'あおい」の主題歌を担当したコブクロらがコメント出演した。

歴史(特筆すべきエピソード)

  • 2005年11月20日の回では、新人女優の高畑充希(たかはた・みつき)を番組初のゲストに招いた。これは、高畑が主演する「山口百恵トリビュートミュージカル・プレイバックPART2(屋上の天使)」のPRを兼ねたもので、東京公演(2005年12月)のチケットプレゼントも行われた。
  • 2005年12月18日は特別編として「SAY TO ME!プレゼンツ・山口百恵伝説」というテーマで、石原が山口についての様々なエピソードを披露した。
  • 2006年10月29日は、石原主演の舞台「奇跡の人」の東京公演が行われた青山劇場にて収録されたものを放送。青山劇場で石原が使用していた楽屋などを紹介した。
  • 2006年11月19日26日にゲストとして絢香(シンガーソングライター)を迎えた。
  • 2007年 4月15日22日に「花嫁とパパ」撮影現場から共演者に対するインタビューを放送。15日にKAT-TUN田口淳之介小泉孝太郎を、22日に時任三郎和久井映見白石美帆を迎えた。
  • 2005年の番組開始時より、番組オリジナルグッズなどは久しく作られていなかったが、2007年4月15日の放送より、プレゼントとして「サクラ一号」なるオリジナルグッズが作られる。どのようなものなのかは未だ明かされていない。番組で行われる不定期の企画などにおいてプレゼントされる。
  • 2007年6月17日・6月24日にゲストとして時任三郎を招いた。4月に続いて「花嫁とパパ」関連特集。
  • 2007年8月19日・26日 包帯クラブ関連特集として、石原と共に主演をした男優・柳楽優弥田中圭を招く。同9月16日は新人シンガーソングライター・高橋瞳(これも包帯クラブの特集で、高橋が主題歌を歌っているということで出演)
  • 2007年11月11日 番組史上初の公開収録が行われる。これは石原自身がイメージキャラクターを務めるニッポン放送の野外番組祭り「ラジオパーク2007 in 日比谷」のイベントの一つとして行われ、ゲストとしてボーカリストの手嶌葵を迎えた。11月11日の昼12:00~13:00に収録され、日にちを空けずに当日夜に放送された。なお収録終了後、2008年のカレンダー購入者を対象に『握手会』も同時に行われた。

ゲスト

  • 2005年11月20日:高畑充希
  • 2006年11月19日・26日:絢香
  • 2007年4月15日:田口淳之介、小泉孝太郎
  • 2007年4月22日:時任三郎、和久井映見、白石美帆
  • 2007年6月17日・24日:時任三郎
  • 2007年8月19日・26日:柳楽優弥、田中圭
  • 2007年9月16日:高橋瞳(シンガーソングライター)
  • 2007年11月11日:手嶌葵
  • 2008年4月13日・20日:堂本光一
  • 2008年6月15日・22日:パックンマックン
  • 2008年8月31日・9月7日:岡野昭仁(ポルノグラフィティ)
  • 2008年9月21日・28日:川嶋あい
  • 2008年10月19日・26日:東貴博(Take2)
  • 2008年11月9日:
  • 2008年12月14日:

ネット局と放送日時

キー局
  • ニッポン放送 毎週日曜日 夜21時30分~22時00分(2005年10月より。9月までは土曜日同時刻。野球延長時は21時45分から22時)
ネット局
  • 静岡放送 毎週金曜日 夜23時30分~24時00分
  • ぎふチャン 毎週月曜日 夜20時00分~20時30分(NRN未加盟・番販ネット)※2006年ナイターオフは土曜21:00~21:30に放送していた。
過去のネット局
  • IBC岩手放送
  • 新潟放送
  • 北日本放送
  • 山陽放送
  • 四国放送
  • 山口放送
  • 大分放送
  • 長崎放送

番組主題歌

  • 「Total Eclipse of the Heart」ボニー・タイラー

メールアドレス

  • satomi@1242.com

郵便番号告知について

  • 番組は郵便番号告知を全国向け(「はがきの方はお聞きの放送局、若しくはニッポン放送「石原さとみ SAY TO ME!」係まで」)とお聞きの放送局向けに流して終わるが、ニッポン放送では郵便番号を2度流すという事態が生じる。

関連項目

  • ニッポン放送
  • ニッポン放送番組一覧
  • ホリプロ
  • 田中麗奈
  • 石原さとみのオールナイトニッポン
  • 鳥谷規(番組企画者)
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

石原さとみのオールナイトニッポン

石原さとみのオールナイトニッポン
石原さとみのオールナイトニッポンニッポン放送の人気深夜番組オールナイトニッポンの特別番組。パーソナリティは女優の石原さとみ。放送時間は2007年1月9日25:00~27:00(明けて1月10日01:00~03:00)のくりぃむしちゅーのオールナイトニッポン枠。

概要

  • 2006年 12月24日に誕生日をむかえたばかりの石原さとみが“1日遅れの成人式”と題して今年度成人式を迎えた新成人であるリスナーと直接電話をつなぎ話をし、あわせて新成人以外のリスナーより新成人へのメッセージを募集した企画。

放送中にかけられた曲

  • radio (JUDY AND MARY、1:15頃)
  • My Love (川嶋あい、1:25頃)※初解禁
  • 友達の唄 (ゆず、2:05頃)
  • 三日月 (絢香、2:25頃)

メールアドレス

satomi@allnightnippon.com

ネット局

関連項目

  • 石原さとみ SAY TO ME!
いしはらさとみ
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

石原さとみ

石原さとみ
石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日- )は、日本女優。本名は非公開、所属芸能事務所ホリプロ東京都出身。

来歴

第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列の俳優養成所であるホリプロ・インプルーブメント・アカデミーに所属(5期生)し、『石神 国子』(いしがみ くにこ)名義で映画『ホ・ギ・ラ・ラ』、『船を降りたら彼女の島』へ出演しており、芸能活動の経験がある(公式には石原さとみ名義として初めて出演した『わたしのグランパ』をもってデビュー作品としている)。
第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン参加の時点でまだ高校1年生であり、それ以降しばらくは芸能活動とともに学業につとめたが、2005年3月に高校の卒業を経て以来現在は女優業に専念する。本格的な女優活動開始後も演劇に関する学科、もしくは単位制を設置する高校には転校せず、1年次に入学した全日制普通科のみの高校をそのまま卒業している。
本名は非公開であるが、現在の芸名の由来は自らは原石であるとしてつけた「原石」を逆にして苗字の『石原』、聡明で美しくありたいとしてつけた下の名前『聡美』を平仮名表記にしたものである。
なお、もともと小学生の頃にラジオパーソナリティに憧れていたところ、たまたまテレビでみかけたフジテレビ系列のドラマ『WITH LOVE』の中で藤原紀香がラジオパーソナリティを演じているシーンをみかけて石原が“女優になればラジオパーソナリティができる”ものだと勘違いしたことが女優になろうとした最初のきっかけである

芸能活動

デビュー以来ほぼ女優業に専念しており、テレビドラマ日本映画の出演を中心に活動を行っている。特にテレビドラマへの出演が多い。2006年には「奇跡の人」で舞台へ進出。また、映画、テレビドラマを含め出演作品のうち、主役ヒロインとしての出演が多い。
バラエティ番組への出演も行うものの、出演するテレビドラマ、映画のプロモーション活動をかねている事が殆ど。また雑誌等で水着を着てグラビア撮影することは皆無である。自らの2冊の写真集、例年ハゴロモが販売するカレンダーも同様である。
役名の歌手を含め、歌手業は未経験である。ただし、芸能活動で歌ったことはあり、NHK連続テレビ小説てるてる家族」では、劇中「幸福を売る男」と「恋の季節」をソロで歌った。また、ゆずのファンであり、フジテレビの新堂本兄弟においても、自らがプロモーションビデオに出演したシングル曲、桜木町を歌ったことがある。その際、冒頭部分を琴で演奏した。
ラジオパーソナリティが子どものころからの夢だとしており、自らの冠番組のラジオ番組をもち、2005年4月より週一回の番組のラジオパーソナリティを続けている。
ブログは開設していないが、公式ウェブサイトに『さとみ日記』というWeb日記を開設している。これは石原がてるてる家族に出演したときにその活動報告のために開設した『さとみの大阪日記』をクランクアップ後の石原のそれ以降の活動報告のためにそのまま残したものである。ここでは、撮影やイベントの模様や新年の挨拶などの写真や文章がアップロードされている。
目標とする女優に吉永小百合をあげている。吉永小百合とは2005年に映画『北の零年』で共演している。

受賞歴

女優業

  • 第28回報知映画賞新人賞(わたしのグランパ、2003年)
  • 第16回日刊スポーツ映画大賞新人賞(同作品、同年)
  • 第25回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(同作品、同年)
  • 第46回ブルーリボン賞新人賞(同作品、同年)
  • 第13回日本映画批評家大賞新人賞(同作品、同年)
  • 第27回日本アカデミー賞新人俳優賞(同作品、同年)
  • 第41回ゴールデン・アロー賞放送新人賞、最優秀新人賞(てるてる家族、同年)
  • 第29回2005年エランドール賞新人賞(WATER BOYS2、2005年)
  • 第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞(北の零年、2006年)

その他

  • 二十歳のベスト・パール・ドレッサー2007

出演

太字は主演作品

映画

  • ホ・ギ・ラ・ラ(2002年) - サンジュ 役
  • 船を降りたら彼女の島(2003年) - 水上ちづる 役
  • わたしのグランパ(2003年、東映) - 五代珠子 役※公式にはこの作品がデビュー作である
  • Jam Films S すべり台(2005年)
  • 北の零年2005年、東映) - 小松原多恵 役
  • 包帯クラブ2007年、東映) - 騎馬笑美子(ワラ) 役
  • 銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~(2008年4月19日公開、友情出演) - 武留守リリー(ギャル師匠時) 役
  • フライング☆ラビッツ2008年、東映) - 早瀬ゆかり 役

連続テレビドラマ

  • きみはペット(2003年4月-6月、TBS) - 澁澤ルミ 役
  • NHK連続テレビ小説 てるてる家族(2003年9月-2004年3月、NHK) - 岩田冬子 役
  • WATER BOYS2 (2004年7月-9月、フジテレビ) - 矢沢栞 役
  • H2~君といた日々(2005年1月-3月、TBS) - 古賀春華 役
  • 大河ドラマ 義経(2005年1月-12月、NHK) - 静(静御前) 役
  • '''Ns'あおい'''(2006年1月-3月、フジテレビ) - 主演・美空あおい 役
  • 花嫁とパパ (2007年4月-6月、フジテレビ) - 主演・宇崎愛子 役
  • パズル (2008年4月-6月、朝日放送・テレビ朝日共同制作) - 主演・鮎川美沙子 役
  • ヴォイス〜命なき者の声〜(2009年1月-3月、フジテレビ) - 久保秋佳奈子 役

単発ドラマ

  • 窓を開けたら(2003年3月25日、NHK) - 主演・山本うさぎ 役
  • 天国への応援歌 チアーズ~チアリーディングにかけた青春~ (2004年4月3日、日本テレビ
  • BE-BOP-HIGHSCHOOL (2004年6月16日、TBS) - 泉今日子 役
  • 赤いシリーズ 赤い疑惑(2005年6月15日・22日・29日、TBS) - 大島幸子 役
  • 怪談スペシャル 契り(2005年8月2日、フジテレビ) - 主演・由衣 役
  • BE-BOP-HIGHSCHOOL2 (2005年8月17日、TBS) - 泉今日子 役
  • クライマーズ・ハイ(2005年12月10日・17日、NHK) - 望月彩子 役
  • DRAMA COMPLEX 手の上のシャボン玉(2006年9月5日、日本テレビ) - 桜庭莉紗 役
  • '''Ns'あおいスペシャル 桜川病院最悪の日''' (2006年9月26日、フジテレビ) - 主演・美空あおい 役
  • 氷点 (2006年11月25日・26日、テレビ朝日) - 主演・辻口陽子 役※文化庁芸術祭参加作品
  • 翼の折れた天使たち第一夜 衝動(2007年2月26日、フジテレビ) - 主演・吉村ユリ 役
  • 世にも奇妙な物語 秋の特別編 未来同窓会(2007年10月2日、フジテレビ) - 主演・松井春香 役
  • 恋のから騒ぎドラマスペシャル「声が震える女」(2007年11月30日、日本テレビ) - 主演・彦田六美 役
  • 鹿鳴館(2008年1月5日、テレビ朝日) - 大徳寺顕子 役
  • 長生き競争!(2008年12月26日、フジテレビ) - 山田エリ 役

テレビ出演

  • TSC&メイキングオブわたしのグランパ(2003年3月23日、テレビ朝日)
  • スタジオパークからこんにちは(2004年3月11日、NHK)
  • 女優開発プロジェクト ××プロ(2005年4月-2006年3月、テレビ朝日)
  • おじいちゃん本当のこと聞かせて(2005年12月28日、TBS)
  • 徹子の部屋(2006年11月23日、テレビ朝日)

ラジオ番組

  • 第30回ラジオ・チャリティー・ミュージックソンパーソナリティ(2004年12月24日-25日、ニッポン放送
  • 石原さとみ SAY TO ME!(2005年4月2日-、ニッポン放送)
  • 石原さとみのオールナイトニッポン(2007年1月12日、ニッポン放送)

舞台

  • 奇跡の人 主演ヘレン・ケラー役(2006年10月6日-11月19日、青山劇場および各地方公演)
  • 幕末純情伝 主演沖田総司役(2008年8月13日-2008年9月10日、新橋演舞場および各地方公演)

CM

  • J-PHONE 写メール(2003年1月-3月)※現ソフトバンク
  • バンダイ ケロケロキングDX(2003年6月-9月)
  • 江崎グリコ DONBURI亭、パピコポッキー、アイスの実、パナップ、牧場しぼり
  • 第一生命 第一でナイトシリーズ(2004年- )※田中麗奈より同シリーズを継承
  • 永谷園 松茸の味お吸いもの、みそ汁
  • 共同募金(2004年- )
  • サントリー BOSSレインボーマウンテン(2006年1月-3月)
  • トヨタ自動車 あしたのハーモニー(2007年6月- )
  • クラシエ いち髪(2007年7月- )
  • セガ ようこそセガへ(2007年8月-)

声優

  • モンスターハウス日本語吹き替え版 ジェニー役(2007年1月7日- )
  • シナモン the movie(2007年12月22日- )

ミュージック・クリップ

  • 桜木町ゆず、2004年6月2日発売)※ジャケット写真にも出演

ファッションショー

  • ACQUA GRAZIE(2005年3月)
  • 第14回ファッションカンタータ from KYOTO(2006年6月17日)

イメージキャラクタ

  • 第24回「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーン(2003年)
  • 赤い羽根共同募金ポスター(2004年- )
  • 2007年度セガ イメージキャラクター(2007年7月-2008年6月)

写真集

石原さとみファースト写真集
三部構成で、それぞれ根本好伸・熊谷貫・原田達夫により撮影。ホリプロタレントスカウトキャラバンの模様やわたしのグランパの収録風景も収める。文藝春秋により2003年3月25日発売。 ISBN 4-16-359540-6
たゆたい
ベトナムでのロケによるグラビアをはじめ、過去の週刊少年サンデーのグラビア、幼少時や小学生時代のプライベートの写真を収録。熊谷貫撮影。小学館により2005年11月16日発売。ISBN 4-09-363702-4
二十歳、夏
屋久島でのロケによるグラビア等をおさめる。小澤忠恭撮影。ワニブックスより2007年8月28日発売。 ISBN 4-8470-4034-1

雑誌レギュラー

  • Myojo集英社月刊
  • duet(集英社、月刊)
  • Wink up(ワニブックス、月刊)
  • Kindai(近代映画社、月刊)
  • BOMB学習研究社、月刊)
  • B.L.T. Mobile(東京ニュース通信社、月刊、B.L.T.の携帯サイト)

関連項目

  • ホリプロの人物一覧
  • 日本の女優一覧
  • 東京都出身の人物一覧

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件