ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

浅田美代子

浅田美代子
浅田 美代子(あさだ みよこ、1956年2月15日 - ) は、日本女優タレント。元アイドル歌手。愛称は「ミヨちゃん」「美代子さん」。
東京都 港区出身。血液型はB型。所属事務所芸映プロダクション→テアトル・ド・ポッシュ、歌手活動当時のレコード会社はCBSソニー東京女学館高等部中退。

略歴

1956年2月15日、東京都港区の病院で自動車工場経営の父親の姉弟の長女として誕生する。東京女学館高等部2年在学中の1972年夏、街頭でスカウトされる。当初両親は芸能界入りに反対していたが、芸映側が交渉の過程でドラマ『時間ですよ』の新人オーディションへの参加を提案、それに応じたところ、約25,000名の中から選ばれる。 これで芸能界入りを決め、学校を中退する。
1973年 2月14日、『時間ですよ』(第3シリーズ)のお手伝い役でデビュー。国民的な高視聴率番組だったことも加わって、たちまち人気を集める。また劇中歌でデビュー曲の『赤い風船』(現代の童謡をコンセプトに作られた楽曲と伝えられる)は1年で50万枚近くを売り上げオリコンの年間セールス10位の大ヒット(この年の新人歌手のシングルでは最大のヒット)となり、1973年の日本レコード大賞で新人賞を受賞する。その後も『寺内貫太郎一家』や『時間ですよ・昭和元年』などの人気ドラマに出演すると共に、映画出演や歌もヒットする。
当時の彼女はアイドルとしての魅力を十二分に感じさせると共に、ドラマでは久世光彦の厳しい指導のもと、悠木千帆(初代 のちの樹木希林)や堺正章といった一流の俳優らと互角に渡り合い、実働期間が4年足らずにも関らず鮮烈な印象を残した。デビュー曲が大ヒットしたのも自然の流れであった。
また当時NHKに歌手として出演するためには局のオーディションに合格する必要があったが、通常1、2回で済むところ、彼女は5回目でようやく合格した。
1975年頃からフォークシンガー吉田拓郎との噂が流れ、1977年7月に21歳の若さで吉田拓郎と結婚。芸能界を引退し主婦業に専念する。しかし1983年に協議離婚が成立。以降、芸能活動を再開し数多くのドラマや映画に出演する。
現在では人気女優としてドラマや映画で活躍する一方、『さんまのSUPERからくりTV』などのバラエティー番組で見せる天然キャラが人気を集めている。明石家さんまは天然(おバカキャラ)で有名になった里田まいスザンヌ木下優樹菜よりも天然である元祖天然と語り、数々の天然エピソードはさんまの持ちネタの一つでもある。

音楽

  • シングルは1973年から1975年までの間に10枚、1990年代に2枚発売され、オリコンチャートでは内2枚がベスト10入りし、『赤い風船』で週間売上1位を獲得している。
  • アルバムは1973年から1977年までの間にオリジナル盤が2枚、企画盤が4枚、ライブ盤が2枚、ベスト盤が5枚、1980年代以降ベスト盤が4枚発売された。オリコンチャートではうち1枚がベスト10入りしている(最高位は『赤い風船』の週間売上6位)。

シングル

  1. 赤い風船(1973年4月21日)いつかどこかで
  2. :作詞:安井かずみ 作曲:筒美京平 編曲:筒美京平
  3. ひとりっ子甘えっ子(1973年7月21日)風とふたりで
  4. :作詞:小谷夏 作曲:筒美京平 編曲:筒美京平
  5. わたしの宵待草(1973年10月1日)恋のシンデレラ
  6. :作詞:小谷夏 作曲:都倉俊一 編曲:高田弘
  7. 恋は真珠いろ(1973年12月5日)足ながおじさん
  8. :作詞:安井かずみ 作曲:都倉俊一 編曲:都倉俊一
  9. しあわせの一番星(1974年3月1日)恋のまえぶれ
  10. :作詞:安井かずみ 作曲:筒美京平 編曲:筒美京平
  11. 虹の架け橋(1974年6月1日)きょうは留守番
  12. :作詞:安井かずみ 作曲:都倉俊一 編曲:高田弘
  13. じゃあまたね(1974年8月21日)パリの絵ハガキ
  14. :作詞:安井かずみ 作曲:吉田拓郎 編曲:田辺信一
  15. 想い出のカフェテラス(1974年12月21日)ひとりぼっちの誕生日
  16. :作詞:林春生 作曲:三木たかし 編曲:田辺信一
  17. 少女恋唄(1975年3月1日)紅い花
  18. :作詞:松本隆 作曲:三木たかし 編曲:三木たかし
  19. この胸にこの髪に(1975年10月21日)
  20. :作詞:橋本淳 作曲:中村泰士 編曲:森岡賢一郎
  21. デュエット替え唄メドレー(1992年12月2日)嘉門達夫とデュエット
  22. :自身の楽曲「赤い風船」の替え歌を冒頭に挿入
  23. いっしょにねっ(1994年12月16日)
  24. :作詞:日比野信午 作曲:日比野信午

アルバム

(二重日付はアナログレコード / CDの各発売日)
  • 赤い風船(1973年5月21日 / 1991年6月15日) - 企画盤
  • 美代子のおくりもの(1973年9月1日) - 企画盤
  • GIFT PACK SERIES MIYOKO ASADA(1973年11月1日) - ベスト
  • オリジナルファーストアルバム(1973年12月21日)- 12曲中2曲作詞 企画盤
  • しあわせの一番星 / 恋は真珠いろ(1974年5月1日) - 企画盤
  • 美代子の新しい世界(1974年9月1日) - 10曲中4曲作詞 企画盤
  • 浅田美代子ヒット全曲集(1974年11月1日) - ベスト
  • 浅田美代子第一回リサイタル / ライブ(1974年12月10日) - ライブ
  • 浅田美代子デラックス(1975年6月1日) - 2枚組ベスト
  • この胸にこの髪に(1975年12月5日) - 企画盤
  • 美代子のページ(1976年2月25日) - ライブ
  • 美代子からあなたへ(1976年) - ベスト
  • 浅田美代子のすべて(1976年6月1日) - 2枚組ベスト
  • THE BEST 浅田美代子(1977年11月1日) - ベスト
  • 以下、CDのみ(全てベスト盤)
    • 浅田美代子 ベスト・コレクション(1986年5月21日)
    • GOLDEN J-POP / THE BEST 浅田美代子(1998年11月21日)
    • DREAM PRICE 1000 浅田美代子 赤い風船(2001年10月11日) - ミニアルバム、1枚目のアルバムとは別内容
    • GOLDEN☆BEST 浅田美代子(2003年7月16日)全シングル集(嘉門達夫とのデュエット曲を除く『いっしょにねっ』のB面はカラオケの為全部で21曲収録)

主要出演作

連続ドラマ

NHK総合
  • ドラマ新銀河 拝啓自治会長殿 (1995年)
  • NHK朝の連続テレビ小説 さくら(2002年) - 沼田筆子 役
  • NHK大河ドラマ 新選組!(2004年) - 佐藤のぶ(土方歳三の姉) 役
  • NHK大河ドラマ 風林火山(2007年) - 萩乃(三条夫人の女中頭) 役
  • 土曜時代劇 オトコマエ! (2008年4月~)- 武田のぶ 役
TBS
  • 時間ですよ 第3シリーズ(1973年)
  • 寺内貫太郎一家(1974年)
  • 時間ですよ・昭和元年(1974年)
  • 水戸黄門 (ナショナル劇場)(第6部)(1975年) - 第24話 うなぎ屋の助太刀 ゲスト
  • あこがれ共同隊(1975年)
  • なつかしき海の歌(1975年) - 久恵 役
  • 花吹雪はしご一家(1975年)
  • もういちど結婚(1986年)
  • くれない族の反乱(1984年)
  • お坊っチャマにはわかるまい!(1986年) - 古沼伸子 役
  • おんなは一生懸命(1987年~1988年)
  • 女の言い分(1994年)
  • 冠婚葬祭部長(1996年) - 小山田知子 役
  • 嫁はミツボシ。(2003年) - 佐々木孝子 役
  • 女系家族(2005年) - 矢島芳子 役
  • 地獄の沙汰もヨメ次第(2007年) -森福小百合 役
日本テレビ
  • 大都会 闘いの日々(1976年) - 第6話ゲスト出演
  • ゴリラ・警視庁捜査第8班(1990年) - 最終話ゲスト出演
  • ちょっと危ない園長さん(1993年)
  • 恋も2度目なら(1996年) - 三上紀子 役
フジテレビ
  • 101回目のプロポーズ(1991年) - 石毛桃子 役
  • 世にも奇妙な物語 冬の特別編 犬の穴(1991年)
  • 世にも奇妙な物語 スローモーション(1992年)
  • 17才-at seventeen-(1994年) - 月影藍子 役
  • WITH LOVE(1998年) - 古川英子 役
  • 東京ラブ・シネマ(2003年) - 特別出演 堺照子 役
  • 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(2007年) - 藤本香苗 役
テレビ朝日
  • 湘南女子寮物語(1993年) - 三浦涼子 役
  • イタズラなKiss(1996年) - 入江紀子 役
  • 七人のサムライ J家の反乱(1999年) - 第5話ゲスト出演
  • ベストフレンド(1999年) - 瀬戸静 役
テレビ東京
  • ぼくが医者をやめた理由(1990年)
ほか、多数

2時間・SPドラマ

月曜ドラマスペシャル月曜ミステリー劇場月曜ゴールデン
  • 金田一耕助の傑作推理(13) 八つ墓村(1991年) - 春代 役
  • 演歌・唱太郎の人情事件日誌(1996年 - 1997年) - 神崎あかね 役
  • 居酒屋刑事(1998年) - 春美 役
  • 女借金取りがゆく(1998年、2000年) - 主演 取り立て屋・葵 役
  • 真夏の恐怖劇場(1) フェチシズム(1999年) - 主演
  • 陰の季節 1 - 7(2000年 - 2004年) - 吉村梢 役
火曜サスペンス劇場ドラマコンプレックス火曜ドラマゴールド
  • 切り裂かれた夫婦(2000年) - 主演 中学教師・吉井朋子 役
  • 警視庁鑑識班15(2002年) - 内田芙美子 役
  • たくさんの愛をありがとう(2006年) - 特別出演 吉村静子 役
  • 塀の中の懲りない女たち2(2006年) - 小野寺香苗(服役囚) 役
女と愛ミステリー→水曜ミステリー9
  • 誘拐者の声音(2003年) - 結城淳子 役
  • 松本清張 特別企画渡された場面 - 小寺智子 役
金曜エンタティメント金曜プレステージ
  • 課長島耕作 1、3、4(1993年、1994年、1998年) - 島耕作の元妻 中川加奈子 役
  • 女浮気調査員・暮林陽子(1998年) - 主演
  • ドラマ特別企画 女子刑務所東三号棟5(2003年)
ほか、多数。

バラエティ

  • スター千一夜(フジテレビ)
  • メレンゲの気持ち(2000年4月15日 - 2005年1月8日、日本テレビ)
  • さんまのSUPERからくりTV(TBS)
  • さんま・玉緒・美代子のいきあたりばったり珍道中(1998年-2004年、フジテレビ、年1回)
  • 今夜は最高!(日本テレビ)
  • 笑っていいとも! テレフォンショッキング(フジテレビ)
  • 徹子の部屋(テレビ朝日)

映画

  • ときめき(1973年)
  • あした輝く(1974年)
  • しあわせの一番星(1974年)
  • 陽のあたる坂道(1975年)
  • 息子(1991年)
  • 釣りバカ日誌(1994年公開の7以降レギュラー)
  • 走れ!イチロー(2001年)
  • 銀のエンゼル(2004年)
  • 赤い鯨と白い蛇(2006年)
  • LOVE MY LIFE (2006年)
  • オトシモノ(2006年)
  • 佐賀のがばいばあちゃん(2006年)
  • 赤い文化住宅の初子(2007年)
  • Mayu -ココロの星-(2007年)
  • 歓喜の歌(2008年)
  • 受験のシンデレラ2008年3月)

CM

  • 興和(ウナコーワ、モココーワ)(1973年 - )
  • 花王(フェザーシャンプー)(1973年 - )
  • 日清食品(MUGヌードル)(1993年)
  • トヨタ自動車カローラアクシオ)(2006年 - 2007年)※明石家さんまと共演

エピソード

  • 浅田が刑事役で出演したドラマで犯人を捕まえるシーンを撮影した際、付き人に、「犯人誰だったんだろう?」と聞いた(その付き人はお笑いコンビ・イワイガワの井川修司)。
  • 浅田の実母の葬儀の際、さんまが香典を渡そうとすると、泣きながら「ほんとにこの人はなんでもお金で解決しようとして…」と言ったという。

関連項目

  • イワイガワ
    • メンバーの井川修司は浅田の元付き人。

外部リンク

*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件