ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

柳瀬正夢

柳瀬正夢
柳瀬 正夢(やなせ まさむ、1900年1月12日 - 1945年5月25日) は、美術家画家デザイナー、舞台美術家。本名は正六、別名は夏川八朗
愛媛県生まれ。上京し絵画を学ぶ。
1920年には読売新聞に入り、時事まんがを描いていた。
その後、普門暁未来派美術協会に入ったり、村山知義尾形亀之助、大浦周蔵、門脇晋郎とともにMAVOを結成したりして、前衛美術に進む。1924年には、三科造形美術協会結成。
その後、プロレタリア美術に傾倒し、1921年種蒔く人、未来派美術協会に参加。
1923年に日本漫画会発起人となる。
1925年、プロレタリア文芸同盟の結成に参加、同年創刊の無産者新聞に参加し、多くの挿絵を執筆した。
1931年10月、日本共産党入党。
1932年治安維持法違反で検挙され、拷問を受ける。
ゲオルグ・グロッスに傾倒する。カリカチュア、絵画に始まり、デザイン(ポスター)、コラージュ、舞台美術など、幅広く活躍した。
1945年、空襲により新宿駅西口で亡くなる。

主要文献

  • ねじ釘の如く―画家・柳瀬正夢の軌跡/井出孫六/岩波書店/1996年
  • 下記展覧会の展覧会カタログ

主要な展覧会

  • 村山知義と柳瀬正夢の世界 : グラフィックの時代(板橋区立美術館・1990年)
  • ねじ釘の画家 : 没後四十五年柳瀬正夢展(武蔵野美術大学美術資料図書館・1990年)
  • 柳瀬正夢 : 疾走するグラフィズム(武蔵野美術大学美術資料図書館・1995年)
  • 柳瀬正夢展 : 画布からあふれ出した筆跡 : 没後50年記念((久万)町立久万美術館・1995年).
  • 柳瀬正夢展 : 生誕100年記念(愛媛県美術館・2000年).
  • 槿の画家:柳瀬正夢展 (武蔵野美術大学美術資料図書館・2008年).
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件