ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

杉浦忠

杉浦忠
杉浦 忠(すぎうら ただし、1935年昭和10年)9月17日 - 2001年平成13年)11月11日)は、愛知県西加茂郡挙母町(現:豊田市)出身のプロ野球選手プロ野球監督野球解説者

来歴・人物

愛知県立挙母高等学校(現在の愛知県立豊田西高等学校)から立教大学へ入学。大学では同期の長嶋茂雄東京読売巨人軍)、本屋敷錦吾阪急ブレーブス)と三人で「立教三羽ガラス」と呼ばれた。
もともとオーバースロー投手であったが、大学2年の時肩を故障してサイドスローに転向した。(アンダースローと呼ぶ者が多いが、実際には球の出る位置が低いためにそう見えるだけで、フォームとしてはサイドスローである。)このため、その投球フォームは横から投げつつも肘から先の使い方が上から投げていた頃そのままであり、これがボールに独特の回転と切れを与えた。加えて天性の関節の柔らかさ(特に股関節)がサイドスロー投法にはまり、流れるようなフォームから威力抜群の快速球を生む要因となった。「手首を立てたアンダースロー」といわれたフォームは当時シーズン30勝を挙げた巨人の大友工を手本にしたといわれている。東京六大学野球通算36勝(立教OBとして最多)の大半(28勝)は、フォーム変更後の2年間で挙げたものである。早大相手にノーヒットノーランも達成した。
1958年南海ホークスに入団。1年目27勝を挙げて新人王。2年目の1959年38勝してわずか4敗という成績で南海のリーグ優勝に貢献し、シーズンMVP(投手5冠)。迎えた日本シリーズでは巨人相手に第1戦から第4戦まで血豆をおして4連投して4連勝の大活躍で南海を初の日本一に導き、シリーズMVPに輝いた。このとき記者に囲まれた杉浦は「一人になって泣きたい」と語った。
その後もエースとして活躍したが、連投による右腕血行障害の影響や、野村克也の反対を押し切ってシンカーを覚えたことが持ち味を殺してしまったことで徐々に成績は下降していく。長いイニングが投げられなくなった選手生活の後半は主に抑えの切り札として活躍した。実質球界初の「ストッパー」は彼だという声もある。
1970年 シーズン限りで現役を引退。1971年3月大阪球場での巨人とのオープン戦引退試合として行われ、親友・長嶋茂雄の打席のところで登板。長嶋は記者の質問に「思い切り振って三振するよ」と答えたが、結果は引退試合の「お約束」である三振ではなく、痛烈なセンター前ヒットであった。これが長嶋の餞であり、友情の象徴とも言われる。杉浦はこのことを振り返り、「彼(長嶋)が、マジで向かってきてくれたことに、自分は凄く嬉しかったし、誇りを感じる。トンボが止まるようなヘナヘナボールだったら、彼は空振りして、三振したんじゃないかな」と語っている。
現役引退後は、毎日放送解説者を経て、西本幸雄に請われて近鉄バファローズの投手コーチに就任したこともある。
1986年に南海監督に就任、1987年は9月初めまで南海久々の優勝争いを演じた。1988年にチームはダイエーに売却され福岡に移転。福岡ダイエーホークスの初代監督となったが1989年限りで退任。その後は1990年にフロント入りし、1994年に退職。
その後は、九州朝日放送の解説者を務め、「仏の杉浦、鬼の河村」で人気を博した。柔らかい、穏やかな語り口から人気を得たが、柔らかいながらも時には叱咤激励のコメントを出すこともあった。当時のキャッチコピーはマイクの前のジェントルマン。また後年は球界の紳士とも紹介されていた。1999年に南海の後身であるダイエーが優勝を決めた試合でのラジオ放送では「一人で中州で酒を飲みたい」と中継内でコメントした。
また2001年よりプロ野球マスターズリーグ、大阪ロマンズのヘッドコーチに就任。3試合のみ代理監督を務めた。2001年11月11日、大阪ロマンズの遠征先で宿泊していた札幌市内のホテルで急逝した。享年66。その功績を称え、マスターズリーグの最優秀投手に与えられる「杉浦賞」に名を冠している。

年度別投手成績

  • 表中の太字はリーグ最高

タイトル・表彰・記録

  • 最優秀選手:1回(1959年)
  • 新人王 (1958年)
  • 最多勝利 :1回(1959年)
  • 最優秀防御率:1回 (1959年)
  • 最高勝率:1回 (1959年)
  • 最優秀投手 1回(1959年)
  • 最多奪三振:2回 (1959年、1960年) ※当時はタイトルではない
  • ベストナイン:1回(1959年)
  • 野球殿堂入り (1995年)
  • 日本シリーズ最高殊勲選手:1回(1959年)
  • オールスターゲーム出場:6回(1958年~1961年、1964年、1965年)
  • 54.2イニング連続無失点 (1959年9月15日~10月20日)

背番号

  • 21 (1958年~1970年)
  • 70 (1974年~1977年)
  • 71 (1986年~1988年)
  • 81 (1989年)

監督としてのチーム成績

※1986年から1996年までは130試合制

監督通算成績

  • 520試合 223勝271敗26分

エピソード

  • 1948年オフ、別所毅彦が南海から巨人に移籍。その経緯を「なんと汚いんだ」と思うようになって以来、アンチ巨人になったという。
  • 学生時代、先輩である大沢啓二に長嶋茂雄ともどもよく面倒を見てもらった。大沢の行動は無論二人を獲得したい南海や親分鶴岡一人の意向によるものだったが、結果は長嶋は母親に「地元の球団に入ってくれ」と懇願されて巨人へ、杉浦は南海へ入団した。
  • 南海入りに積極的だったのは長嶋の方だったようで、「杉浦、南海はいいぞお!電車が球場の真下まで走ってるんだぞ」と長嶋が熱烈に杉浦を誘い、杉浦は南海入団の意思を固めた。ところがその直後に長嶋が「杉浦ごめん、やっぱりオレ巨人に決めた。巨人は最高の球団だ」と巨人入り。一方、杉浦は「男に二言はありません」の名台詞で決意を変えることなくそのまま南海に進んだ。二人の性格をよく示すエピソードであるといえる。このとき、心配して杉浦に会いにきた鶴岡監督に向かって「監督さん、僕がそんな男に見えますか!」とタンカを切ったとのエピソードがある。
  • 打者として対戦してみたい投手は自分自身。自分の投げる球がどれほどのものか見てみたいからと云う。
  • 同世代の大投手・稲尾和久は当然対戦も多くライバルであったが、同時にマウンドマナーなど学ぶところも多く、彼の仕草を自分のものとするように努めた。一方、金田正一村山実藤田元司など華やかに脚光を浴びるセ・リーグの投手には強い対抗心を持っていた。杉浦の落ち着いたマウンドさばきや静かな語り口は彼らへの対抗心から生まれたという。
  • ベンチからでも手首をスナップさせる「ピシッ」という音が聞こえた、背中から外角へ大きく曲がるカーブを投げたなどの逸話が残っている。
  • 南海としてのホームゲーム最終戦後のセレモニーで「長嶋君ではありませんがホークスは不滅です。ありがとうございました、(福岡に)行ってまいります!」とのスピーチを残した。
  • ダイエー初優勝の翌日のテレビ中継では、杉浦は副音声での解説を担当。和田安生アナウンサー(当時)と「ビールを飲みながら野球を見る」というコンセプトで放送したが、杉浦は酒を飲みながら野球を見るのは初めてであり、放送内で「なかなかええもんやな」と話している。
  • カラオケ十八番は、志賀勝の「女」であった。冒頭の「志賀勝や!」の台詞部分を「杉浦や!」に変えて歌っていたという。
  • 自宅が老朽化し、家族が家の建て替えを提言した時、杉浦は「この家には愛着がある。嫌なら出て行けばいいだろう」と提言を受け入れなかった。後年、KBC解説者として福岡で解説を行っていた時期も、大阪府堺市の自宅から通っていた。
  • 浄土真宗 本願寺派堺別院で行われた告別式では、山門前に集まったファンが掲げる南海ホークス球団旗と球団歌「南海ホークスの歌」の合唱で見送られた。

関連項目

  • 愛知県出身の人物一覧
  • 福岡ソフトバンクホークスの選手一覧
※カッコ内は監督在任期間。
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件