ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

英和・和英辞典の検索結果

星座

星座 [せいざ]
(n) constellation
(P)

Wikipediaの検索結果

星座占い

星座占い
星座占い(せいざうらない)は、星占い(ほしうらない)ともいい、西洋占星術を簡略化した占いの一種。サン・サイン占星術(Sun sign astrology、太陽星座占い)といえる。ここでいう「星座」は占星術の「宮」(サイン)のことであり、現在の夜空の星座とは異なる概念である。

概要

誕生時に太陽が十二宮のどの宮(サイン)に位置したかにより、その人物の性格や相性、運命などを占う。
太陽暦であるグレゴリオ暦では、誕生日さえ判れば太陽の位置も判るため、簡便な占いとして、急速に普及。
また、星座占いの占い師の中には、月星座占い(誕生時にがどこの十二宮にあったかで占うもの。自分の「星座」とは必ずしも合致しない)を駆使し、ホロスコープ(天球図)を作り、さらに細かく占うという方法をとる者もある。
海外では割と親しまれている。

日本のメディアにおける星座占い

今や、若者向け・主婦向け雑誌の多くにこの占いによる運勢判断コーナーが用意されているのみならず、朝日新聞のような全国紙にも、夕刊に「あすの運勢」(松村潔)が掲載されている。またテレビの朝の情報番組の多くにもこの占いによる運勢判断コーナーがある(NHKTBSではこのコーナーがない)。TBSで放送されていた、朝の情報番組エクスプレスでは1つの星座を、前半・後半2つに分けた「24星座占い」があった。

各星座の星座占い上の期間

  • 白羊宮おひつじ座・牡羊座) - 3月21日から4月20日まで
  • 金牛宮おうし座・牡牛座) - 4月21日から5月21日まで
  • 双児宮ふたご座・双子座) - 5月22日から6月21日まで
  • 巨蟹宮かに座・蟹座) - 6月22日から7月22日まで
  • 獅子宮しし座・獅子座) - 7月23日から8月22日まで
  • 処女宮おとめ座・乙女座) - 8月23日から9月22日まで
  • 天秤宮てんびん座・天秤座) - 9月23日から10月23日まで
  • 天蝎宮さそり座・蠍座) - 10月24日から11月22日まで
  • 人馬宮いて座・射手座) - 11月23日から12月22日まで
  • 磨羯宮やぎ座・山羊座) - 12月23日から1月20日まで
  • 宝瓶宮みずがめ座・水瓶座) - 1月21日から2月19日まで
  • 双魚宮うお座・魚座) - 2月20日から3月20日まで
なお、占いによっては期間が1日ほどずれる場合がある。

十三星座占い

十二宮にへびつかい座を加えた13種類の星座を用いて占うものが提案されたが、これはもともと古代の天球を十二分して、その当時近くにあった星座にちなんで各宮の名前にしたといういきさつを無視して新機軸を狙ったものであり、一時的に話題にはなったものの普及には至らなかった。
現在の星座の位置と各宮の位置とがズレているという批判があるが、これらの批判は占星術の宮(サイン)と夜空の「星座」を混同したもので間違いであり、占星術界では却下されている。 しかし、Yahoo!占いのように十三星座占いを取り入れているサイトや占い師もある。そういう占い師は十三星座の日付を変えている場合があるので 注意が必要とされる。正しい各一三星座の期間は下記の通り。

十三星座占いにおける各星座の星座占い上の期間

  • おひつじ座・牡羊座 - 4月19日から5月13日まで
  • おうし座・牡牛座 - 5月14日から6月20日まで
  • ふたご座・双子座 - 6月21日から7月19日まで
  • かに座・蟹座 - 7月20日から8月10日まで
  • しし座・獅子座 - 8月11日から9月15日まで
  • おとめ座・乙女座 - 9月16日から10月29日まで
  • てんびん座・天秤座 - 10月30日から11月22日まで
  • さそり座・蠍座 - 11月23日から11月29日まで
  • へびつかい座・蛇遣座 - 11月30日から12月17日まで
  • いて座・射手座 - 12月18日から1月18日まで
  • やぎ座・山羊座 - 1月19日から2月15日まで
  • みずがめ座・水瓶座 - 2月16日から3月10日まで
  • うお座・魚座 - 3月11日から4月18日まで
なお、従来の十二星座占いとの混同を防ぐため、追加されたへびつかい座を除いた各星座に「」をつけて表現される場合もある。また、星座によって期間が大幅に違っているが、これは黄道を十二等分した宮を用いた従来の十二星座占いとは違い、黄道上での各星座の範囲をそのまま星座の期間としているためである。

関連項目

  • 十二支
  • 星座
  • 星座占いで瞳を閉じて - おニャン子クラブ中島美春 & 新田恵利)の楽曲
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

星座

星座
星座(せいざ、constellation)は、複数の恒星天球上に占める見かけの配置を、その特徴から連想したさまざまな事物の名前で呼んだものである。古来さまざまな地域・文化や時代に応じていろいろなグループ化の方法や星座名が用いられた。古代中国では星同士を結んだ形を星官と呼び、主要な星官にもとづいて分けられた星空の区画は星宿と呼んだ。

概要

現在一般的に用いられる星座名は、国際天文学連合(IAU)が定めた88星座の分類による。これは西暦100年頃、アレキサンドリア(エジプト)の天文学者クラウディオス・プトレマイオスオリオン座ふたご座等、古代ギリシアに由来する星座をまとめた「トレミーの48星座」(トレミーはプトレマイオスの英語読み)をベースに、ヨーロッパ諸国の大航海時代に南天に与えられた比較的新しい星座(ほうおう座はちぶんぎ座など)を付け加えることにより成立した。
そのほかの呼び名も提案されたが勝ち残れなかった。特に「しぶんぎ座」は、現在はうしかい座りゅう座とも)の一部で、これにちなんで「しぶんぎ座流星群」の名がある。現在の領域にちなんで、「りゅう座イオタ流星群」ともいう。
これ以外にも非公式な呼び名(asterism:星群)もある。例えば、「北斗七星」はおおぐま座の一部で、くまのしっぽにあたる目立った7個の星がひしゃく状をなすことから名づけられた名前である。
IAUの星座分類は、名称を定義しただけではなく、各星座の範囲を厳密に決めたことも特徴である。すべての星座は赤経赤緯の線に沿った境界線で区切られている。このため、あらゆる太陽系外部の天体は必ずどれかひとつの星座に属することになる。各恒星は、星座内での光度の順番などにより、ギリシャ語のアルファベットと星座名をあわせ、「こと座 α(アルファ)星」などと呼ぶ。国際的にはラテン語を使い、α Lyraeと書く。このとき星座名は属格に活用変化させる。3文字の略符を使い、α Lyr と書いてもよい。4文字の略符もあるが全く使われない。恒星は、星座内で明るい順にα,β(ベータ),γ(ガンマ),…と名付けられる。この方式で最初の全天恒星図を作ったヨハン・バイエルにちなみ、この命名法による名をバイエル符号と呼ぶ。バイエル符号以外の命名法もある。恒星の命名法についての詳細は、恒星の項目を参照のこと。
天文学的には恒星同士の見かけの並びは特段の意味は無い。散開星団のプレアデス(すばる)などの例外を除き、星座を構成する星は互いに天体力学的な関連をもって並んでいるわけではない。地球からの距離もまちまちであって、太陽系の位置からたまたま同じ方向に見えるだけである。
しかし、古来星座にまつわるさまざまな伝説・神話が伝承されているため、これらの物語を通じて星座や天体観測に興味を持つきっかけを持つ人も多く、天文学の入門に広く話題として取り上げられ、親しまれている。

88星座の一覧

りゅうこつ座とも座ほ座、および、らしんばん座の4星座はかつてはアルゴ座としてひとつの星座であった。

日本からはまったく見えない星座

  • カメレオン座
  • テーブルさん座
  • はちぶんぎ座
  • ふうちょう座

日本からは一部だけしか見えない星座

  • インディアン座
  • かじき座
  • きょしちょう座
  • くじゃく座
  • コンパス座
  • さいだん座
  • とけい座
  • とびうお座
  • みずへび座
  • みなみのさんかく座
  • りゅうこつ座
  • レチクル座

歴史

古代エジプトの遺跡で、既に星の並びを人などに見立てた図が発見されている。この星座は総称してデカンと呼ばれ、一年を360日として十日ごとの区画に割る指標として用いられていたが、一部を除いて同定されていないものが多く、現在も研究が続けられている。記録に残る限り、これが最古の星座だが、現在の88星座に直接結びつくものはない。星同士を結んで星座を作る風習がのちにメソポタミア文明に伝わり、ここで現在の星座の原型ができたと考えられる。ただし、エジプトとは独立して、別個に星座を作ったという可能性もある。
最初に決められた星座は、黄道十二星座で、おそらく、メソポタミア文明以前から住み着いていた羊飼いによって設定された。物的な証拠は残っていないが、ヒツジ、ヤギ、ウシといった家畜がすべてこの黄道十二星座に含まれているのが、間接的な証拠とされる。ただし、羊飼いが設定した星座は12個ではなかった可能性もある。
これらの黄道の星座はメソポタミア文明に取り入れられ、西洋占星術の基礎となった。メソポタミアの遺跡からは、黄道十二星座を記したものが発見されている。この星座は古代エジプトを通じて古代ギリシアに伝わり、ギリシア人たちは自分たちの神話体系にこれを取り入れるとともに、自分たちでもさらに新しい星座を設定した。ギリシア人が設定した星座にはみな神話がついているが、それ以前のメソポタミア文明由来の星座には、神話がついていないか、ついていてもこじつけに近いものが多い。
古代ギリシアでの星座への言及で最も古いものは、紀元前9世紀ホメロスの二大叙事詩『イリアス』『オデュッセイア』で、星座名としてはおおぐま座、オリオン座、うしかい座が登場した。
紀元前4世紀の天文学者エウドクソスは、現代につながる44星座を決定したとされるが、その著書は残っていない。かわりに紀元前3世紀の小アジア生まれのマケドニアの詩人アラトスがこの44星座を詩にし、これが残っている。プレアデスとヒュアデスの2星団を星座にしているほかは、ほぼ現行のものが使われていた。
現代につながる49星座の設定者は紀元前2世紀の天文学者ヒッパルコスで、アラトスのものに修正を加え、現在にすべてつながる46星座を決定した。この後、トレミーの48星座とかみのけ座を合わせた全49星座を決定したという説もあるが、その著書は残っていない。
紀元2世紀クラウディオス・プトレマイオストレミーの48星座を決定した。プトレマイオスは、かみのけ座を認めなかった。この48星座を決定した者は、前述したとおりヒッパルコスだという主張もあるが、ひとまず、著書が残っているプトレマイオスの名をとり、今でもこれらの星座はトレミーの48星座と呼ばれ続けている。これは長く標準となり、16世紀までは付け加えられることも、減らされることもなかった。
16世紀、大航海時代が始まると、プトレマイオスが観測できなかった南天にも星が続々と見つかった。地動説が唱えられはじめ、プトレマイオスの絶対的な権威は薄らいだ。ティコ・ブラーエは、プトレマイオス以前に使われていたかみのけ座を復活させた。1603年ヨハン・バイエルが南天の星座を記した全天恒星図を作った。ただし、バイエルは、当時の船乗りが使っていた星座を新しく記載しただけで、特に星座を創作したわけではなかったとも言われる。この後、天動説が信じられなくなると、プトレマイオスの権威は低下し、さまざまな天文学者が続々と新しい星座を設定した。ただし、ヨハネス・ヘヴェリウスの7星座とニコラ・ルイ・ド・ラカーユの14星座を除き、ほとんどがその後は生き残れなかった。この時代に設定された星座は、星が少なく、従って星座も設定されなかった領域に無理やり星座を作ったような例が多い。また、王侯貴族にちなんで名付けられたものも多かったが、その他の国に認められず、ほとんどが消えていった。
このように、さまざまな理由で星座が乱立し、基準がとれなくなりはじめたので、1928年の国際天文学連合(IAU)第3回総会で現在の88星座が決められ、現在に至っている。

日本語での呼称

88の星座とそのラテン語での正式名は決まったが、日本語での翻訳は特に決定的なものがなく、各天文団体ごとに若干異なる訳名が使われた。1944年に学術研究会議(現日本学術会議)が訳名を決定するとこれが全国的に使われるようになり、その後、数度改定され、現在に至っている。

中国の星座

星の集合体

中国では星空を天上世界の官僚機構に見立て、星同士を結ぶ線で構成される形を「星官」と呼んだ。西洋の星座と違い、1星や2星といった少数の星によって構成されるものも多いことが特徴である。古来より天文家ごとに星官の名称は異なっていたが、三国時代の陳卓が石氏・甘氏・巫咸三家の星官を統合して283官1464星とし、以後、この体系が沿用された。

天球上の領域

星官は西洋天文学の星座と異なり、それ自体に星空を分割した区画の意味は含まれていない。天球上をある程度の面積をもった領域に区分した天区には三垣二十八宿の体系が作られた。個々の天区は天の北極付近、および、黄道沿いにある主要な星官に距星が置かれ、その距星のある星官によって名前がつけられている。
また二十八宿を7宿ごとにまとめた四象があり、東方青龍・北方玄武・西方白虎・南方朱雀に四分された。
なお、三垣二十八宿や四象は星官にもとづいた不均等区分の天球分割法であるが、中国天文学にはこの他に天球を12の区画に均等区分した十二次十二辰といったものがあった。十二次・十二辰の領域や境界は二十八宿の度数を座標系として使用することによって表された。

現在採用されていない星座

  • アルゴ座
  • アンティノウス座
  • いんさつしつ(印刷室)座
  • おうこつ(王杓)座
  • おおぐも(大雲)座
  • おんどり座
  • かんししゃ(監視者)メシエ座
  • きたばえ(北蝿)座
  • けいききゅう(軽気球)座
  • ケルベルス座
  • こぐも(小雲)座
  • しぶんぎ(四分儀)座
  • しょうさんかく(小三角)座
  • ジョージのこと(琴)座
  • そくていさく(測定索)座
  • チグリス座
  • チャールズのかしのき(樫の木)座
  • つぐみ座
  • 帝国宝珠座
  • でんききかい(電気機械)座
  • となかい座
  • ねこ座
  • ハーシェルのぼうえんきょう(望遠鏡)座
  • ひどけい(日時計)座
  • ふくろう座
  • ブランデンブルグのおうこつ(王笏)座
  • フリードリヒのえいよ(栄誉)座
  • ポニアトフスキーのおうし(牡牛)座
  • マエナルスさん(山)座
  • みみず座
  • ゆり座
  • ヨルダン座

関連項目

  • 星座の広さ順の一覧
  • 中国の星座(星宿)(英語版)

外部リンク

*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

星座の広さ順の一覧

星座の広さ順の一覧
星座の広さ順の一覧(せいざのひろさじゅんのいちらん)は、現行の 88 星座の、領域の広さ順による一覧である。(面積単位平方度
順位 星座名 広さの順位
1 うみへび座 1303 平方度
2 おとめ座 1294 平方度
3 おおぐま座 1280 平方度
4 くじら座 1231 平方度
5 ヘルクレス座 1225 平方度
6 エリダヌス座 1138 平方度
7 ペガスス座 1121 平方度
8 りゅう座 1083 平方度
9 ケンタウルス座 1060 平方度
10 みずがめ座 980 平方度
11 へびつかい座 948 平方度
12 しし座 947 平方度
13 うしかい座 907 平方度
14 うお座 889 平方度
15 いて座 867 平方度
16 はくちょう座 804 平方度
17 おうし座 797 平方度
18 きりん座 757 平方度
19 アンドロメダ座 722 平方度
20 とも座 673 平方度
21 ぎょしゃ座 657 平方度
22 わし座 652 平方度
23 へび座 * 637 平方度
24 ペルセウス座 615 平方度
25 カシオペヤ座 598 平方度
26 オリオン座 594 平方度
27 ケフェウス座 588 平方度
28 やまねこ座 545 平方度
29 てんびん座 538 平方度
30 ふたご座 514 平方度
31 かに座 506 平方度
32 ほ座 500 平方度
33 さそり座 497 平方度
34 りゅうこつ座 494 平方度
35 いっかくじゅう座 482 平方度
36 ちょうこくしつ座 475 平方度
37 ほうおう座 469 平方度
38 りょうけん座 465 平方度
39 おひつじ座 441 平方度
40 やぎ座 414 平方度
41 ろ座 398 平方度
42 かみのけ座 386 平方度
43 おおいぬ座 380 平方度
44 くじゃく座 378 平方度
45 つる座 366 平方度
46 おおかみ座 334 平方度
47 ろくぶんぎ座 314 平方度
48 きょしちょう座 295 平方度
49 インディアン座 294 平方度
50 はちぶんぎ座 291 平方度
51 うさぎ座 290 平方度
52 こと座 286 平方度
53 コップ座 282 平方度
54 はと座 270 平方度
55 こぎつね座 268 平方度
56 こぐま座 256 平方度
57 ぼうえんきょう座 252 平方度
58 とけい座 249 平方度
59 がか座 247 平方度
60 みなみのうお座 245 平方度
61 みずへび座 243 平方度
62 ポンプ座 239 平方度
63 さいだん座 237 平方度
64 こじし座 232 平方度
65 らしんばん座 221 平方度
66 けんびきょう座 210 平方度
67 ふうちょう座 206 平方度
68 とかげ座 201 平方度
69 いるか座 189 平方度
70 からす座 184 平方度
71 こいぬ座 183 平方度
72 かんむり座 179 平方度
かじき座 179 平方度
74 じょうぎ座 165 平方度
75 テーブルさん座 153 平方度
76 とびうお座 141 平方度
77 はえ座 138 平方度
78 カメレオン座 132 平方度
さんかく座 132 平方度
80
みなみのかんむり座 128 平方度
81 ちょうこくぐ座 125 平方度
82 レチクル座 114 平方度
83 みなみのさんかく座 110 平方度
84 たて座 109 平方度
85 コンパス座 93 平方度
86 や座 80 平方度
87 こうま座 72 平方度
88 みなみじゅうじ座 68 平方度
注意:
* へび座は2つの部分に分かれる。へび座(頭部)は広さ (429 平方度) で、へび座(尾部)は (208 平方度)である。
* 4分割され、現在は使われないアルゴ座の面積は1888平方度で、全天第1位だった。
* せいさのひろさしゆんのいちらん
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約  2  件