ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

英和・和英辞典の検索結果

技術者

技術者 [ぎじゅつしゃ]
(n) engineer
technical expert
technician
crafts-person
(P)

Wikipediaの検索結果

技術者

技術者
技術者(ぎじゅつしゃ)とは、基礎となる学問や知識を具体的なものづくりやプロセス、システムの開発に応用する専門家のこと。または、理学数学物理学など)・工学機械工学電子工学情報工学など)分野の知識を基礎とし、有用な物や工程・システムを設計・開発する人のこと。エンジニアとも呼ばれる。自然科学・応用科学を問わずこれらの分野で基礎研究や新しい技術の開発をする人は、別途リサーチャーと呼び分けることもある。
20世紀後半以降、物のなかには具体的な形をもつハードウェアだけでなく、それを使うためのソフトウェアが含まれるようになった。また、作ったものを正しく動作させるための運用・保守に関わる職種も技術者(エンジニア)に含む。
技師・技士とも呼ぶことがあるが、これらは役職名・資格名を指すことが多い。
外国に於けるEngineer(エンジニア)の称号は、工学学位が必要等明確な制限がある場合が多い。

技術者の定義と実情

この項目では、主に技術者と似た分野を扱う職務との差異から、技術者の定義と実情を浮き彫りにする。

技術者と技能者

技術者に類似した概念に技能者がある。技能者とは、機械の組み立てや精密加工などの、ものづくりの実作業を担当する者を指す。専門知識を応用して成果を出すことは求められない反面、極めて高度な技能が要求される。これは伝統的な職人の概念に近い。技能者の国家資格に技能士がある。
ただし技術者は試作といった作業の必要性から、実質的に技能者であることも求められる。優れた技術者は、同時に優れた技能者であることが多い。ところが、近年は少年期に電気製品の分解・修理・組立などの電子工作を楽しまないままに成長し、大学においてもシミュレーションしか経験のない、技能を持たない技術者が増えてきている。
ソフトウェアの分野では、プログラマ(狭義ではコーダー)は技能者とされ、分析・設計を担当するシステムエンジニア・プロダクトマネージャなどの職種が技術者であるとされる。一方で、プログラミングできない優れたシステムエンジニアや設計できないプログラマは原理的に存在し得ない。このように、比較的新しい産業であることもあり、コンピュータ産業においては技術者・技能者の差異が明確ではない。特にデータベース・ネットワークにおける管理・運営業務を負うエンジニアは、作業自体は技能者寄りだが、大抵の場合それぞれのシステムの設計・開発を兼ねることが多いため、技術者としての側面が非常に強い。

外国に於ける技術者の称号

大陸ヨーロッパやラテンアメリカの幾つかの国やトルコでは、技術者の称号は工学部の学位を持っている者に限り許され、例え職歴が十分であってもそれ以外の者が使用する事は違法である。イタリアでは、工学部の学位を持っている者以外には、プロフェッショナルな能力試験(Esame di Stato)を通過した者だけがその称号を許される。ポルトガルでは、プロフェッショナルな技術者の称号及び認定される工学学位は、Ordem dos Engenheirosによって認定される。チェコ共和国においては、技術者の称号(lng.)は、化学、工学、または経済学(歴史的事情により)で学士か修士を修めたものに与えられる。
全てのアメリカ合衆国の州、カナダ、そして南アフリカでは、幾つかの技術者の称号の使用を、法によって規制している。特に"Professional Engineer"や、しばしば特殊な派生した工学、例えば土木工学や機械工学に対する称号等を規制している。ほぼ全てのアメリカ合衆国の州は、無許可の者が「技術者」を称する事等を禁じている。IEEEの公式な見解は、工学学位を持ち、十分な技術者としての経験を持った者等が技術者である、としている。

博士号と技術士

学者学術研究者)に授与される学位である「博士 (工学)」(旧「工学博士」)と、技術者の資格である技術士の違いを、土光敏夫は、次の通り説明している。
博士
科学技術の理論面での貢献をした人に与えられる称号
技術士
科学技術の応用面での貢献をした人に与えられる称号

技術者と科学者

技術者は理論的・実験的アプローチにより事前に設定された目標を達成する製品の設計・製作を目指し、科学者は実験などから得た事象を系統的に整理し、理論体系の構築を目指す。
両者に明確な区分はなく、最先端の技術においては技術者にも科学者的側面が必要であり、つまり目標達成のために系統だった理論に基づいて考察を繰り返す必要がある。また科学者にも技術者としての視点が必要で、実験などで事象に関する知見を収集する際に、実験条件を確実に再現するための技術的な知見が必要になる。

技術者・学者・研究者

技術者は、産業界(主に企業)において実用的な技術を担う職務を意味する。実用的な技術とは、目安としておおよそ10年間以内に役立つような技術のことを指すことが多い。一方、研究者と言った場合、実用性以前に実現性の有無すら未知の領域を探求する職務であり、技術者とは棲み分けがなされている。
技術者は主に産業界に属しているが、研究者といった場合は必ずしも属する組織が限定されない。これは産業界で必要とされる研究と学術界で価値のある研究にも差異があるためである。さらに企業における新製品の研究開発と言う場合は、研究者というより高度な技術者が必要とされる傾向が強い。
学者と言った場合、企業ではなく大学などの学術・教育機関に属している研究者を指すことが多い。これは、教育サービスを提供するがどうかも学者・研究者を区別する一つの基準であることを意味する。ゆえに産総研のように公的な学術機関の場合は、学者ではなく研究者と呼称される。私企業の場合、基礎研究に近い事業に関わっている場合のみ、研究者と呼称される(例:日亜化学工業 勤務時の中村修二氏)。ポスドクなどのボーダー職種が増えている。
学者の成果を技術者が汲み取るのは、論文・専門書・講義といった間接的な形であり、直接に組むことは少ない。近年は産学連携の流れを受け、技術者・学者が共同で研究開発する事例が見受けられるが、この場合はお互いの職務に対する無理解から、擦れ違いが生じることも少なくない。
ヨーロッパでは研究者の方が技術者より格上であるという風潮がある。これは、もともと貴族が趣味として自然科学を探求し、先導してきた歴史背景があるためと言われている(実際、応用技術より基礎研究に対する関心が強い)。この背景が存在しないアメリカでも、社会に大きな影響力を持ち指導者的な役割を果たす研究者は存在する。近年では学者(研究者)であると同時に技術的・実働的な作業も兼ねる 現場派 の学者(研究者)も増えてきている。

技術者の職階

企業の一部には、日本国内外を問わず、下記の技術者の職階を有することが多い(組織によって名称や階級は一部変わる)。また旧内務省では、技師・主任技師という職階が存在していた。
  • 所長(または工場長)
  • 技師長(所長級技術者)
  • 副所長(または副工場長)
  • 主幹技師(部長級技術者)
  • 部長
  • 課長
  • 主任技師(課長級技術者)
  • 技師(係長級技術者)

各種の技術者

製造業一般における技術者

製造業における技術者は、職場において横断的に仕事をこなすため、明確な職名が存在しなことが多い。そのため以下は該当資格が存在する職種を列挙するに留める。
  • 電気主任技術者(資格 - 電気工作物全般を扱う技術者)
  • 電気通信主任技術者(資格 - 電気通信ネットワーク全般を扱う技術者)
  • 化学工学技士
  • 薬剤師
  • 建築士
  • 建築設備士
  • 測量士
  • 施工管理技士
  • 総合無線通信士(資格 - 主に船舶で使われる無線を扱う技術者)
  • 情報処理技術者(狭義 - 組み込み系や電子回路設計などは製造業と親和性が高い)

サービス産業における技術者

サービス産業(つまり第三次産業)の定義は曖昧かつ広範に渡る。そこで当項目では、工業・製造業関係のサービス業に従事する職種を列挙した。また、便宜的に広義の情報技術者をここに含める。
  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア
  • フィールドエンジニア
  • ファクトリーエンジニア
  • プロダクトデザイナー
  • CADオペレータ
  • 技術士(資格 - 技術コンサルタント業で必要な場合がある)
  • 建築分野の構造エンジニア
  • コンサルティングエンジニア
  • フィナンシャルエンジニア(金融業における技術者と言える)
  • 下記のレコード・CD制作におけるエンジニア
  • フリーエンジニア(企業に属していない独立したエンジニア。フリーランスエンジニア)

レコードCD 制作における技術者

レコーディングエンジニアを参照。

技術者に関する周辺知識

技術者の初任給の国別差異

アメリカは大卒の新卒技術者(Software design/development)の初任給平均が年俸約5万ドル以上で、日本の約2倍である。これが優秀な人間はアメリカに行くと世界中で言われる理由である。また、ドイツでも技術者(エンジニア)は人気がある。

近年の諸傾向

近年においては言及されることは稀だが、「女性は初経後に理系科目に対する感受性・思考能力が欠落していく」という偏見が信じられていた。現在では、放射能研究で著名なキュリー夫人や新進気鋭の理論宇宙物理学者 リサ・ランドール博士のように、性差説の根拠は否定されている。近年とみに増えた環境系やデザイン系(産業デザイン建築学など)、バイオ系(生化学薬学など)、基礎理学(数学)といった学部・学科は、大学の進学先としては以前から理系女性には人気である。ITバブルの影響やコンピュータ技術者不足の需要部分(求人量の安定)と、プログラマーなどの情報技術者を育成する専門スクールなどの増加(文系からも進出ができる・「ものづくり」という仕事に就く意識)、特にデザイン分野で業務上コンピュータを多用する等、によって、割に人気が高い。
日本の工業が重厚長大な従来の第二次産業から、アイデアやデザインを重視する第三次産業的傾向を帯びるに比例して、社会的イメージの観点から女性が技術職に進出しやすくなりつつある。

脚注

関連項目

  • 工作少年
しばしば技術者の前駆となっている場合がある。
  • ゲストエンジニア
自動車の部品メーカーから自動車メーカーへ出向した技術者。
  • 技術者不足
*
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

技術者不足

技術者不足
技術者不足(ぎじゅつしゃぶそく)またはエンジニア不足(えんじにあぶそく)とは、技術者の数が、産業に必要とされる人数に比べて不足すること。

概要

日本の主要産業たる製造業においては、研究開発生産技術などの技術者が必要とされる。しかし、産業に求められる工学部卒の学生の絶対数が少なく、さらに理科離れによって理工系大学大学院の卒業生の学力低下が起こり、企業が入社後に再教育を行わなければならないという状況が生まれている。研究者・技術者は今後25年で100万人以上不足するとの試算もある。

不足している専攻

工学部の専攻においてもっとも学生が不足している分野は機械工学電気工学電子工学である。これらの分野は、電機自動車機械メーカーの研究開発だけではなく、化学素材食品メーカーの生産技術などにも役立つ分野であるため、優秀な学生の奪い合いになっている。 この専攻の学生は機電系という採用の際の用語ともなっている。
また急速なインフラIT化と組み込みソフトウェアなどの普及により、これらに携わる情報工学を専攻する学生も不足傾向にある。

不足している技術分野

不足が指摘されている技術分野は多岐にわたるため、一部をここに列挙する。

関連項目

  • 理科離れ
  • ゆとり教育
  • IT業界離れ
  • 医師不足

脚注

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約  1  件