ウェブ 画像 動画 ショッピング 地図 辞書 Twitter E STARTトップへ

Wikipediaの検索結果

手賀沼

手賀沼
手賀沼(てがぬま)は、千葉県北部、我孫子市柏市印西市白井市にまたがる湖沼湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。

地理

手賀沼は、もともと「つ」の形をした大きなであったが、現在では干拓事業によって約8割の水域が消滅し、北と南に分離された形になっている。この二つの水域は手賀川を介してつながっている。
沼の北から東にかけては我孫子市街地をはさんで利根川が流れ、小貝川の合流点も近い。また、JR常磐線成田線が北側の沿岸近くを走っている。南には千葉ニュータウンもある。
流域面積は148.85km²、流域内の人口は約48万人。

利用

手賀沼の水は農業用水として利用されているが、このほかに内水面漁業も行われ、コイフナモツゴなどが漁獲されている(2003年の漁獲量は218t)。
また、県立自然公園(印旛手賀自然公園)にも指定されており、柏・北柏ふるさと公園、手賀沼公園、水の館、手賀沼親水公園、鳥の博物館、手賀沼遊歩道、手賀沼ビオトープ、五本松公園、手賀沼フィッシングセンター、手賀の丘公園、蓮の群生地などの公園施設などがある。
毎年8月には大規模な花火大会が、10月にはマラソン大会が開催され、大いに賑わいを見せている。

歴史

洪積台地にできた侵食谷が溺れ谷となり、さらに利根川の土砂などによってせき止められてできた沼である。中世末までは香取海(かとりのうみ)の入り江で手下浦てかのうら)と呼ばれていた。
近世初頭以来、沿岸の地は町人請負新田として開発された。1727年享保12年)江戸幕府(八代将軍徳川吉宗)は勘定吟味役井沢弥惣兵衛為永の建議で沼全体の干拓を計画し、江戸町人高田茂右衛門友清に工事を着手させたが、その後工事計画を変更、沼を上・下に分け、中央に千間堤(浅間堤)を築き、下部のみを干拓した。これにより、約200町歩の新田が拓かれたが、上部沿岸の村々は排水不良となり、毎年のように洪水の被害を受けた。1738年元文3年)千間堤は決壊し、新田は水没。その後、老中田沼意次水野忠邦の時にも干拓の努力は続けられたが、洪水と老中失脚とにより成功しなかった。
当時の手賀沼はカモなどの水鳥やコイウナギなどの魚介類に恵まれ、特に水鳥とウナギは江戸の人々に美味として珍重されていた。現在でも我孫子市内には江戸時代から続くウナギ屋や、コイやフナ料理の店が多い。
  • ただし2003年の全国的なコイヘルペス感染で養殖コイの大量廃棄が行われて以来、現在(2008年)に至るまでコイの養殖は再開されておらず、コイ・フナ料理店でもコイ料理はメニューから消えたままとなっている。
水鳥猟は張切網によって行われ、手賀沼鳥猟組合が水鳥の減少によって解散する1942年まで続いた。
大正時代、湖畔には志賀直哉武者小路実篤らの別荘もあり、手賀沼は文人ゆかりの地であった。
第二次世界大戦後の1946年昭和21年)農水省の直轄事業として大規模な干拓事業が着手され、1968年(昭和43年)に完成、約500ヘクタールの水田が造成され、沼の面積は著しく減少している。

水質

手賀沼は1955年(昭和30年)頃まではうなぎなどの漁獲がある清澄な沼であったが、周辺の都市化に伴い、手賀沼に注ぐ大堀川、大津川に生活排水や産業排水が流された結果、沼の水質汚濁は全国有数となった。
化学的酸素要求量 (COD) の年平均で見ると1974年から2001年までの27年間連続で全国の湖沼でワースト1に甘んじていたが、各種の水質対策や、北千葉導水路の完成もあって、1990年代までのような猛烈な汚濁レベル(COD年平均20mg/l台)からは改善している。現在ではワースト5以内にも入っておらず、2006年にはトライアスロンが開催された。
しかし、2004年のCOD年平均は8.9mg/lであり、環境省の定める環境基準(手賀沼の場合、5mg/l以下)から見ても依然として高水準であることにはかわりはない。また、北千葉導水路によるとされる改善も、利根川からの導水によって水を希釈・押し流しているに過ぎないため、水質汚濁が根本的に解決されたわけではないことに注意する必要がある。流入河川での対策では、例えば大堀川で礫間浄化施設による浄化などが行われている。また、底泥巻き上げ・溶出による内部負荷が大きいことも、水質浄化が足踏みしている原因の1つである。

COD値の動き

環境省の公共用水域水質測定結果および千葉県環境生活部水質保全課のデータによる、近年のCOD値を並べる。
  • COD値は年平均値であり、3桁目は四捨五入している。
  • 手賀沼は「湖沼B」に分類されるため、CODの環境基準値は5mg/L以下である。
  • 1979年(昭和54年)には年平均28mg/Lを記録している。

  • 手賀大橋–手賀沼の中央付近にかかる橋。県道8号線。
  • 手賀曙橋–手賀沼と手賀川の間にかかる橋。

関連項目

  • 印旛沼
  • 日本の湖沼一覧
  • 山階鳥類研究所
  • 大堀川
  • 大津川
  • 手賀川

脚注

外部リンク

てかぬま てかぬま てかぬま てかぬま てかぬま てかぬま てかぬま てかぬま
----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

手賀沼終末処理場

手賀沼終末処理場
手賀沼終末処理場(てがぬましゅうまつしょりじょう)は、千葉県我孫子市相島新田85-5にある下水処理場。手賀沼下水道事務所によって管理されている。1981年に稼動を始め、以来手賀沼流域7市6,100ha、人口約50万人の汚水を処理、北千葉導水路を通して利根川に放流している。

概要


歴史

手賀沼は1950年代頃までは、透明度のとても高い沼であった。だが、1960年代に入ると、高度経済成長の影響もあり、周辺域が急速に宅地化した。その著しい進行に対して、下水道整備は全く追いつかず、住宅からの汚水は直接手賀沼に流入することとなり、沼の水質は急速に悪化、日本一汚染された沼となってしまった。そこで行政は、手賀沼流域全体の調和ある発展と公衆衛生の向上や水質保全を図るため、沼流域の下水道事業に着手、1972年に事業が認可・着工され、1981年に、完成・稼動した。これにより沼流域の下水を一手に処理することが可能になり、テ賀沼の水質改善にも寄与している。

施設

アクセス方法

鉄道

JR東日本 成田線 布佐駅より徒歩15分

脚注

外部リンク

----------------------------------------------
出典:「フリー百科辞典ウィキペディア」(2009-01-01)
Text is available under GNU Free Documentation License.
ご利用上の注意

検索結果   0~10 件目/約   件